ベンチャー企業ランキング10選!優良・勢いのある企業紹介【転職のコツあり】

ベンチャー企業に転職したい
成長できる環境で働きたい
これから伸びるベンチャー企業ランキングを知りたい

ベンチャー企業のランキングを知った上で、人気の企業に転職したいという方も多いのではないでしょうか。

結論、自分に合うベンチャー企業を見つけるなら「リクルートエージェント」がおすすめです。

求人数No.1の転職エージェントで、有名ベンチャー企業からスタートアップまで幅広い求人の中からスキルや希望に合わせて最適な求人を提案してもらえます。

本記事では、有名ベンチャー企業5社勢いのあるベンチャー企業5社を紹介。

ベンチャー企業に転職するコツも解説しているので「求人の探し方や選び方に迷っている」という方も、無駄なく転職活動を進められますよ。

この記事の要約・まとめ

A ベンチャー企業に限らず、転職にはリスクが伴います

失敗しないためにも、転職活動をする前に以下の点について考えておきましょう。

  • 年収・勤務地などの条件
  • 今後のキャリア設計
  • 仕事における自分の強み・弱み

「どのような転職を実現したいか」を事前に明確にしておけば、転職失敗を防げるだけでなく、面接でも効果的なアピールができます。

「条件が定まらない」という方は「リクルートエージェント」などの転職エージェントに登録してキャリアアドバイザーに相談するのもおすすめです。

A ベンチャー企業に転職するコツは、以下の3点です。

  1. 自己分析で強みやキャリアプランを明確にする
  2. ベンチャー企業に強い転職サイト・エージェントを使う
  3. ヘッドハンティング・スカウトサービスを使う

自己分析に自信がない方はミイダス」の自己分析ツールを使えば、無料で簡単に強みや適職診断ができますよ。

詳しくは「ベンチャー企業に転職するコツ3つ」で紹介しているので、参考にしてみてください。

A 未経験でもベンチャー企業に転職できます

ただしベンチャー企業によっては教育のための体制や時間が十分に確保されていない可能性もあります。

これまでの経験を活かせる業界・職種を選び、自ら積極的に知識やスキルを吸収していく姿勢で取り組みましょう。

ITベンチャーに強い転職エージェントの「ワークポート」なら、未経験歓迎の求人を多く取り扱っています。

気になる内容をタップ

ベンチャー企業とは「新しいビジネスを展開している企業」のこと

ベンチャー企業に明確な定義はありませんが、一般的には「新しいビジネスを展開している企業」のことと言われています。

なお経済産業省では、以下のように定義されています。

大企業の枠組みでは取り組みにくい独自の技術や新しいアイデアを実践し、 成長してる企業のことを指す。 比較的歴史が浅い企業について使われる場面が多い。

地方創生に向けたスタートアップエコシステム (経済産業省)より引用

ベンチャー企業の中でも大規模の企業を「メガベンチャー」、より短期間で高成長する企業を「スタートアップ」と呼ぶこともあります。

有名な大手ベンチャー企業ランキング5社

有名な大手ベンチャー企業(メガベンチャー)を、時価総額の大きい順から5社紹介します。

企業規模が大きいため、小規模ベンチャーと比べて安定した働き方を実現しやすく、長期的なキャリアを検討している方におすすめです。

日本トップクラスのメガベンチャーなら「株式会社リクルートホールディングス」

株式会社リクルートホールディングス ベンチャー企業 メガベンチャー ランキング
出典:株式会社リクルートホールディングス
企業名株式会社リクルートホールディングス
時価総額約10兆5,268億円
事業内容・広告
・人材サービス
・出版
主なサービス・求人検索エンジン「インディード」「タウンワーク」
・就職サイト「リクナビ」「リクナビNEXT」
・サロン予約サイト「ホットペッパービューティー」
・オンライン学習サービス「スタディサプリ」
従業員数約58,500人
平均年収約1,138万円
公式サイトhttps://recruit-holdings.com/ja/

日本トップクラスのメガベンチャーで働きたいなら「株式会社リクルートホールディングス」がおすすめです。

人材や広告に関する事業を行うベンチャー企業で「リクナビ」や「ホットペッパー」など誰もが知るサービスを多く展開しています。

個々の能力に応じたポジションを積極的に任せてくれる社風が特徴で、課長の平均年齢が約38歳、部長が約42歳と、若いうちから意思決定に関わるチャンスがあります。

ベンチャー企業ながら、有給消化率は55%・年間休日145日と働きやすい環境であることも魅力。

福利厚生も充実しており「バランスよく働きたい」「長く働ける企業を選びたい」という方に適しています。

>> 株式会社リクルートホールディングスの公式サイトをチェックする

注目度の高いベンチャー企業なら「LINEヤフー株式会社」

LINEヤフー株式会社 ベンチャー企業 メガベンチャー ランキング
出典:LINEヤフー株式会社
企業名LINEヤフー株式会社
時価総額約2兆9,656億円
事業内容・通信
・ソフトウェア
・広告
主なサービス・コミュニケーションアプリ「LINE」
・ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」
従業員数約28,300人
平均年収約912万円
公式サイトhttps://www.lycorp.co.jp/ja/

