ヘッドハンティング会社おすすめランキング7選【24年最新】

ヘッドハンティング会社って、いっぱいあるからどれがいいのか分からない
自分に合っているヘッドハンティング会社ってどこなんだろう?

結論、ヘッドハンティング会社はあなたの希望する転職条件により異なります。

例えば、以下の表のように、自分のスキルや実績を評価してくれる企業を探したいなら「レイノス」がおすすめ。

また、経営戦略の担当者や高度な技術職など、経営トップ層への転職なら「プロフェッショナルバンク」がぴったりです。

スカウト型転職サービスの「ビズリーチ」も併用しておけば、さらに選択肢が広げられるでしょう。

本記事では、これまでの経験をいかしてハイレベルな転職をしたい人にむけて、おすすめのヘッドハンティング会社を紹介します。

記事を参考に転職活動を進めれば、やりがいのある仕事が見つかり、高いポジションと収入が両立できますよ!

転職活動における希望おすすめの会社
必要としてくれる企業で活躍したいレイノス
経営トップ層に転職したいプロフェッショナルバンク
ハイクラス転職をしたいビズリーチ
ヘッドハンティング会社3選

A 結論、まずはご自身の転職活動の軸を決めましょう。

例えば、「外資系に行きたい」「エンジニアとして活躍したい」など、職種からヘッドハンティング会社を決めるのもひとつの手です。

よくある転職の軸
  • 年収
  • 勤務地
  • 身につくスキル
  • 労働条件・ポジション
  • 業種(日系or外資系など)

