適応障害でも利用できる転職エージェントおすすめ9選【休職中でもOK】

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-314534)であるユニークキャリア株式会社が制作しています。

適応障害でも利用できる転職エージェントはあるの?

適応障害であることを伝えた方が良いのかな?

この記事に辿り着いたあなたは、適応障害を患いながらも転職活動を始めようとしているが、そんな自分でも利用できる転職エージェントはあるのかが知りたいのでは?

結論、適応障害に寄り添う力のある特化型の「ランスタッドチャレンジ転職」と総合型の「マイナビエージェント」の両方を利用するのがおすすめ。

適応障害の人が転職エージェント選びで重要なことは、「いかに丁寧に寄り添ってサポートしてくれるか」と「一人ひとりに合った求人を紹介してくれるか」という点。

特に適応障害を持っている人は、転職に関して大きな不安を持っているだろう。

本記事で紹介する転職エージェントは、適応障害の方に寄り添う力が十分にあるものだけを厳選したため、適応障害でも働きやすい職場を紹介してくれる。

転職活動に不安を抱えている人は、安心して転職エージェントに任せて、少しでも転職成功率を上げられるようにしていこう。

適応障害は原因となるストレスから離れることで治る可能性が高い!

適応障害の治療としては、原因となるストレスから離れることが大切です。

ストレスの原因が仕事であれば、休職や時短勤務、部署異動などを職場に相談することも方法の一つです。

自宅療養といった形で休職する方も少なくありません。

「どうしても勤務しなければならない」そんな方は主治医に相談を。

川口メンタルクリニックより引用

もしあなたが今の職場が原因でストレスを抱えているのであれば、職場から離れるという選択肢を取ってみてほしい。

また、精神科医が出演するYouTubeの動画でも、適応障害を持っている人は転職などをして環境を変えることで、解決されることが多いとのことだ。

ストレスを抱えたままでは仕事もままならず、自分を追い詰めてしまうことになりかねないため、休職などして仕事から離れ、あなたに合う企業へ転職することを視野に入れよう。

適応障害でも手厚いサポートを受けて安心しながら転職活動を進めるなら、大手の「マイナビエージェント」、特化型の「ランスタッドチャレンジ転職」の両方を併用することで転職成功率は上がる。

また、適応障害であることが不安であれば、オンラインカウンセリングサービスを受けることもおすすめだ。

チャット形式でプロのカウンセラーに相談できるため、言葉にして悩みを伝えるのは難しいと考えている人には打ってつけのサービスと言える。

Q 適応障害の人でもおすすめな転職エージェントはどれ?

A 特化型の「ランスタッドチャレンジ転職」と総合型の「マイナビエージェント」の併用がおすすめ!

適応障害の人は、特に適当に転職エージェントを選んではいけない。

適応障害者に関してノウハウがない転職エージェントに当たる可能性があるため、適当に選んでしまうと転職に失敗する可能性が高くなってしまう。

特化型のランスタッドチャレンジ転職は、障がい者の方を対象にした転職支援を行なっており、簡単な仕事からハイキャリアな求人まで幅広く対応している。

求人数は300件強と多いわけではないが、専任のコンサルタントが一貫して最後までサポートしてくれるため、安心して任せられるだろう。

また、マイナビエージェントは大手の総合型転職エージェントの中でも特にサポート力に優れており、障害を持っている方でも安心して利用できる。

実際に、オリコンランキングの転職エージェント顧客満足度ランキング2023において、マイナビエージェントが1位を受賞しているほどだ。

総合型であるため、求人数も多く、職種の幅も広いため、特化型と併用することであなたの転職成功率は高まるはずだ。

種別おすすめ転職エージェント
特化型ランスタッドチャレンジ転職
総合型マイナビエージェント
Q 適応障害であることは伝えた方が良い?

A 伝えておいた方がお互いにとって良い!ただし絶対言うべきとも限らない。

いわゆる「オープン就労」のことを指すが、適応障害であることを伝えておく方が、あなたにとっても会社にとっても良いと言える。

もし、適応障害を隠したまま転職活動をして、いざ転職できたとしても、再発してしまった場合は面接時に聞いていた話と違うということにもなりかねない。

オープンにしておいた方が、転職時におけるあなたのメンタルとしても負担は少なくなるかつ、理解のある会社であれば、むしろオープンだからこそ受け入れてくれるところもある。