注目度の高いベンチャー企業を選ぶなら「LINEヤフー株式会社」がおすすめです。

2023年10月にZホールディングス株式会社・ヤフー株式会社・LINE株式会社などの5社が合併し、日本最大級のユーザー規模を持つ企業に生まれ変わりました。

日本人口の約8割にもなるユーザーを抱えているため、自分の仕事が多くの人の生活やコミュニケーションの役に立っているという実感を持ちながら働けるでしょう。

社員の半数以上が中途採用なので、中途でも馴染みやすく働きやすい環境です。

>> LINEヤフー株式会社の公式サイトをチェックする

幅広いサービスを展開する企業なら「楽天グループ株式会社」

楽天グループ株式会社 ベンチャー企業 メガベンチャー ランキング
出典:楽天グループ株式会社
企業名楽天グループ株式会社
時価総額約1兆3,025億円
事業内容・ネット通販
・金融
・旅行
・電子書籍
・通信
主なサービス・インターネットショッピングモール「楽天市場」
・旅行サイト「楽天トラベル」
・ネットバンク「楽天銀行」
従業員数約32,000人
平均年収約797万円
公式サイトhttps://corp.rakuten.co.jp/

幅広いサービスを展開する企業なら「楽天グループ株式会社」がおすすめです。

「楽天市場」などのECサイトを中核として、予約サイトや通信サービス・クレジットカードなど70種類を超えるサービスを展開しています。

社内は世界100カ国以上の多様な経歴やスキルを持つ人材で構成されており、刺激を受けながらグローバルな働き方ができるでしょう。

近年は育児や介護と仕事との両立支援にも力を入れており、自分らしく働き続けられる環境が整っています。

>> 楽天グループ株式会社の公式サイトをチェックする

社会貢献度の高い企業なら「エムスリー株式会社」

エムスリー株式会社 ベンチャー企業 メガベンチャー ランキング
出典:エムスリー株式会社
企業名エムスリー株式会社
時価総額約1兆4,449億円
事業内容医療関連サービスの提供
主なサービス医療従事者向け情報サイト「m3.com」
従業員数約10,500人
平均年収約948万円
公式サイトhttps://corporate.m3.com/

社会貢献度の高い仕事なら「エムスリー株式会社」がおすすめです。

世界の医師の約50%(600万人)が登録している世界最大規模の医療従事者向けポータルサイト「m3.com」を運営している企業で、医療シーンにおける効率化・負担軽減をサポートしています。

医療従事者から患者・製薬メーカー・医療機器メーカーまで医療に関係するすべての方面に役立つサービスを支える仕事なので、大きな社会的意義とやりがいを感じられるでしょう。

経験者はもちろん、未経験でも挑戦できる求人もありますよ。

>> エムスリー株式会社の公式サイトをチェックする

新しい挑戦にワクワクするなら「株式会社サイバーエージェント」

株式会社サイバーエージェント ベンチャー企業 メガベンチャー ランキング
出典:株式会社サイバーエージェント
企業名株式会社サイバーエージェント
時価総額約5.3億円
事業内容・メディア事業
・インターネット広告事業
・ゲーム事業
・投資育成事業
主なサービス・ゲームアプリ「グランブルーファンタジー」
・テレビサービス「ABEMA」
・マッチングアプリ「タップル」
従業員数約7,200人
平均年収約806万円
公式サイトhttps://www.cyberagent.co.jp/