また、「年収を上げたい」「ハイクラス転職をしたい」など、年収アップを軸にすることもヘッドハンティング会社を選ぶ判断基準です。

例えば年収アップなら年収1,000万円以上の求人を保有している「ビズリーチ」のようなヘッドハンティング会社に登録するのがおすすめです。

>> (無料)ビズリーチに登録する

A 結論、ひとつのヘッドハンティング会社だけに焦点を絞らないことです。

ヘッドハンティング会社によって得意としている業種や職種が異なります。

ひとつのヘッドハンティング会社に絞った場合、スカウトが来る求人が偏ってしまうかもしれません。

ヘッドハンティング会社を選ぶ際は、複数の会社を検討して併用することをおすすめします。

例えば「レイノス」と「プロフェッショナルバンク」がおすすめです。

エージェントとの違いから見るヘッドハンティング会社の仕組み

ヘッドハンティングの仕組み

ヘッドハンティングとは、一言でいうと外部の優秀な人材を、スカウトし自社に引き入れることです。

企業が求めるスキル・経験を持った人材を探す時に取る採用手法を指します。

「幹部クラスの人材」や「業界特化の高いスキルを持った人材」を対象としたヘッドハンティングが主流です。

企業から直接スカウトを送る場合もありますが、ヘッドハンティング会社に人材発掘を依頼することも多くなっています。

企業が求める人材を探すという意味では、転職エージェントも似たサービスです。

ヘッドハンティングと転職エージェントの比較表

転職エージェントは、転職希望者それぞれに専属アドバイザーが付き、内定まで二人三脚でサポートしてくれます。

転職活動が初めての人・スピーディに転職したい人に向いています。

一方ヘッドハンティングは、登録後スカウトを待ち、気になったスカウトに返信・応募していくスタイルです。

現職で忙しい人でも利用しやすく、じっくり自分のペースで転職活動を進められます。

ヘッドハンティング会社を利用すべき人の特徴3選

ヘッドハンティング会社の利用がおすすめなのは、以下のような人たちです。

ヘッドハンティング会社を利用すべき人
  • いまの仕事が忙しい人
  • 年収アップ・キャリアアップを狙う人
  • スキル・経歴に自信がある人

1つでも当てはまったら、ヘッドハンティング会社を利用してみましょう。

「本当に?」「なぜそう言えるの?」と感じた方は、以下にあげるヘッドハンティング会社の解説をご覧ください。

おすすめのヘッドハンティング会社ランキング7選【一覧で紹介】

ヘッドハンティング会社は数多く存在しており、どれを使えば良いか分からない人もいるのではないでしょうか。

ここでは、求人の質・利用者の評判を元に、ヘッドハンティング会社をランキング形式で紹介します。

サービス名レイノスプロフェッショナルバンクビズリーチリクルートダイレクトスカウト JACリクルートメントエンワールドジャパンdoda
ロゴビズリーチ
総合点9.5/109.5/109.0/108.5/108.0/107.0/105.5/10
求人の質9/109/1010/109/108/107/105/10
評判点9.5/109.5/109/108/108/106/106/10
おすすめの人経営者直轄のポジションを目指す方長く活躍できる転職先を探したい方
キャリアアップを目指す方
・高収入を狙う方
・自分の可能性を広げたい方
・外資系志望の方
・キャリアアップを目指す方
・高収入を狙う方
・外資系企業で働きたい方
・診断で強みを見つけたい方
・豊富な機能を活用したい方
詳細詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る
おすすめのヘッドハンティング会社ランキング

レイノス

レイノス
基本情報レイノス
運営会社レイノス株式会社
公開求人数非公開
対応地域全国

レイノスはいわゆる転職エージェントではなく、完全にスカウトだけを行うヘッドハンティング会社です。

登録すれば、あなたの経歴やスキルに応じて声がかかります。

ヘッドハンターは企業の経営陣から直接依頼を受けてスカウトするため、選考では経営者と面談することがほとんど。

そのため相互のマッチングがしやすく、キャリアアップにもつながりやすい特徴があります。

実績も十分で、年間2,000人以上のマッチングを実現しています。

得意ジャンルも幅広く、建設・不動産から金融系まで多くの求人を取り揃えています。

ハイキャリアの求人なので公開はされていませんが、良い評判も多いので利用してみてはいかがでしょうか。

評判については、以下の記事で詳しく解説しています。

レイノスをおすすめする方
  • ヘッドハンティングを希望する方
  • 自分の経歴やスキルに自信がある方

>> レイノスに登録する

プロフェッショナルバンク

プロフェッショナルバンク
基本情報プロフェッショナルバンク
運営会社株式会社プロフェッショナルバンク
公開求人数非公開
対応地域全国

プロフェッショナルバンクは、30代を中心にマッチングを重視して、サーチ型スカウトを行っているヘッドハンティング会社です。

入社後の定着率が99%と非常に高く、長期的に働ける会社を探したい人におすすめ。

紹介されるポジションのほとんどは経営者層レベルで、年収も1,000前後のものがほとんどです。

ただし求人はハイクラス特化であるため公開されていません。

以下におもな紹介先をあげますので、参考にしてください。

プロフェッショナルバンクで紹介実績のある企業-
  • 三井不動産
  • DeNA
  • リッジラインズ株式会社
  • デロイト トーマツ グループ
  • 株式会社 ドリームインキュベータ

転職した方の約80%が年収アップに成功している実績もあるため、収入にこだわりたい方にもぴったりです。

プロフェッショナルバンクをおすすめする方
  • マッチングを重視する方
  • 年収アップを実現したい方

>> プロフェッショナルバンクに登録する

ビズリーチ

ビズリーチ(BizReach)
ビズリーチ
基本情報ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
求人数251,035件
対応地域全国・海外
データは2024年3月30日時点

ビズリーチは、ハイクラス向けの求人が豊富なスカウト型転職エージェントです。

ヘッドハンティングに特化していませんが「レイノス」や「プロフェッショナルバンク」のような転職サイトの機能をもたないサービスと併用すれば、選択肢をグッと広げられますよ。