しかし、必ずしもオープンにしておくことが万人にとって良いとも限らないため、そこは注意しておきたい。

あなたがどうしても就きたい職種がある場合、もしその職種が適応障害を持っている人を基本的に受け入れないとしているなら、クローズにしておく方が良いだろう。

ただし、再発する可能性もあるため、いきなりフルタイムからではなく、時短勤務など交渉してみて徐々に環境に慣れていくのが良い。

ランスタッドチャレンジ転職のような適応障害に寄り添う力のある転職エージェントを利用すれば、あなたの希望条件に合うような求人が見つかるだろう。

サービスは無料で利用できるため、絶対に転職に失敗したくないという人は積極的に活用しよう。

>> (無料)ランスタッドチャレンジ転職に登録する

気になる内容をタップ

適応障害の人が失敗しない転職エージェントの選び方3選【不安解消】

適応障害の人は、転職に関して大きな不安を持っていることが多いだろう。

そこで、適応障害の人が転職に失敗しないための転職エージェントの選び方を3つ紹介する。

適応障害の人は特に転職難易度が一般の方に比べると高くなる傾向にあるため、どうしても失敗したくない人は、選び方を元にあなたに合うエージェントを選ぼう。

下記の記事でもあなたに合う転職エージェントの選び方を紹介しているため、併せて参考にしてみてほしい。

失敗しない選び方①
職場のパワハラの有無や業務量の多寡などを把握しているエージェントを選ぶ

適応障害になる原因として非常に多い「パワハラ」や「業務量が多い」などがあるのかどうかをしっかり把握している転職エージェントを選ぼう。

実際、Yahoo!知恵袋などでも「自分はパワハラで適応障害で休んでました。」や「業務量が多くて適応障害になりました。」といった口コミが散見される。

適応障害は誰にでもなりやすく、特に環境が原因で患ってしまうことが多い。

患いやすい反面、適応障害は環境を変えることで治癒する可能性も高いため、転職などで環境を変えるのは非常におすすめだ。

その際、転職先にパワハラがあるかどうかや業務量が多すぎないかどうかを把握している転職エージェントを利用するのが良い。

例えば、特化型の「ランスタッドチャレンジ転職」や総合型の「マイナビエージェント」はサポート力が高く、求人先の特徴なども把握しており、安心して任せられる。

そのため、次の転職先ではパワハラもなくて業務量も多すぎない職場が良いと考えている人は、登録をおすすめする。

種別おすすめ転職エージェント
特化型ランスタッドチャレンジ転職
総合型マイナビエージェント

また、適応障害の人が転職先を選ぶ際には下記4つのような仕事を選ぶようにすると良い。

それぞれ詳しく説明しているため、気になるものの詳細をチェックしてみよう。

おすすめの仕事①:しっかり休める仕事

長時間労働によるストレスが原因で適応障害を発症してしまった人は、休みが多くしっかり休息できる仕事を選ぶと良いだろう。

「休みが多い」とは、年間休日120日以上をひとつの目安にすると良い。

週休2日+祝日で大体120日になる計算だ。

ただし、求人では年間休日120日を謳っていても、現場レベルでは休日出勤が常態化している職場もある。

応募時点で気にするのはさすがに早計だが、選考が進むなかで確認しておく必要があるだろう。

おすすめの仕事②:残業が少ない仕事

適応障害の人は残業時間が少ない仕事を選ぶことも大切だ。

日々心身をしっかり休める環境に身を置くことで、良いコンディションで仕事を続けられるだろう。

具体的には、事務職やアシスタント職などの社内的なルーティンワークを担う仕事は残業が少ない傾向にある。

しかし、このような細かな就労環境の質問は面接ではしづらいという人も多いのではないだろうか。

実際、就労環境の質問が多くなると「条件ばかり気にする人」と誤解されてしまい、仕事に対する熱意を疑われてしまうケースも少なくない。

残業時間を確認したい場合は、転職エージェントに確認してみることをおすすめする。

その企業との付き合いが長ければ実態を把握しているし、わからない場合はあなたに代わって企業に確認してくれるためだ。

特に「マイナビエージェント」のようなサポート力が高い転職エージェントであれば、すぐにわかるだろう。

>> (無料)マイナビエージェントに登録する

おすすめの仕事③:リモートワーク可能な仕事

職場の人間関係が原因で適応障害を発症してしまった人は、直接的な接点が少ないリモートワークの仕事を選ぶのもひとつの方法である。

日々会社の人と直接顔をあわせる必要がなく、ミーティングなどもビデオ通話で行われることが多いため、人間関係を最小限に抑えられるからだ。