「新しい仕事にどんどん取り組んでいきたい」という方には「株式会社サイバーエージェント」がおすすめです。

アプリや広告事業を主とする企業で、「AlwaysFlesh」をコンセプトとして常に新しい分野に挑戦していく社風が特徴です。

年齢よりも能力を評価する人事制度で、若くても重要なポジションが任されることも珍しくありません。

社内には従業員同士が交流できるカフェスペースやマッサージルームなど、新しいアイデアを生み出すための独自の環境が整っていることも魅力。

スキルや熱意を活かして成長できる環境を求める方は、株式会社サイバーエージェントをチェックしてみてください。

>> 株式会社サイバーエージェントの公式サイトをチェックする

勢いのある期待のベンチャー企業ランキング5社

勢いのある期待のベンチャー企業・スタートアップ企業を時価総額順に5社紹介します。

創業10年未満で時価総額1,000億円を突破した企業ばかりで、成長性の高い業界やサービスに携わりたい方は要チェックです。

国内外から注目されるスタートアップ企業なら「株式会社Preferred Networks」

株式会社Preferred Networks ベンチャー企業 スタートアップ企業 ランキング
出典:株式会社Preferred Networks
企業名株式会社Preferred Networks
時価総額約3,539億円
設立2014年3月
事業内容・ディープラーニングの研究
・ロボット開発
主なサービス深層学習フレームワーク「Chainer」
従業員数約300人
公式サイトhttps://preferred.jp/ja/

国内外から注目されるスタートアップ企業を探しているなら「株式会社Preferred Networks」がおすすめです。

ディープラーニングの研究やロボット開発を行っている企業で、交通システム・製造業・バイオヘルスケアなど幅広い分野で技術提供を行っています。

トヨタ自動車・NTT・ファナック・日立製作所などの国内大手企業と提携している他、海外大手企業からも提携を求められるなど期待度の高さが伺えるでしょう。

社内においては以下の「PFN Values」を大切にしています。

Motivation-Driven(熱意を元に)

Learn or Die(死ぬ気で学べ)

Proud, but Humble(誇りを持って、しかし謙虚に)

Boldly do what

no one has done before(誰もしたことがないことを大胆に為せ)

常に学び続け、前進し続ける姿勢に共感できる方は、株式会社Preferred Networksをチェックしてみてください。

>> 株式会社Preferred Networksの公式サイトをチェックする

新しいサービスで社会を変えるなら「株式会社ADVASA」

株式会社ADVASAベンチャー企業 スタートアップ企業 ランキング
出典:株式会社ADVASA
企業名株式会社ADVASA
時価総額約2,301億円
設立2017年4月
事業内容資金提供サービスの開発・提供
主なサービス福利厚生ペイメントサービス「FUKUPE(フクペ)」
従業員数非公開
公式サイトhttps://www.advasa.co.jp/

これからの社会を支える新しいサービスに携わるなら「株式会社ADVASA」がおすすめです。

給与の前借りサービス「FUKUPE(フクペ)」の開発・運営をしている企業で、スマホやパソコンから従業員が自由なタイミングで給与相当額を受け取れるシステムを提供しています。

中途採用では経験者のみの採用を行っており、経営者に近いポジションでスピード感のある業務に携わることができるでしょう

>> 株式会社ADVASAの公式サイトをチェックする

これから更に伸びる期待のベンチャーなら「GVE株式会社」

GVE株式会社 ベンチャー企業 スタートアップ企業 ランキング
出典:GVE株式会社
企業名GVE株式会社
時価総額約2,245億円
設立2017年11月
事業内容キャッシュレス決済のシステム開発
主なサービス即時決済システム「CDBCプラットフォーム」
従業員数4人
公式サイトhttps://www.gve.net/jp/

これから更に伸びる期待のベンチャーなら「GVE株式会社」がおすすめです。

法定通貨のデジタル化プラットフォームを開発する企業で、国内外の金融界で活躍する実業家「房広治」氏が代表取締役を務めています。

GVE株式会社が目指すのは、高度なセキュリティを持ちながらFelicaのように瞬時に使えるスマホ決済サービス。

国内だけでなく世界中でユーザーが安全で効率的に使えるサービスを提供することが目的です。

従業員数4名ながら時価総額は2,000億円以上であり、世界的にも今後の展開が注目されています。

>> GVE株式会社の公式サイトをチェックする

No.1アプリの運営に携わるなら「スマートニュース株式会社」

スマートニュース株式会社 ベンチャー企業 スタートアップ企業 ランキング
出典:スマートニュース株式会社
企業名スマートニュース株式会社
時価総額約2,004億円
設立2012年6月
事業内容アプリの開発・運営
主なサービスニュースアプリ「SmartNews」
従業員数非公開
公式サイトhttps://about.smartnews.com/ja/

多くのユーザーを支える仕事をするなら「スマートニュース株式会社」がおすすめです。

ニュースアプリユーザー数No.1・総ダウンロード数5,000万以上のアプリ「SmartNews」の開発・運営をしている企業です。

世界中から集めた良質な情報を正確かつスピーディーにユーザーに届けることで、誰でも手軽に必要な情報にアクセスできる環境を提供していることが特徴。

トレンドに沿った発信の仕方が評価され、アメリカでも主要なニュースアプリの一つとなっています。

単なるニュース発信アプリに留まらず、ユーザーのニーズに合わせて自在に変化するアプリの進化をサポートできるのがスマートニュース株式会社で働く醍醐味と言えるでしょう。