ビズリーチでは、利用者からのアンケートをもとに、ヘッドハンターをD〜Sの5段階にランク付けしています。

どのヘッドハンターが良いか迷ったら、よりスコアの高いヘッドハンターに優先的に返信するのがおすすめです。

ビズリーチがおすすめな人

ビズリーチ(BizReach)がおすすめな人

ビズリーチの特徴はなんと言っても、高収入の求人案件が豊富なこと。

求人の3分の1が年収1,000万円超えです。

以上のことからビズリーチへの登録をおすすめできるのは、以下の方々です。

ビズリーチをおすすめする方
  • 年収アップを目指す方
  • キャリアアップを目指す方

>> ビズリーチに登録する

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)
リクルートダイレクトスカウト
基本情報リクルートダイレクトスカウト
運営会社株式会社リクルート
求人数非公開
対応地域全国
データは2024年3月30日時点

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートが運営するハイクラス向けヘッドハンティングサービスです。

会員登録後に、経歴や資格の情報をまとめたレジュメを作成し、スカウトを待つ仕組みです。

レジュメを見て、あなたに興味を持ったヘッドハンターや企業からスカウトが来ます。

転職にはもちろん、スカウトが来る企業のレベルから自分の市場価値の確認にも役立ちます。

リクルートダイレクトスカウトがおすすめな人

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)がおすすめな人

リクルートダイレクトスカウトは、ヘッドハンティング会社では珍しく技術職の求人も多数あります。

キャリアアップを目指すエンジニアや開発職の方には、ぜひ登録してほしいヘッドハンティング会社です。

以上のことからリクルートダイレクトスカウトへの登録をおすすめできるのは、以下の方々です。

リクルートダイレクトスカウトをおすすめする方
  • 高収入を狙う方
  • 自分の可能性を広げたい方

>> リクルートダイレクトスカウトに登録する

JACリクルートメント

 JACリクルートメント(JAC Recruitment)
JACリクルートメント
基本情報JACリクルートメント
運営会社株式会社ジェイエイシーリクルートメント
公開求人数12,268件
対応地域全国
データは2024年3月30日時点

JACリクルートメントは30~50代のハイクラス転職におすすめのヘッドハンティング会社です。

これまで約43万人の転職を支援して来た実績があります。

無料で新規登録することで、スカウトを受けられます。

JACリクルートメントの特徴は、複数のコンサルタントが求人を紹介してくれることです。

複数のコンサルタントが担当することで、求人紹介の漏れや偏りを防げます。

JACリクルートメントがおすすめな人

JACリクルートメント(JAC Recruitment)がおすすめな人
JACリクルートメント

JACリクルートメントは自分のスキルを活かせる求人が多く、総じて求人の質が高いと言えます。

また、ハイクラス転職の中でも金融・外資系の企業に強いのが特徴です。

以上のことからJACリクルートメントへの登録をおすすめできるのは、以下の方々です。

JACリクルートメントをおすすめする方
  • 外資系志望の方
  • キャリアアップを目指す方

>> JACリクルートメントに登録する

エン(en)ワールドジャパン

エンワールドジャパン
基本情報エン(en)ワールドジャパン
運営会社エン・ジャパン株式会社
公開求人数非公開
対応地域全国
データは2024年3月30日時点

エンワールドジャパンは、多国籍企業の求人を中心に扱い、グローバル人材の転職支援に強いヘッドハンティング会社です。

管理職、経営幹部、スペシャリスト職といった経験を活かせる求人が充実しています。

入社時点をゴールとせず、入社後も活躍できるような、長期的な視点での求人提案が強みです。f

一人ひとりに寄り添い、キャリア戦略の構築を手伝ってくれます。

エン(en)ワールドジャパンがおすすめな人

エン(en)ワールドジャパンがおすすめな人
エンワールドジャパン

各業種・職種に特化したキャリアコンサルタントが在籍しているため、専門性の高い支援を受けられます。

以上のことからエンワールドへの登録をおすすめできるのは、以下の方々です。

エンワールドジャパンをおすすめする方
  • 高収入を狙う方
  • 外資系企業で働きたい方

>> エンワールドジャパンに登録する

doda(デューダ)

doda(デューダ)
doda(デューダ)
基本情報doda(デューダ)
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数 240,874件
対応地域全国
データは2024年3月30日時点

