適職診断おすすめ7選!登録なし・無料でよく当たるアプリもあり

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-314534)であるユニークキャリア株式会社が制作しています。

適職診断はどれがおすすめ?
自分に向いている仕事が分からないので客観的な意見を知りたい。
後悔しない転職先を見つけたい!

この記事に辿り着いたあなたは、自分に向いている仕事を知るために、適職診断を受けたいと思っているのではないでしょうか。

結論、適職診断を受けるなら「ミイダス」がおすすめです。

ミイダスのコンピテンシー診断は、所要時間35分と長めであるものの、利用者から「よく当たる」という口コミが多くみられました。

本記事ではおすすめの適職診断の選び方や具体的なサービスを紹介しています。

記事を最後まで読めば、自分に合った適職診断が見つかり、転職先探しの参考にできるはずです。

>> おすすめの適職診断を今すぐ見る

A 無料でよく当たると評判の適職診断ならミイダスの「コンピテンシー診断」がおすすめです。

設問数202問(所要時間35分)とボリュームのある適職診断ですが、SNSに前向きな口コミが多く、自分に合った仕事探しに役立つはずです。

>> (無料)ミイダスに登録する

A 適職診断で自己分析を深め、自分の性格や向いている仕事の特徴を把握しましょう。

また、周りの人に自分の性格について聞いてみたり、今の仕事の「嫌ではない業務」を洗い出したりするのもおすすめです。

自己分析を深めるなら、キャリアインデックスの「適性・適職診断」がおすすめです。

>> (無料)キャリアインデックスの適性・適職診断を受ける

適職診断の選び方3選

適職診断を選ぶ時は、以下3つのポイントを押さえておきましょう。

本章を参考に、自分に合った適職診断を選んで受けてみてください。

良い評判・口コミが多いか

良い評判・口コミが多い適職診断は信頼性が高く、参考になる結果を得られるでしょう。

SNSや評判サイトで気になる適職診断を検索し、実際に利用した人のリアルな感想をチェックしてみてください。

ただ、サービスには相性があるため、口コミは参考程度に留めておくのがポイントです。

気になる適職診断がある場合は、悪い口コミがあったとしても一旦自分で試してみてから判断することをおすすめします。

良い評判・口コミのサービスにこだわるならミイダスの「コンピテンシー診断」がおすすめです。

SNSなどに「当たる」という声が多く、信頼性が高い適職診断といえます。

>> (無料)ミイダスに登録する

無料・登録不要で利用できるか

年会費や登録手続きが必要なサービスは、診断前のハードルが高くなり、面倒だと感じてしまうかもしれません。

無料・登録不要のものなら、通勤や休憩中など合間の時間を使って、簡単に適職診断を受けられるはずです。

また、LINEやGoogleなどのアカウントと連携できるサービスであれば、登録が必要でも比較的スムーズに利用できます。

なるべく無料で手軽に診断を受けられるサービスを探してみてください。

無料かつ登録不要の適職診断なら、「求人ボックス」や「キャリアインデックス」がおすすめです。

いずれも性格から向いている仕事まで網羅できるので、気軽に受けたい人はチェックしてみましょう。

診断後すぐに求人を見られるか

転職サービスと提携している適職診断は、結果に基づくおすすめの求人が見られることもあります。

診断結果とともに具体的な求人が確認できる適職診断は、改めて検索する手間が省けるのがメリットです。

実際に出ている求人なので、自分の市場価値が分かり、具体的なイメージが湧くでしょう。

診断結果からスムーズに求人を探すなら、ミイダスの「コンピテンシー診断」がおすすめ。

具体的な求人を閲覧できるだけでなく、企業からスカウトを受け取ったり、メッセージのやりとりができたりするのもメリットです。

適職診断の結果を転職活動に活かしたい人はぜひ登録してみてください。

>> (無料)ミイダスに登録する

おすすめの適職診断サービス7選

数ある適職診断の中でも、特におすすめなのは以下の7つです。

これらのサービスは、以下の基準で厳選しています。

  • SNSや評判サイトで良い口コミがある
  • 無料もしくは登録不要で診断できる
  • 転職サービスに連携しており求人をすぐにチェックできる

サービスごとに特徴が異なるため、自分が受けやすそうな適職診断があるか、ひと通りチェックしてみてください。