>> スマートニュース株式会社の公式サイトをチェックする

日本企業を支える仕事をするなら「株式会社SmartHR」

株式会社SmartHR  ベンチャー企業 スタートアップ企業 ランキング
出典:株式会社SmartHR
企業名株式会社SmartHR
時価総額約1,732億円
設立2013年1月
事業内容ソフトウェアの開発・運営
主なサービスクラウド人事労務ソフト「SmartHR」
従業員数約840名
公式サイトhttps://smarthr.jp/

日本の労働環境を支える仕事をするなら「株式会社SmartHR」がおすすめです。

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」の開発・運営を行っており、2013年設立ながら時価総額は1,700億円超。

「SmartHR」は60,000社以上に利用されているクラウドソフトで、幅広い業界の人事・労務業務の効率化をサポートしています。

ペーパーレス化・自動化・リモート化などの時代に沿ったシステムによって、よりよい労働環境を実現する一端を担えることは大きなやりがいに繋がることでしょう。

>> 株式会社SmartHRの公式サイトをチェックする

ベンチャー企業で働くメリット3選

ベンチャー企業で働くメリットは以下の3つです。

  1. 裁量が大きい
  2. 若くても重要なポジションを任せてもらいやすい
  3. 自分の働きが企業の成長に繋がる

ベンチャー企業は社員に任せられる裁量が大きく、自分の意見やアイディアが仕事に反映されることも多いでしょう。

そのため成長意欲が高く、積極的にプロジェクトに参加していきたいという方に向いています。

例えば「株式会社サイバーエージェント」なら、勤続年数や年齢に関わらず、能力に応じて適した業務・ポジションに就けるチャンスがあります。

展開するサービスの種類も多く様々な業務に携れるため、短期間でも大きな経験を積めるはずです。

株式会社サイバーエージェントのように成長機会の多い会社を探している方は「リクルートエージェント」のような転職サービスを使って自分のスキルをより活かせるフィールドを探してみてください。

>> リクルートエージェントに登録してみる

ベンチャー企業で働くデメリット3選

ベンチャー企業で働くデメリットは以下の3つです。

  1. 大手と比べ福利厚生が薄いことがある
  2. 安定性に欠ける
  3. 業務量が多い可能性がある

ベンチャー企業は設立間もなく、福利厚生や労働環境などが整っていないことがあります

従業員数が少ない企業なら、一人当たりの業務量が多く、労働時間が多く感じられるかもしれません。

制度や安定性が心配な方は、ベンチャー企業の中でも「LINEヤフー株式会社」のような規模の大きなベンチャー企業を選ぶのがおすすめです。

リモートワークやフレックスなど自分らしく働ける制度が整っている他、社員向け研修や語学研修などのスキルアップに役立つ福利厚生も充実しています。

ベンチャー企業らしいスピード感のある働き方を実現しつつ、大手企業のような安定性のある働き方を両立できるでしょう。

なお、転職エージェントを使えば、福利厚生や労働環境について細かい情報を簡単に得ることができます。

「働きやすいベンチャー企業を見つけたい」という方は、転職エージェントを使って自分に合った働き方を見つけてください。

ベンチャー企業に転職する3つのコツ

ベンチャー企業に転職するコツは以下の3つです。

事前にしっかり準備をすれば、理想のベンチャー企業を見つけることができますよ。

自己分析で強みやキャリアプランを明確にする

転職活動をする前に、自己分析で強みやキャリアプランを明確にしておきましょう

ベンチャー企業では即戦力を求められるため、自分の強みを活かせる業界・職種を選ぶ必要があります。

自己分析には様々な方法がありますが、最初に試すなら「ミイダス」がおすすめ。

無料で本格的な診断ができ、仕事に活かせる強み・弱みの他、向いている仕事や避けるべき仕事・環境を分析してくれます。

診断結果をもとに、企業からスカウトを受けられるので効率的に転職活動を進められますよ。

>> 今すぐミイダスで無料診断してみる

なお、長期的なキャリアを見据えた分析をしたいなら「ポジウィルキャリア」のような有料キャリア相談もおすすめです。

プロのトレーナーがマンツーマンでキャリア設計をしてくれるので、「どのような仕事が合うのかわからない」という不安も解消されますよ。

ベンチャー企業に強い転職サイト・エージェントを使う

求人を探すときは、ベンチャー企業に強い転職サイト・エージェントを使いましょう

おすすめの転職エージェント特徴
リクルートエージェント・求人数No.1
・スタートアップからメガベンチャーまで幅広いベンチャー企業と出会える
・全国エリアの求人が揃う
ワークポート・IT・Web・ゲーム業界に強い
・未経験求人も充実している
・業界知識が豊富で頼りやすい