doda(デューダ)は転職サイトや転職エージェントとして以外に、スカウトサービスも利用可能です。

国内最大級の求人数を誇る転職サイトということもあり、幅広いスカウトを受けられます。

また、匿名で利用できる上にブロック機能を利用すれば、特定の企業に対して自分の情報を完全に非公開にできます。

doda(デューダ)がおすすめな人

doda(デューダ)がおすすめな人
doda(デューダ)

dodaはハイクラス向けというより、20代・若手層向けの求人が豊富のため、第二新卒や未経験からの異業種転職にも向いています。

以上のことからdodaへの登録をおすすめできるのは、以下の方々です。

dodaをおすすめする方
  • 豊富な機能を活用したい方
  • 診断で自分の強みを見つけたい方

>> dodaに登録する

ヘッドハンティング会社のメリット・デメリット

ここまで、おすすめのヘッドハンティング会社を紹介してきました。

しかし、本当にヘッドハンティング会社を使うべきかどうか、迷っている人もいるのではないでしょうか。

実際のヘッドハンティング会社のメリット・デメリットをまとめました。

登録するか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

ヘッドハンティング会社の3つのメリット

調査の結果、主に以下の3つがヘッドハンティング会社を使うメリットだと分かりました。

条件の良い求人が多い

ヘッドハンティング会社を利用する最大のメリットは、大幅に収入が上がる可能性があることです。

口コミや評価を調査した結果「ヘッドハンティングで年収が倍になった」などの意見が多数見られました。

転職サイト経由での転職は、年収が下がることもしばしば。収入アップ・キャリアアップを目指す転職ならば、ヘッドハンティング会社の利用がおすすめです。

なかでも「レイノス」がおすすめです。

以下の例では、33歳で年収が900万円から3,000万円にアップしています。

ヘッドハンティング会社 おすすめ レイノス
レイノス

レイノスは企業の依頼を受けてから直接スカウトを行うので、好条件を提示してもらいやすいメリットがあります。

収入にこだわりたい方は、利用を検討してみましょう。

>> (無料)レイノスに登録する

求人探しの手間が省ける

2つ目のメリットは、求人探しの手間が省けることです。

ヘッドハンティング会社は、登録して必要な情報を入力すれば、あとはスカウトを待つだけで良いので効率的です。

現職で忙しい人も、まずは登録してスカウトを待ってみましょう。

自分の市場価値を確認できる

ヘッドハンティング会社を利用することで、客観的に自分の市場価値を確認できるという声がありました。

自分の経歴・スキルを元にスカウトが届くので、どんな企業から求められているかが分かります。

思わぬ企業からのオファーが来て、可能性が広がったり、新しいキャリアを踏み出せたりすることもあります。

市場価値の確認と言う意味でも、利用価値の高いサービスなのです。

ヘッドハンティング会社の2つのデメリット

口コミ・評判調査の結果から分かったヘッドハンティング会社のデメリットは、以下の通りです。

怪しい会社が存在する

ヘッドハンティング会社のデメリットとして詐欺まがいの怪しい会社があるということが挙げられます。

口コミを調べた結果「自分の情報がどこから漏れたのか不安」などの声もありました。

スカウトのメールや電話が来たら、本当に信用できる会社なのか調べましょう。

なお本記事で紹介している「レイノス」であれば、年間2,000名以上のスカウト実績があり信頼できます。

もしそれでも不安な場合は、自分で求人を探してエントリーをする転職サイトの利用を検討してみてください。

詳しくは以下の記事で紹介していますので、参考にしてみましょう。

>> レイノスに登録する

短期間での転職には向かない

ヘッドハンティング会社のデメリットとして、短期間での転職には向かないことも挙げられます。

スカウトでの転職は、自分が納得のいく求人のオファーが来るまで、気長に待つ必要があります。

サービス名リクルートエージェントマイナビエージェント
ロゴ
おすすめ
ポイント
業界最大級の
求人数
懇切丁寧な
サポート
登録ボタン申し込む申し込む
詳細ボタン詳しく見る詳しく見る
詳細ボタンをクリックすることで当サイトの評判記事を確認できます。