分析力の高い適職診断を受けるなら「コンピテンシー診断(ミイダス)」

ミイダス 適職診断 おすすめ
出典:ミイダス
料金無料
登録必要
適職診断の設問数202問(所要時間35分)
運営会社パーソルキャリア

分析力の高さを求めるなら、ミイダスの「コンピテンシー診断」がおすすめです。

設問数は202問、所要時間35分とボリュームは大きいものの、他社のサービスにはないような項目を詳しく診断できるのがメリット。

主な診断項目は以下のとおりです。

  • ストレス耐性(ストレスを感じやすい条件や環境)
  • 向いている仕事
  • 相性の良い上司・部下のタイプ
  • マネジメント資質
  • 職務遂行に必要な能力要素 など

診断結果にもとづく具体的な求人も閲覧できるため、自分に向いている仕事のイメージが湧きやすいのもポイントです。

また、診断結果を見た企業からのスカウトも受け取れて、サービス内でメッセージのやりとりもできます。

コンピテンシー診断の利用者からは「背中を押してもらえた」「マジで当たる」といった声が上がっています。

圧倒的な情報量が私にとって使いやすく便利でした。また、情報量が多すぎてわからなくなってしまわないように様々な機能を用いて私をサポートして下さった事に対して感謝しております。

私にとって天職は初めてでわからない事だらけで不安な気持ちでした。

しかし、不安な気持ちを支えてくれるコンテンツやどのような企業が私に合っているのかを診断する機能があり、不安である私の背中を押してくださいました。

私みたいにこれからの将来に不安を持っている人はぜひ使ってみてください。

応募する前に私を欲しいと言ってくれる企業がたくさんあって大変嬉しかったです。

みん評より引用

よく当たると評判の適職診断を探しているなら、ぜひミイダスの「コンピテンシー診断」を受けてみてください。

>> (無料)ミイダスのコンピテンシー診断を受ける

自分に向いている仕事のイメージを掴みたいなら「適職診断(求人ボックス)」

求人ボックス 適職診断 おすすめ
出典:求人ボックス
料金無料
登録不要
適職診断の設問数30問
運営会社株式会社カカクコム

求人ボックスの「適職診断」は、就職・転職活動者どちらも利用できるサービスです。

無料かつ登録不要で診断できるため、「まずお試しで適職診断を受けてみたい」と考えている人におすすめといえます。

30の設問に答えるだけで、全12種の性格タイプとおすすめの職種が分かり、診断結果に合った求人が表示されます。

雇用形態や給与など、条件を細かく絞って検索も可能なので、具体的な求人も一緒にチェックしたい方はぜひ診断を受けてみてください。

>> (無料)求人ボックスの適職診断を受ける

適職だけでなく自分の性格も診断したいなら「適性・適職診断(キャリアインデックス)」

キャリアインデックス 適職診断 おすすめ
出典:キャリアインデックス
料金無料
登録不要
適職診断の設問数39問
運営会社株式会社キャリアインデックス

自分に合う仕事だけでなく、自分の性格・考え方の傾向も知りたいなら、キャリアインデックスの適職診断がおすすめです。

キャリアインデックスの適職診断は、無料かつ登録不要ですべての結果を閲覧できます。

あなたに合う職種やビジネスにおける強みなどを、図やグラフで表示してくれるので、診断結果を視覚的に理解しやすいのもメリット。

自己分析をメインにおこないたい人は、ぜひキャリアインデックスの適職診断を受けてみてください。

>> (無料)キャリアインデックスの適性・適職診断を受ける

診断結果をもとに効率良く転職活動をしたいなら「転職タイプ診断(doda)」

doda 適職診断 おすすめ
出典:doda
料金無料
登録不要(すべての結果を見るには登録が必要)
適職診断の設問数61問(所要時間7分)
運営会社パーソルキャリア株式会社

dodaの「転職タイプ診断」は、仕事で大事にしているものや、現在の仕事への満足度が分かる適職診断です。

設問数は全61問、7分ほどで診断が完了するため、電車での移動中などでも利用できるのがメリットです。

口コミには「気持ちを読み解いてくれた」「自己分析に役立ちそう」など、有益だと感じる感想が投稿されていました。

https://twitter.com/himajimuchan/status/1682925995022766080
https://twitter.com/yamamoto_writer/status/1512234421210222596