幅広い求人を取り扱う「リクルートエージェント」なら、スキルや希望に合った求人を見つけやすいはずです。

IT企業を希望している人は、「ワークポート」も合わせて登録しておくとより効率的に転職活動が進められるでしょう。

おすすめの転職エージェントは以下の記事でも紹介しているので、参考にしてみてください。

ヘッドハンティング・スカウトサービスを使う

転職サイト・エージェントと並行してヘッドハンティングやスカウトサービスを利用するのもおすすめです。

ヘッドハンティング・スカウトサービスとは、経歴やスキルを登録しておくだけで企業やヘッドハンターからオファーが届くシステムです。

例えば「ビズリーチ」なら求人の3分の1以上が経営幹部・管理職などのハイクラスなので、「経営層に近い仕事がしたい」「高年収を狙いたい」という方にもぴったり。

インターネット上に公開されていない非公開求人と出会うチャンスもありますよ。

まとめ|ベンチャー企業でスキルを活かして働こう!

ベンチャー企業でスキルを活かして働くなら、「リクルートエージェント」や「ビズリーチ」のような転職サービスを利用するのがおすすめです。

ベンチャー企業は若くても重要なポジションを任せてもらいやすい一方、スキルや希望に合わなければ快適に働くことができません。

転職サービスを利用して自分に合ったベンチャー企業を紹介してもらえれば、理想の環境で自己成長を目指せることでしょう。

ベンチャー企業に転職するコツ3つ」で紹介した方法を試せば、効率的に転職活動が進められますよ。

ベンチャー企業ランキングについてよくあるQ&A

ベンチャー企業ランキングについてよくある質問をまとめました。

ベンチャー企業に転職するのは危ないですか?

ベンチャー企業だからといって、危ないということはありません

しかし一部のベンチャー企業では、将来が不透明で安心して転職できない可能性もあります。

ベンチャー企業に応募する際は、以下3つのポイントを確認しておきましょう。

  1. 成長が期待できる業界で選ぶ
  2. 事業内容の競合優位性をチェックする
  3. 経営者について調べる

特に経営者の経歴や携わっている別企業などを調べれば、将来性を判断しやすいはずです。

公式サイトだけでは情報が少ないことも多いので、面接で将来的な事業展開について質問してみるのもおすすめです。

ベンチャー企業に転職する際の注意点は何ですか?

ベンチャー企業に転職する際は、以下の3点に注意してください。

  1. 自分がベンチャー企業に適しているか
  2. 自分のスキルにマッチした企業か
  3. 経営者と相性が合うか

ベンチャー企業は成長性の高い環境でスキルを磨ける一方、自発性や変化への適応力が求められるため、向いている・向いていないがはっきりしています

ベンチャー企業で働くメリット3つ」で紹介するメリットに共感できれば、ベンチャー企業に適しているといえるでしょう。

また経営者との相性を知りたい時は、公式サイトやインタビュー記事で考え方をチェックしたり、面接で実際に話してみるのがおすすめです。

リクルートエージェント」のように企業に精通した転職エージェントを利用すれば、自分では調べきれない細かな情報を得ることができますよ。

未経験でもベンチャー企業に転職できますか?

未経験でもベンチャー企業に転職できます

ただしベンチャー企業では教育のための体制や時間が十分に確保されていない可能性もあります。

これまでの経験を活かせる業界・職種を選び、自ら積極的に知識やスキルを吸収していく姿勢で取り組みましょう。

「スキルを身に着けてから転職したい」という方は、「マーケプラス」のような基礎からWebマーケティングスキルが学べるスクールを利用するのもおすすめです。

ベンチャー企業とスタートアップ企業の違いは何ですか?

ベンチャー企業とスタートアップ企業の違いは、以下のとおりです。

ベンチャー企業・既存のビジネスモデルをベースに新たな製品・サービスを提供
・中長期的に成長
スタートアップ企業・新しい技術やサービスで社会的な課題を解決
・ベンチャー企業よりも短期間で急成長

どちらも新しい事業を展開している点では同じですが、より成長性の高い環境に身を置きたい方は「スタートアップ企業」の方が向いているでしょう。

一般社団法人キャリア協会

法人番号:1013305003442
運営協力:ユニークキャリア株式会社

© 2023 一般社団法人キャリア協会