待つだけなので求人探しに手間はかからないものの、スピーディに転職したい人は、転職エージェントの利用がおすすめです。

ヘッドハンティング会社経由での転職の流れ

ヘッドハンティング会社経由での転職の流れ

ヘッドハンティング会社を利用した際の転職活動の流れを確認しましょう。

おおまかな流れは、上の図のようになります。

それぞれ段階ごとに、ポイントと共に説明しますので、チェックしておきましょう。

STEP1
サービスに登録

まずは、ヘッドハンティング会社に登録します。

利用前の段階では絞り込みすぎず、気になったサービスに複数登録してみるのがおすすめです。

登録後、すぐに職務経歴情報を入力し、スカウトを待ちます。

企業・ヘッドハンターは、職務経歴書を見てスカウトするので、しっかり入力しましょう。

STEP2
スカウトが届く

職務経歴情報の入力が済むと、スカウトが届きます。

募集ポジションが埋まってしまうこともあるので、気になるスカウトには早めに返信したいところ。

こまめにログインして、スカウトの確認をしておきましょう。

STEP3
面談を行う

ヘッドハンターに仕事の紹介を依頼する場合は、ヘッドハンターとの面談をします。

これまでの経歴や希望条件を伝え、求人を提案してもらいます。

ヘッドハンターによっては、書類添削・面接対策といったサポートを受けられることもあります。

優先度高くサポートしてもらうためにも、本音で相談し、信頼関係を築いておきましょう。

STEP4
企業に応募

挑戦したい企業が見つかったら、いよいよ応募していきます。

いくつか並行して応募する場合には、日程調整・進捗管理を徹底しましょう。

STEP5
選考

応募したら、選考に進みます。

面接で自分の強みをアピールできるよう、事前準備を徹底するのが大切です。

企業についてよく調査しておくのはもちろん、自分のキャリアも整理して挑みましょう。

STEP6
内定を獲得

内定通知が届いたら、転職活動もゴールが近づいてきます。

承諾前に記載されている条件を、入念に確認しておきましょう。

ヘッドハンター経由ならば、条件・年収の交渉を代行してくれる場合もあります。

最後までフル活用して、納得のいく転職にしましょう。

ヘッドハンティング会社を使いこなす3つのコツ!