結果をすべて閲覧するには「doda」への会員登録が必要です。

登録するとdodaの求人サイトやエージェント、スカウトサービスが同時に利用できるようになります。

診断結果に合った求人を探すことも可能なので、効率的に転職活動を進めたい人におすすめといえるでしょう。

>> (無料)dodaの転職タイプ診断を受ける

自分の強みを言語化してほしいなら「グッドポイント診断(リクナビNEXT)」

リクナビNEXT 適職診断 おすすめ
出典:リクナビNEXT
料金無料
登録必要
適職診断の設問数93問
運営会社株式会社リクルート

診断の結果を自己PRや志望動機作成に役立てたいなら、リクナビNEXTの「グッドポイント診断」がおすすめです。

設問への回答をもとに、あなたの強みを診断し、言語化してくれるのがメリットです。

「社交性」「継続力」など、明確なキーワードを示してくれるため、選考対策の参考になるでしょう。

転職サイト「リクナビNEXT」と連携しているため、自分の強みにあった求人をそのまま検索することも可能です。

SNSでは「核心をつかれた」「ドンピシャ」といった声が上がっており、当たると評判です。

転職活動中で自己PRや志望動機が書けず困っている人は、ぜひグッドポイント診断の結果を参考にしてみてください。

>> (無料)リクナビNEXTのグッドポイント診断を受ける

自己分析に困っている人は「適職診断テスト(Re就活)」

Re就活 適職診断 おすすめ
出典:Re就活
料金無料
登録必要
適職診断の設問数90問
運営会社株式会社学情

20代・第二新卒向け転職サイト「Re就活」の適職診断テストは、自己分析に悩んでいる人におすすめです。

「負けず嫌いな成功主義」「アイディアマンな楽天主義」など、キャッチーな表現と親しみのあるイラストが特徴的です。

設問数は90とやや多めですが、回答をもとに9通りのタイプに分類し、自分の性格に関するキーワードを明示してくれます。

口コミには「転職活動のモチベーションが上がった」など、前向きな声が上がっています。

https://twitter.com/GenkainoAsu/status/1410159869693288449

転職活動をするか漠然と悩んでいる方や、まずは自己分析から始めたい方におすすめの適職診断といえるでしょう。

>> (無料)Re就活の適職診断テストを受ける

診断だけでなくプロからのアドバイスが欲しいなら「3E-p(エン エージェント)」

エンエージェント 適職診断 おすすめ
出典:エンエージェント
料金無料
登録必要
適職診断の設問数不明(所要時間15分)
運営会社エン・ジャパン株式会社

適職診断だけでなく、転職エージェントの利用も視野に入れているならエン エージェントの「3E-p」がおすすめです。

「3E-p」はエン・ジャパンが独自開発した性格診断テストです。

転職エージェント「エンエージェント」に登録し、キャリアアドバイザーとの初回面談をする際に受けられます。

「3E-p」では、自分自身では気付けないような能力や性格特性を診断できるのが特徴です。

発想力やコミュニケーション能力など、会社や組織で必要な能力も数値で確認できるため、仕事の適性を見極めやすくなるでしょう。

実際に診断を受けた人のSNSでは「すごく当たっている」と高い評価を得ていました。

エンエージェントのキャリアアドバイザーは、「3E-p」の結果をもとにあなたに合う求人を紹介してくれます。

また、書類添削や模擬面接などの選考サポートも無料で受けられるのが魅力です。

本格的に転職活動を始めようと考えている方は、ぜひエンエージェントに登録して「3E-p」を受けてみてください。

>> (無料)エンエージェントに登録して「3E-p」を受ける

適職診断以外で自分に合った転職先を探す3つの方法

自分に合った転職先を探す時は、適職診断だけでなく、以下3つの方法も試してみてください。