近年はリモートワーク可能な求人も多くなっている。

会社の人たちとのコミュニケーションをゼロにはできないが、面と向かう機会が少ないだけでも気持ち的にはかなり楽になるだろう。

下記の記事にて、フルリモートワークに強みのある転職エージェントも紹介しているため、併せて参考にしてみてほしい。

おすすめの仕事④:異動・転勤の可能性が低い仕事

環境の変化が原因で適応障害を発症してしまった人は、頻繁な環境変化を防ぐために異動や転勤の可能性が低い仕事を選ぶのも効果的である。

たとえば、本社勤務の職種や事務職、地方公務員などが該当する。

転勤の有無は求人情報に記載されているのが一般的だが、数年経って会社の状況が変わる可能性もある。

もし心配な場合は、同じ都道府県内にのみ支店がある会社や、そもそも支店がない会社など、物理的に転勤の可能性が低い環境を選ぶことも検討したい。

失敗しない選び方②
適応障害者の転職支援に特化したエージェントを選ぶ

適応障害者の転職支援に特化した転職エージェントを選ぶことも重要だ。

転職エージェントには幅広い職種に対応した総合型と、一つのことに特化した特化型がある。

もちろん、適応障害といった障害者向けの転職支援に特化した転職エージェントもいくつか存在する。

中でもおすすめなのは「ランスタッドチャレンジ転職」だ。

全体の求人数は300件強と多くはないが、幅広い職種に対応しているかつ、簡単な仕事からハイキャリアな求人まで幅広く保有している。

専任のコンサルタントがあなたの転職支援を一気通貫でサポートしてくれるため、不安を感じずに転職活動を行えるはずだ。

ランスタッドチャレンジ転職を含む、おすすめの転職エージェント一覧を知りたい人はこちらから確認できる。

>> (無料)ランスタッドチャレンジ転職に登録する

失敗しない選び方③
適応障害に理解のある転職エージェントを選ぶ

適応障害に対してしっかり理解をしている転職エージェントを選ぶことは非常に重要だ。

転職エージェントはビジネスモデル的に、転職に成功しそうな人のサポートを優先することが多く、適応障害を持っている人は後回しにしてしまうエージェントもある可能性も。

いわゆるオープン就労というものだが、適応障害であることをしっかり伝えた上で転職活動をすることは実際リスクになることもありうる。

しかし、適応障害に理解がある転職エージェントであれば、適応障害OKの求人をあなたの条件に沿って紹介してくれるため、安心して任せられる。

特に「マイナビエージェント」のような非常に手厚いサポートが受けられる大手の総合型転職エージェントは登録しておきたい。

大手の転職エージェントであればそもそも保有している求人が非常に多いため、適応障害の場合でも問題なく対応できる可能性が高いといえるだろう。

中でも、マイナビエージェントは他の総合型転職エージェントよりも、適応障害者に対する理解は強い。

適応障害だけでなく、障がい全般に対して転職サポートに強みがある転職エージェントも下記の記事にて紹介しているため、併せて参考にしてみてほしい。

【特化型】適応障害者の転職に寄り添う力の高いおすすめ転職エージェント8選

適応障害を持っている人は、障害全般の転職に寄り添う力のある特化型の転職エージェントに登録することをおすすめする。

総合型の転職エージェントとは違い、障がい者を専門としたサービスを提供しているため、症状への理解度や転職に対するサポート力は非常に高い。

そのため、紹介する特化型の転職エージェントと大手の総合型転職エージェントをそれぞれ最低でも1社には登録しておくことで、あなたの転職成功率はグッと高まるだろう。

今回紹介する障がい者雇用に特化したおすすめの転職エージェントは、以下の8つである。

転職前後も手厚いフォローを求めるなら「LITALICO仕事ナビ」

LITALICO仕事ナビは、障がい者雇用業界のなかで特に実績がある転職エージェントだ。

障がい者雇用に特化した転職エージェントを探している場合は登録必須といえるだろう。

支援実績は延べ10,000人を超えているうえ、利用者の転職後の定着率は91%にも上っていることから、一人ひとりに合った良質なマッチングを実現していることが伺える。

就職準備の段階では、200種類以上の豊富なプログラムからカリキュラムを組み立て、本人の体調を整えながら仕事に必要なスキルを身につけられる。

さらに、4,500社を超えるインターン先から、自分に合った職種や働き方を見つけられる体制や、セミナー・オンライン講座・コミュニティイベントに至るまで、手厚い取り組みが大きな特徴だ。