ヘッドハンティング会社を利用した転職活動は、自分主体で進めていきます。

闇雲に登録してスカウトを待つのではなく、いくつかのコツを意識して、納得のいく転職を目指しましょう。

職務経歴書を丁寧に作成する

いくつかのサービスに登録しようとすると、情報入力も面倒に感じてしまうかもしれません。

しかし、よりスカウトを受け取りやすくするために、職務経歴書の作成は念入りに行いましょう。

サービスごと若干内容は異なりますが、職務情報・スキル情報などを自分で記述する欄が設けられている場合が多くあります。

あなたの経験してきた業務・培ってきたスキルを整理し、余すことなく書き記すようにしましょう。

たとえば「レイノス」では、記入した職務経歴に応じたスカウトが届きます。

その多くは企業の重要ポストへの転職なので、キャリアアップにつながりるでしょう。

なお自己分析が苦手な方は、無料で自己分析できる「ミイダス」がおすすめです。

あなたの強みが可視化されるので、方向性に迷わなくなりますよ。

なお自己分析ツールを比較してから利用したいと考える人は、以下の記事をご覧ください。

2〜5社のサービスを併用する

複数のヘッドハンティング会社を併用するのがポイントです。

サービスごとに強みや保有している求人が異なるため、複数利用することでより選択肢が広がります。

1社だけの利用だと、「希望に合うスカウトがなかなか届かない…」ということも起こりえます。

まずは、2~3社登録してみて、利用しながら厳選していくのがおすすめです。

どこが良いか迷う方は「レイノス」と「プロフェッショナルバンク」がおすすめです。

スカウトをシビアに見極める

スカウトをシビアに見極めましょう。

多く届くスカウト全てに返信したり、全ての企業を調べたりしようとすると、かなりの時間がかかってしまいます。

他で時間を取られ、本命企業の選考対策がおろそかになっては本末転倒です。

事前に、転職先に求める条件を整理して、優先順位をつけておきましょう。

そのうえでスカウトを比較し、より希望に合う求人に優先的に対応していくのがおすすめですよ。

ヘッドハンター歴3年以上の元レイノス社員に直撃インタビュー

ヘッドハンターの裏側が知りたい、読者の声にお応えして、元レイノス社員にインタビューを実施いたしました。

インタビュアー
武藤
インタビュアー 武藤

急に連絡が来ると聞きますが、ヘッドハンティングとはなんでしょうか。

宮田さん 
(仮名)
宮田さん  (仮名)

ヘッドハンティングとは、企業による優秀な人材の引き抜きです。前提としてヘッドハンティングされる事自体は、非常に幸運なこと(世の中から価値を認められた証拠)と捉えてもらって間違いないです。ヘッドハンティング会社は、事業成長に必要な人材の確保を代行している会社です。

インタビュアー
武藤
インタビュアー 武藤

ヘッドハンティングは胡散臭い、怪しいといったイメージがあるのは何故でしょうか。

宮田さん
(仮名)
宮田さん (仮名)

理由は2つあります。1つ目は、ヘッドハンティングという言葉が世の中に浸透していないためです。2つ目は、求人を紹介する際に「転職先の会社名」を伝えられないためです。年収や業務内容は伝えられるのですが、最初に会社名は教えられないです。なぜなら、競合他社の優秀な人材を引き抜く際に、転職先の社名がバレてしまうと、現職の会社から直接クレームが来るためです。訴訟問題にも繋がりかねないため、転職先の社名は伏せているのです。面談の際に「転職先の会社名は伝えられない理由」を説明しているのですが、理解されないケースが多いですね。

インタビュアー
武藤
インタビュアー 武藤

とにかくノルマ達成のために、手当たり次第にヘッドハントしているのでしょうか。

宮田さん
(仮名)
宮田さん (仮名)

手当たり次第にヘッドハントしておらず、むしろ転職後にコミットできそうな人しかピックアップしないです。なぜなら、活躍できない人を転職させるほうがヘッドハンティング会社にとってマイナスだからです。また、ヘッドハントする年齢層は最低でも35歳以上がほとんどで、事業責任者など需要なポストで、すでに何らかの実績を出している人材がターゲットです。

インタビュアー
武藤
インタビュアー 武藤

ヘッドハンティングはスマホに直接連絡が来るイメージですが実際のところどうですか。

宮田さん
(仮名)
宮田さん (仮名)

主な手法は、会社に直接電話をかけて本人を繋いでもらっていました。本人が出たら「実はヘッドハンティング会社です」といって話を続けます。

インタビュアー
武藤
インタビュアー 武藤

連絡が来た人の中には「個人情報はどこから取得しているのか」と不安に感じる人が多い印象です。

宮田さん 
(仮名)
宮田さん  (仮名)

情報源は、求人を出す側の社長さんなどのタレコミがほとんどです。本人の名前と、所属している会社の電話番号以外何も知らない状況からアポ取りしたこともあります。

インタビュアー
武藤
インタビュアー 武藤

ヘッドハンターは、どのように転職を促すのでしょうか。

宮田さん
(仮名)
宮田さん (仮名)

ヘッドハンターは、断る理由がない状況まで持っていくように、事前に理論を詰めて準備しています。

インタビュアー
武藤
インタビュアー 武藤

ヘッドハンターの巧みな話術をかわす方法はありますか。

宮田さん
(仮名)
宮田さん (仮名)

ヘッドハンターを「いなす」のは無理です(笑)転職以外の選択肢が無いように、話を詰めていきます。
とはいえ「いなす」なら、「自分のキャリアプランを語る(ヘッドハンターが納得する解像度)」か「今の会社で骨を埋める」と言い切ること。「この人を転職させるのは厳しいな」と思わせたら勝ちです。