本章を参考に、後悔しない転職先を見つけるための行動を起こしましょう。

自分の性格について周りの人に聞く

自分の性格や考え方の癖などは、自分ひとりでは理解しきれない部分もあります。

そのため、他己分析という形で、自分の性格や印象について周りの人に聞いてみることをおすすめします。

他己分析をおこなうことで、自分だけでは言語化できなかった部分を理解したり、気づいていない傾向が見えたりするでしょう。

親しい間柄の人だけでなく、出会ってから日が浅い人などさまざまな関係性の人に聞くと、幅広い意見が聞けるかもしれません。

今の仕事の中で「嫌ではない」と感じる業務を探す

今の仕事を細かく分解して考えることで、向いている仕事の特徴が見えてくる可能性があります。

今の仕事が好きになれない場合でも、「少なくとも嫌ではないな」と思う業務がないか洗い出してみましょう。

例えば営業職で、商談が苦手だと感じている場合でも、業務を細かく見ると、事務作業は嫌いではないことに気付くかもしれません。

その場合、人と話すことがメインの仕事よりも、事務作業などデスクワークの仕事が向いている可能性があります。

今やっている業務の「嫌いではない」と感じる業務に注目して、自分に向いている仕事の特徴を見つけてみましょう。

10年後自分のなりたい姿をイメージしてみる

10年後の理想の自分を想像することで、自分の価値観や優先したい条件が見えてくることがあります。

例えば、自分のペースで無理なく働いていることが理想である場合、年収よりも年間休暇日数や働き方の柔軟さを重要視すべきでしょう。

10年後になりたい姿のイメージには、自分が理想としている働き方や年収額などのヒントが隠れていることがあります。

理想の働き方や生活水準など、できるだけ具体的に想像すると、自分の価値観が見えてくるはずです。

まとめ|自分の適職を知って転職活動の第一歩を踏み出そう

本記事では、おすすめの適職診断や、自分に合う転職先の探し方を解説しました。

自分に合う適職診断を探す時は、口コミや料金、登録の手間などを総合的にチェックしておきましょう。

また、転職サービスと連携している適職診断なら、結果にもとづいて求人を閲覧できる場合があります。

転職活動を効率良く進めたい人は、転職サービスと紐づいている適職診断を利用するのがおすすめです。

もしどの適職診断を使うべきか迷っているならミイダスの「コンピテンシー診断」がおすすめです。

自分の性格や向いている仕事を詳しく分析してくれるだけでなく、あなたに合った求人をすぐにチェックできます。

この記事を読んだあなたが、自分に合った適性診断を見つけ、転職先探しの役立ったのであれば嬉しく思います。

適職診断についてよくある質問

登録なしで受けられる適職診断はどれですか?
登録不要かつ無料で受けられる適職診断は、以下の2つです。

「適職診断(求人ボックス)」
適性・適職診断(キャリアインデックス)」

自分に向いている仕事のイメージを掴みたいなら「求人ボックス」、自分の性格も詳しく診断したいなら「キャリアインデックス」の適職診断がおすすめです。
おすすめの適職診断の特徴は?
自分に合った適職診断を探す時は以下3つのポイントを押さえておきましょう。

・良い評判・口コミが多いか
・無料・登録不要で利用できるか
・診断後すぐに求人を見られるか

当たる適職診断を探すなら評判・口コミ重視、気軽に受けたいなら無料かつ登録不要のものを選ぶのがおすすめです。

また、転職サービスに紐づく適職診断は、効率良く転職の求人を探せるので、あわせてチェックしておきましょう。

ホーム / インタビュー / キャリアコラム / 私たちについて / お問い合わせ / インタビュー依頼

一般社団法人キャリア協会

法人番号:1013305003442
運営協力:ユニークキャリア株式会社

プライバシーポリシー

© 2023 一般社団法人キャリア協会