>> LITALICO仕事ナビに登録する

広い視野で求人を探したいなら「ランスタッドチャレンジ転職」

ランスタッドチャレンジ転職は、世界最大級の人材サービス企業「ランスタッド」が運営する転職エージェントだ。

基本ハイキャリア寄りの求人が多いが、もちろん簡単な仕事から始められる求人も掲載されているため、万人におすすめできる。

適応障害以外にもさまざまな障がいに対応している反面、精神障がいの場合は1都3県在住者のみ。

さらに「一般企業での週30時間就労実績が2〜3年」または「フルタイムで一般企業の一人配属部署で就労実績が2〜3年」の経験を持つ人のみが対象とややハードルは高い。

とはいえ、転職によるキャリアアップを実現できる可能性が高いため、条件を満たしている場合はチャレンジしてみると良いだろう。

>> ランスタッドチャレンジ転職に登録する

細かな条件で求人検索もしたいなら「dodaチャレンジ」

適応障害 転職エージェント dodaチャレンジ
引用元:dodaチャレンジ

dodaチャレンジは、大手転職サービス「doda」を運営するパーソルグループが提供している、障がい者の転職支援実績No.1の転職エージェントだ。

特に東京・大阪・名古屋周辺で転職したい場合におすすめである。

利用できる人はすでに障害者手帳を持っている人、または申請中の人のみ。

同業界のなかでは保有求人数は少ないものの、全体の9割は非公開求人が占めており、大手企業や人気企業への支援実績も豊富である。

また、同社によると利用者満足度は98%を謳っている。

希望条件や能力に合った求人を紹介してくれるのはもちろんのこと、求人検索では「時短勤務可能」「在宅勤務可能」「ハイキャリア」など多様な条件検索ができるのも特徴だ。

>> dodaチャレンジに登録する

能動的に転職活動を進めたいなら「atGPエージェント」

atGPエージェントは、すでに障害者手帳を持っている人、または申請中の人を対象とした転職エージェントだ。

特に、能動的にさまざまな方法で求人探しやアプローチをしたい人におすすめである。

特筆すべき特徴は以下4つのアプローチで幅広く転職活動を進められる点だろう。

  • 転職エージェントのサポートを受ける
  • 自分から能動的に求人情報を検索する
  • 企業からのスカウトを待つ
  • 就労移行支援サービスを受ける

なかでも、転職エージェントのサポートは積極的に受けておくと良い。

キャリアアドバイザーは障がい者の転職に精通しているため、あなたの症状や状況に合わせて適切なアドバイスがもらえるはずだ。

転職エージェントのサポートを軸に、ほかのアプローチでチャンスの母数を増やすのが賢い使い方だろう。

なお、ハイキャリアの人に向けた「アットジーピーハイクラス」も提供しているため、ハイクラス転職を探している場合はあわせてチェックしておくと良いだろう。

>> atGPエージェントに登録する

当事者目線に立ったサポートを受けたいなら「ソーシャル・パートナーズ」

ソーシャル・パートナーズは、人材会社大手のアデコグループが運営する転職エージェントで、特に関東圏で転職を考えている人におすすめだ。

利用できる人はすでに障害者手帳を持っている人、または申請中の人のみ。

障がいへの理解がある企業や、受け入れ態勢が整っている企業、多様な働き方ができる企業を厳選して紹介しているのが強みである。

また、運営会社のアデコグループ自体が積極的に障がい者雇用を行っていることもあり、ほかの転職エージェントに比べてより当事者目線に立ったサポートをしてくれるだろう。

ただし、対応エリアが関東圏のみなのが難点。関東圏に通勤が困難な場合はほかの転職エージェントを利用しよう。

>> ソーシャル・パートナーズに登録する

レアな非公開求人に出会いたいなら「エージェントサーナ」

エージェントサーナは、障がい者の転職業界で約30年の歴史を持つ老舗の転職エージェント。

特に、オリジナリティのある非公開求人にアクセスしたい人で関東・関西近郊の人におすすめだ。

扱う求人はすべて非公開求人であり、エージェントサーナでしか扱っていないものが大半を占めているのが強みである。

また、利用者の6割以上が最初の面談から2か月以内に内定を決めている確かな実績があるため、障がい者特化の領域では外せない転職エージェントのひとつといっても過言ではない。