インタビュアー
武藤
インタビュアー 武藤

電話やオンラインMTGだけで転職を決められる人は少ないと思いますが、転職の決定打はどのようなものでしょうか。

宮田さん
(仮名)
宮田さん (仮名)

最終的な意思決定を促すために、転職先の社長と食事会を開いたりしていました。お酒の席でポロッと「転職します」と言ってもらえるケースがあります。

インタビュアー
武藤
インタビュアー 武藤

ヘッドハンティングによる転職で失敗するケースはありましたか。

宮田さん
(仮名)
宮田さん (仮名)

転職に失敗する主な理由は、当初提示した労働条件と異なる条件で働かされるケースです。コレばっかりは、ヘッドハンティング会社でコントロールできないため、申し訳ないと感じます。一方で、労働条件通りに主体的に働く環境がある場合は、一定の成果を出して活躍している話を聞きました。

インタビュアー
武藤
インタビュアー 武藤

エース級の人を引き抜く場合は、現職の引き止めを振り切るのは大変だと思います。スムーズな退職をサポートしてくれますか。

宮田さん
(仮名)
宮田さん (仮名)

退職を伝えるタイミングや、退職で伝えること伝えてはいけないことなど、スムーズに退職できるようなサポートをしておりました。

インタビュアー
武藤
インタビュアー 武藤

現在ヘッドハンティングを受けている人に向けて、ヘッドハンティングの有効な利用方法を教えて下さい。

宮田さん
(仮名)
宮田さん (仮名)

ヘッドハンターのうまい使い方として、自分のキャリアを客観的な視点と主観的な視点の両方でみるために使うのが、今後のキャリアアップにとって最適だと思います。

インタビュアー
武藤
インタビュアー 武藤

インタビューありがとうございました!

もしも、あなたが現在ヘッドハンターとやりとりしているなら、市場価値が認められた証拠です。

現職よりも好条件の仕事を提案された場合は、あなたのキャリアプランと照らし合わせて、冷静に判断するようにしましょう。

まとめ│ヘッドハンティング会社はエグゼクティブ層の転職におすすめ

ヘッドハンティング会社は、スカウト型転職サービスよりもピンポイントで求人を紹介してもらえるサービスです。

特徴を再確認したい方は「エージェントとの違いから見るヘッドハンティング会社の仕組み」をチェックしてください。

あなたの持つスキルや経歴がいかせるポジションを提案してもらえるので、収入や役職も高いケースも多くあります。

今すぐ転職を考える人だけでなく、迷っている人もヘッドハンティング会社に登録しておけば、チャンスを逃さずに済みますよ。

今ならランキング1位・2位の「レイノス」と「プロフェッショナルバンク」がおすすめです。

良い求人はあっという間にとられてしまうので、このページを閉じる前にアクションを起こしましょう。

>> レイノスに登録する

ヘッドハンティング会社おすすめに関するQ&A

ヘッドハンティング会社のデメリットはありますか?

「短期間で転職をしたい場合、必ずしも可能なわけではない点」です。

スキルや希望によっては、すぐに条件に合った求人を紹介してくれるとは限りません。

また、選考内容によっては時間がかかる場合もあります。

将来のキャリアプランのためにも、焦らずじっくりと転職活動を進めていきましょう。

ビズリーチ」のようにスカウト型転職サービスに登録しておき、じっくり求人を探すのも一つの手です。

ヘッドハンティング会社はどんな人に向いているサービスですか?

「現在のスキルに自信があり、もっとスキルアップやキャリアアップを目指したい人」です。

場合によっては、求人の応募条件に達しておらず、希望通りの求人にエントリーできないこともあります。

そのかわり、好条件で転職可能なのです。

理想とする働き方や希望が細かい人は、改めてご自身のスキルを振り返りアピールポイントをまとめてみましょう。

自己分析が面倒な方や、もっと長期で考えておきたい方はキャリア相談サービスも使ってみてはいかがでしょうか。

一般社団法人キャリア協会

法人番号:1013305003442
運営協力:ユニークキャリア株式会社

© 2023 一般社団法人キャリア協会