なお、障がいを抱えるエンジニアに特化した「テック・エージェントサーナ」も運営しているため、エンジニア志望の人はチェックしておくと良いだろう。

ただし、関東・関西の求人が中心であり、地方の求人はあまり保有していない点には注意が必要だ。

>> エージェントサーナに登録する

ある程度のビジネススキルがあるなら「DIエージェント」

DIエージェントは、10年以上の歴史を持ち、延べ7,500人以上の障がい者転職を支援してきた実績がある転職エージェントだ。

職業訓練を必要としない程度のスキルがあり、関東・関西近郊で転職したい場合におすすめである。

就職後のミスマッチが発生しないよう、キャリア診断に注力している。

加えて、通常であれば自分の希望条件に見合う求人がなければ紹介されないのが一般的だが、DIエージェントの場合は希望条件をもとに交渉してくれる点が特徴だ。

一方で、電話対応やパソコン操作の支援は行っていないため、ある程度スキルがすでに身についている人に向いている転職エージェントといえるだろう。

ただし、サポートエリアは関東圏・関西圏に限られている点には注意してもらいたい。

>> DIエージェントに登録する

しっかりしたサポートを求めるなら「マイナビパートナーズ紹介」

マイナビパートナーズは、人材大手企業「マイナビ」が運営する転職エージェントだ。

確かな実績に裏付けられた手厚いサポートを受けたい人で、関東圏で転職したい人におすすめである。

特例子会社のため、グループ全体で培った豊富な実績とノウハウが強みといえるだろう。

求人の多くは正社員・契約社員が占めており、新卒で応募可能な求人も扱っているのが特徴だ。

大手のネームバリューはあるものの、開業は2020年と業界内では後発。

そのため扱っている求人は関東圏が大半であり、数自体もまだ少ないと言わざるを得ない。

サービス自体は後発だが、人材業界における実績は確か。

今後の求人数の増加とサポートエリアの拡大に期待したい転職エージェントといえるだろう。

>> マイナビパートナーズ紹介に登録する

【総合型厳選】適応障害の人がまず登録しておきたい「マイナビエージェント」

マイナビエージェントは、20代・30代の転職に強みがあり、非常に手厚いサポートで評判高い転職エージェント。

総合型転職エージェントの中でも、特に登録することをおすすめしたいエージェントだ。

さまざまな業界の転職市場に詳しいキャリアアドバイザーがいるため、転職希望者にぴったりな他業種をおすすめしてくれる場合がある。

企業とやりとりを行うリクルーティングアドバイザーは、社内の雰囲気や働く人の様子を徹底的にリサーチ。

キャリアアドバイザーにも企業の情報が共有されるので、転職希望者の強みと企業の求める人材像がマッチしているか判断して紹介してくれる。

転職が初めての方も多く、一つひとつの質問に応じてくれるため、手厚いサポートを受けたい方におすすめだ。

>> (無料)マイナビエージェントに登録する

適応障害であることを転職エージェントに伝えるべきか?【結論:人によっては伝えるべき】

適応障害であることを転職エージェントに伝えるべきかどうかは悩ましいところだが、一人ひとりの状況や考え方によってどちらが良いかは異なるので、一概にはいえないのが実情だ。

適応障害であることを伝えたうえで就労することを「オープン就労」、逆に伝えずに就労することを「クローズ就労」といい、両者にはそれぞれメリット・デメリットが存在する。

正しく理解して自身の状況に合ったほうを選択すると良いだろう。

オープン就労のメリット

オープン就労には以下のようなメリットがある。

オープン就労のメリット3選
  • 適応障害の事実を隠すストレスや不安がない
  • 就労支援機関のサポートを受けられる可能性がある
  • 時短勤務・急な早退・通院などの理解が得られた状態で就業できる

適応障害の事実を告げるメリットは、理解ある人たちや環境のなかで転職活動ができること、就労後も一定の理解が得られた環境で無理なく働けることに尽きるだろう。

また、「適応障害であることが周囲に知れたらどうしよう」という不安やストレスがないのも大きなメリットである。

オープン就労のデメリット

一方で、オープン就労には以下のようなデメリットがある。

オープン就労のデメリット3選
  • 一般求人に比べて求人数・選択肢が少なくなる
  • 一般採用に比べて給与が少なくなる可能性がある
  • 独力で転職活動を行うと求人探しや内定獲得までの難易度が高い

必ずしもそうなるという話ではないが、一般採用に比べて選択肢が少なくなったり、条件が悪くなる可能性があることは理解しておく必要がある。

また、適応障害であることを伝えたうえで行う転職活動には、通常とは異なる戦略が必要になる。

特有の知識がない状態で自分だけで転職活動をするのは難易度が高いため、第三者やプロの力を借りるのが無難だろう。

クローズ就労のメリット

クローズ就労には以下のようなメリットがある。

クローズ就労のメリット2選
  • 障がい者採用に比べて給与が高くなる可能性がある
  • 一般求人すべてが対象になるため、求人数や選択肢が豊富

クローズ就労の場合は一般的な転職と同条件で活動することになるため、求人の数や内容のハンデがないのがメリットといえるだろう。

もし、クローズ就労で進めようと考えているなら、障がい者関係なく、おすすめの転職エージェントをまとめた記事があるため、下記の記事をぜひ参考にしてみてほしい。

クローズ就労のデメリット

一方で、クローズ就労には以下のようなデメリットがある。

クローズ就労のデメリット2選
  • 適応障害に対する理解や配慮は受けられない
  • 適応障害の事実が知られるかも知れないという不安やストレスがつきまとう

クローズ就労の場合、適応障害をはじめとする病気の人へのフォロー体制や受け入れ体制が整っていない企業も混在している。

たとえば、診察や薬の処方のために通院が必要な場合に時間が確保しづらかったり、体調不良で早退・欠勤する人への理解がなかったりする可能性があるからだ。

ここで挙げたものがデメリットと感じられない場合は、クローズ就労を選択するのも良いだろう。

適応障害の人が転職を成功させるための7ステップ

転職活動を成功させるための流れを7つのステップで解説する。

STEP
譲れない条件を明確にする

転職活動を本格的にはじめるまえに、今回の転職で譲れないポイントを明確にしておくことが非常に重要である。

この譲れないポイントが転職活動のひとつの軸となり、活動中の羅針盤の役割を果たしてくれる。

条件が曖昧だとしっくりこない求人ばかり紹介されることになってしまい、だからといって条件が多すぎるとマッチする求人がなくなってしまう。

希望条件の数にもよるが、基本的にすべての条件を満たす求人は無いと考えておくべきだろう。

そこでおすすめしたいのが、今回の転職活動で求めている希望条件を洗い出し優先順位をつける方法だ。

あらかじめ譲れないポイントや優先順位が決まっていれば、その条件と照らし合わせて応募や内定承諾の判断をすれば良いので、転職活動で迷ったり悩んだりするシーンを大幅に減らせるはずだ。

STEP
履歴書・職務経歴書を作成する

自分の観点で構わないので、履歴書と職務経歴書を作成しよう。

書類作成の順番は多少前後して構わないが、転職エージェント登録時にWeb上で経歴などの入力が求められるため、この段階で作成しておくと後々スムーズだろう。

応募書類は追って転職エージェントのキャリアアドバイザーに添削してもらえるので、必要な情報が漏れなく網羅されていれば良い。

自作の時点では書類のレイアウトや言い回しなどの細かい点に悩む必要はないので、安心してほしい。

STEP
複数の転職エージェントに登録する

複数の転職エージェントに登録して、転職活動をスタートさせよう。

目安としては2〜5社程度。

希望している業界や職種によっても異なるが、このくらい登録しておけば各社の違いを比較しつつ、ある程度の求人数が確保できる可能性が高い。

手続きを進めていくなかで条件に合う求人がない、希望勤務地の求人が少ないなど、実質的に機能しない転職エージェントも出てくるだろう。

機能しない転職エージェントが出てきた場合は追加で登録し、常時4〜5社稼働している状態を維持するイメージで良い。

STEP
キャリアアドバイザーと面談する

無事登録が完了すると、程なくして登録したメールアドレスや公式ページのマイページ宛に面談の連絡が届くので、適宜対応していこう。

直接オフィスを訪ねる場合もあるが、近年ではオンライン面談に対応している転職エージェントも多い。

体調や対面することに不安がある場合は確認・相談してみると良いだろう。

なお、面談は最低限のビジネスマナーさえ守れていれば、基本的にはざっくばらんに話して良い。

キャリアアドバイザーはあなたの心強い味方であり、あなたの要望をできるだけ詳しく知りたいと考えているためだ。

あらかじめ決めておいた「譲れないポイント」や「希望条件の優先順位」をもとに話をするとスムーズに事が運ぶだろう。

加えて、キャリアアドバイザーにはあまりビジネスライクにならず、あなたらしく接するほうが良い。

あなたの人柄がわかっているほうが企業に推薦しやすいうえ、「なんとかしてこの人の転職活動を成功させてあげたい」と思ってもらえたほうがあなたにとってメリットが大きいからだ。

STEP
紹介された求人の応募可否を判断する

提出した情報や面談内容をもとに、キャリアアドバイザーが求人を紹介してくれる。

あらかじめ決めておいた「譲れないポイント」や「希望条件の優先順位」と照らし合わせて、1社ずつ応募するかどうかを判断をしてキャリアアドバイザーに伝えよう。

その後の企業とのやり取りはキャリアアドバイザーがすべて代行してくれる。

ここでは、紹介してくれた求人に対する所感をキャリアアドバイザーにフィードバックすることが重要である。

あなたの反応や感想をもとに、紹介する求人の的を絞ろうとしてくれている場合があるからだ。

応募・辞退の判断結果だけを伝えているとなかなかあなたの潜在的な希望条件が捉えきれず、紹介する求人のマッチ度が上がらないので注意が必要だ。

また、一見あなたの希望条件に合っていないように見えても、なんらかの意図やメリットがあってその求人を紹介してくれている場合もある。

紹介してもらった求人に違和感を感じた場合は、積極的にキャリアアドバイザーとコミュニケーションを取ってみてほしい。

STEP
応募書類の添削をしてもらい応募する

転職エージェントによってタイミングは異なるが、応募時に書類の添削をしてくれる場合が多い。

なぜなら、応募する企業に合わせて応募書類の見せ方・アピールポイント・細かな表現をカスタマイズする必要があるからだ。

とはいえ、一度添削して汎用的に使い回せる書類ができ上がっていれば、細かなカスタマイズが不要なケースも多々ある。

担当キャリアアドバイザーの手腕が試される部分でもあるので、頭の隅に置いておくと良いだろう。

STEP
面接対策をしてもらい面接に臨む

面接に臨むにあたり、個人ではできないレベルの面接対策も実施してくれる。

同時にここが転職エージェントを活用する最大のメリットといっても過言ではない。

転職エージェントは採用担当者(面接官)や選考に参加した求職者しか知り得ない重要情報を持っており、この情報をもとにした面接対策を実施できるからだ。

たとえば以下のようなものだ。

  • 選考は全部で○次まであり、それぞれ面接官には誰が出てくるか
  • 具体的にどのような質問をされるか
  • 回答が合否にどのように影響したか
  • その面接官が好む回答や傾向

上記は一例にすぎないが、このレベルの面接対策はどんなに努力しても独力では不可能であり、このような情報があるのとないのとでは選考通過率に大きな差が出るのは誰が見ても明らかだろう。

ただし、転職エージェントが保有する情報は過去の応募者と対応した採用担当者のフィードバックに由来しているため、過去に何人の求職者が紹介され、どこまで選考が進んだかによって提供できる情報の量や質が大きく異なる。

加えて、現場レベルの生の情報であるため、同じ企業の同一求人であっても、転職エージェントが変われば保有している情報も異なることを覚えておきたい。

適応障害の人が転職活動をする際の注意点5選【無理をしないことが重要】

適応障害の人が転職活動をする際に特に注意しておくべきことを5つ紹介する。

できる限り紹介する注意点を守った上で転職活動をすることで、無理のない転職が実現できるだろう。

全てに共通しているが、やはり「無理をしない」ことが特に重要になる。

ぜひ参考にして、あなたに合う転職先を見つけてほしい。

治療・療養を優先する

重要なことは、体調に不安が残る状態で無理に転職活動をしないことだ。

転職活動はエネルギーを使ううえ、仕事とは別のストレスがかかることもあるため、適応障害が長引いたり悪化する可能性もあるからだ。

加えて、今の環境を変えたいからと焦って転職活動してもパフォーマンスを発揮しきれないため、良い結果につながる可能性は低いと言わざるを得ない。

調子が優れない場合は、まずは休職などを利用して治療・療養に集中しよう。

適応障害の原因が職場環境にあるなら、休職で原因から離れれば症状が軽減する可能性も高い。

医師に診断書を出してもらい、傷病手当などを受け取る手続きをすれば金銭的な不安も減らせるはずだ。

適応障害の発症原因を特定しておく

適応障害の症状には明確な原因があるため、発症原因を特定して遠ざけることで症状の軽減や再発防止が可能だ。

特に下記のようなストレスが適応障害になる原因として挙げられているため、できる限り該当のストレスを抱えないような生活にしていくのが理想だ。

適応障害の原因となる主なストレスは、仕事、家庭、恋愛、学校、病気など、生活の中の多くことです。
仕事については、仕事の内容と人間関係に原因があることが多く、上司などを中心とした職場の人間関係、異動による仕事内容や環境の変化、 仕事量の多さや責任の重さなど。

新橋スリープ・メンタルクリニックより引用

医師の診断を受けて発症原因を特定するとともに、診断書に復職する場合の勤務条件を書いてもらうこともできる。

そのため、状況によって先方や周囲の理解を得るために利用するのもひとつの選択肢だ。

希望条件を絞りすぎない

適応障害か否かに限った話ではないが、転職先への希望条件は絞りすぎないよう注意が必要である。

特にオープン就労を希望する場合は一般求人よりも数が少なくなり、条件が多ければ多いほどマッチする求人がなくなってしまうからだ。

絶対に譲れない条件を明確にしておくことと、そのほかの希望条件を洗い出しあらかじめ優先順位をつけておくと良いだろう。

求人を探す際、応募の判断をする際、最終的に内定承諾をするかどうかの判断基準など、転職活動のあらゆる場面でこの条件が羅針盤の役割を果たしてくれるはずだ。

もし、希望条件を絞らなくても良いからとにかく自分に合った職場に転職したいと考えているなら「マイナビエージェント」がおすすめ。

サポート力が非常に高い総合型の転職エージェントであり、幅広い職種に対応しているからこそ、求人数も多い。

キャリアアドバイザーがあなたの転職を内定が出るまで徹底的に支援してくれるはずだ。

>> (無料)マイナビエージェントに登録する

応募企業のメンタルヘルスへの取り組みをチェックする

選考が進む過程で入社したいと思える企業が出てきたら、その企業のメンタルヘルスへの取り組みもチェックしておきたい。

近年は従業員のメンタルヘルス不調が問題視されており、対策のひとつとして法改正も進んでいる。

たとえば、2014年に労働安全衛生法が改正され、2015年12月以降は従業員に対するストレスチェックが義務付けられた。

このようなルール変更にともない、各企業の取り組みの見直しを行う企業が増えているのだ。

公式ページや転職エージェントを通じて、希望する企業の取り組みを確認すると良いだろう。

また、厚生労働省が提供する職場適応援助者(ジョブコーチ)支援事業も活用できるとより働きやすくなるだろう。

適応障害の症状を持つ労働者に対する支援だけでなく、事業主に対する雇用管理の支援なども行なっているため、労働環境の改善に繋がるのだ。

適応障害に向いていない職業には就かないようにする

適応障害の人で向いている仕事はこちらで解説しているが、反対に向いていない職業には就かないようにするのが無難である。

就労支援事業所CONNECTが上げているYouTube動画では、下記の3つのタイプの職業について、適応障害の症状を持つ人には向いていないと述べている。

3つのタイプ
  1. ストレスのかかる仕事(営業のような対人仕事など)
  2. 責任が大きい仕事(管理職や医師など)
  3. 成績やノルマが厳しい仕事(営業や製造業など)

すでに適応障害になってしまっている人で、上記3つのタイプの仕事に就いていた人も多いかもしれない。

もし、上記の仕事に就いていた人で適応障害になってしまった人は、再発する可能性があるため、別のタイプの職業に転職するようにしよう。

まとめ|転職エージェントを活用して有利に転職活動を進めよう

適応障害の人が転職活動をする場合は、積極的に転職エージェントを活用するのがおすすめだ。

一般の転職活動でさえやり方や方向性に迷う人は非常に多いので、適応障害があるとなればなおさらだろう。

転職エージェントはそのような人たちのサポーター兼道標となってくれる貴重な存在といえる。

賢く利用して効率的かつ有利に転職活動を進めていくと良いだろう。

適応障害の人が転職する際によくあるQ&A

適応障害の人が転職する際によくある疑問に対する回答を紹介する。

面接・転職・再就職が怖い

適応障害の再発・悪化が怖い場合は、専門医の力を借りて原因を特定しよう。

適応障害には必ず発症の原因があり、原因から離れることで症状は軽減・改善すると言われているからだ。

原因が特定できていれば、診断書に復職する場合の勤務条件を書いてもらうこともできるため、当てはまる場合は検討してみると良いだろう。

適応障害は転職で治る?

適応障害はストレス因子が明確なため、環境を変えれば改善すると考えられている。

ただし、ストレス因子が特定できていない場合は、転職後もストレス因子から離れられず意図せず再発・悪化してしまう可能性もあるため注意が必要である。

適応障害は転職で不利になる?

結論、不利にはならない。

適応障害は誰しもがなる可能性のある病気であるかつ、うつ病よりも症状の期間が6ヶ月以下と短いため、休職してメンタルケアを施せば転職できる可能性は十分にある。

適応障害であることを言わずに転職したらバレる?

こちらから言わず仕事に影響も出なければ、適応障害の事実がバレる可能性は低いといえる。

ただし、源泉徴収票や住民税の納付額から休職期間があったことはバレると考えておくべきだろう。

そのまま事なきを得る場合もあれば、休職理由についてヒアリングされる場合もあり、企業によって対応が異なるのが実情である。

適応障害はどんな人がなる?

適応障害は、真面目で几帳面、責任感が強い方がなりやすい病気です。

元来”メンタルが強い”と言われていた方でも、ストレスの度合いによっては、容易に適応障害に陥ります。

症状改善のためには、ストレスを溜め込みすぎないことが大事です。

おりたメンタルクリニックより引用

特に責任感の強い人や、真面目で何事も完璧にこなさないといけないなどの使命感が強い人は適応障害になりやすい傾向にあるようだ。

実際、メンタルが強そうな人でも適応障害の症状を発していた人もいるぐらいであるため、誰でもなりうる病気なんだと認識しておくことも重要だ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!