仕事辞めたいけど次がないと焦る人が試すべき3つの対処法【14名の経験談】

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-314534)であるユニークキャリア株式会社が制作しています。

この記事を読んでいるあなたは、仕事を辞めたい気持ちと、辞めたら次がないという不安で板挟みになっているのではないでしょうか。

結論、仕事を辞めたいけれど次がないと感じるなら、なぜそう感じるかを明確にし、適切な行動を起こすことが大切です。

例えば、経済的な問題から仕事を辞められず次がないと感じるなら、在職中に転職活動をすることで、収入の不安を減らせるでしょう。

在職中に効率良く転職活動をするなら、業界最大級の求人数を取り扱う「リクルートエージェント」の活用がおすすめです。

本記事では「仕事辞めたいけど次がない」と感じる具体的な理由や、それぞれの対処法を解説しています。

記事を最後まで読めば、自分の思いや状況に合わせて適切な行動をとり、仕事の悩みを減らせるようになるはずです。

A なぜ「次がない」と感じるのか、理由を明確にすることから始めましょう。

例えば、家族を養わなければいけないなど経済的な理由があって「次がない」と感じるなら、在職中に転職するなど収入を途切れさせずに転職できないか検討してみてください。

在職中に転職活動をするなら、「リクルートエージェント」に登録してサポートを受けることをおすすめします。

公開求人38万件以上、非公開求人21万件以上と、業界最大級の求人数を保有しているため、あなたに合った転職先が見つかりやすいでしょう。

>> (無料)リクルートエージェントに登録する

A ブランクがない方が有利になる可能性が高まるため、基本的には次を決めてから転職することをおすすめします。

また、転職先を決めてから退職したほうが収入面を心配せずに済むのもメリットです。

ただし健康上の問題がある場合などやむを得ないケースでは、次を決めずに辞めても問題ありません。

リクルートエージェント」などのエージェントを活用して、自分に合った転職先を見つけましょう。

>> (無料)リクルートエージェントに登録する

「仕事辞めたいけど次がない」と思う3つの理由【14名の口コミあり】

「仕事辞めたいけど次がない」と感じる理由は人によって異なりますが、特に以下3つの理由が多いかもしれません。

まずは本章を参考に、自分がなぜ「次がない」と感じるのか明確にしてみましょう。

経済的に不安定になると困るから

https://twitter.com/ajpn_2525/status/1680064086749646848
https://twitter.com/jinse_owaowari/status/1614596434837524482

仕事がつらく辞めたいと思っても、収入の安定を優先しなければならない状況では「次がない」と感じてしまうでしょう。

例えば、貯蓄がなく収入が途切れると生活できない、家族を養わなければならない立場といった状況が挙げられます。

3ヶ月〜半年は生活できるくらいの貯金を作るなど、経済的な不安が解消されれば転職活動に集中できる人も多いかもしれません。

年齢やスキル的に転職が難しいと感じているから

https://twitter.com/A2QRsornKxheahh/status/1586487797979828224
https://twitter.com/HK90971891/status/1688899606409846784
https://twitter.com/coconut39261992/status/1537773796366897152

転職すること自体に抵抗がなくても、年齢や自分の経験的に難しいと感じ「次がない」と諦める人もいます。

現在の年齢が30代後半~50代で求人が少ない、あるいは20代で3~4回以上転職しているなどの場合は、転職しにくいと感じるでしょう。

今までの経験を活かせる業種だったり、面接官が納得できる転職理由であれば、必ずしも難しいとは限りません。

自分がなぜ転職を難しいと考えているのか、考えや思いを洗い出してみましょう。

仕事は辞めたいが転職したいとは思っていないから

https://twitter.com/hima_ota_1995/status/1528346808279527424

「仕事は辞めたいけれど転職活動は面倒くさい」「どうせいい転職先なんか見つからない」と感じているケースもあります。

仕事が嫌とはいえ、転職する気もないため、諦めて仕事をしている人も多いかもしれません。

仕事のどのような部分が嫌だと感じるのかを明確にすると、改善点が見えてくる場合があります。

今の仕事を客観視することで「やっぱり転職したほうがいいかも」と改心するきっかけになることも。

漠然と「仕事辞めたい」と考えるだけではなく、具体的に何が嫌なのかを明らかにしてみましょう。

【理由別】仕事辞めたいけど次がない場合の対処法3選

「仕事辞めたいけど次がない」と感じたときは、以下3つの対処法を参考にしてください。

自分が「次がない」と感じる理由ごとに、適切な対処法をとりましょう。

経済面の不安があるなら「在職中に転職活動をする」

退職してから転職活動を始めるのは、一時的に収入が途切れるリスクがあります。

そのため、経済面の不安が大きい人は、在職中の転職活動がおすすめです。

また、退職してから転職先を見つけるよりもブランクがなくなるため、有利に転職できるケースも多くなります。

ただし健康面に影響が出ている場合や、貯蓄に余裕があって一定期間無収入でも問題ないなら、退職してから転職活動をしても問題ありません。

経済面や健康面の状況に合わせて転職活動を始めるタイミングを調整しましょう。

もし在職中に効率良く転職活動をするなら、「リクルートエージェント」の活用がおすすめです。

取り扱う求人数は業界最大級で、どのような業種であってもあなたに合う転職先が見つかりやすいはず。

サポートは無料で受けられるので、効率的に転職先を探したいなら利用を検討してみてください。

 >> (無料)リクルートエージェントに登録する

転職が難しいなら「転職せずに現状を変えられる方法を探す」

30代後半以降で転職しようとする場合、求人数が少ない傾向があります。

特にキャリアチェンジの転職は難しい可能性が高くなるため、転職せず今の問題を解決することも視野に入れましょう。

例えば今の業務内容が向いていないと感じるなら、異動や関連会社への出向などで環境を変えるといった選択肢があるかもしれません。

転職先を探しつつ、転職以外の手段で仕事の不満を解消できないか考えてみましょう。

転職したいと思えないなら「自己分析で現状の整理から始める」

漠然と「仕事を辞めたい」と感じていると、なぜ辞めたいのか、自分の悩みや状況を正しく把握できていない可能性があります。

その場合は、自己分析で考え方や価値観を深掘りし、仕事の悩みや不満を言語化してみることが大切です。

今の会社で頑張るべきなのか、思い切って転職すべきなのかなど、今ある選択肢を洗い出してみましょう。

自己分析はツールを活用しておこなう方法もあります。

パーソルキャリアが提供する「ミイダス」の「コンピテンシー診断」では、自分の強みや弱み、価値観を詳しく分析してくれます。

診断は無料で利用できるため、自己分析に苦手意識のある方はぜひ活用してみてください。

ミイダス以外の自己分析ツールも比較したい方は、以下の記事を参考にするがおすすめです。

転職活動を始める前にやるべき3つのこと

実際に転職活動を始める前にやっておくべきことは以下3つです。

本章の内容を参考に、入念に準備を進めた上で転職活動に臨みましょう。

自分のスキルや経験の棚卸しをする

転職活動を本格的に始める前に経験・スキルを整理し、自分が希望する業種に検討をつけておく必要があります。

興味がある仕事の内容やポジション、求人探しで優先したい条件など、自分の考えをある程度決めておきましょう。

また、自分のスキルや経験は履歴書・職務経歴書に記載する必要があり、面接選考でも深堀りされる内容です。

自分が今までやってきたことやできることを言語化し、選考でアピールできるようにしておきましょう。

今後のキャリアをあらためて考える

今後のキャリアをあらためて考え、自分が転職活動で優先すべき条件を絞っておきましょう。

5年後、10年後、20年後に自分がなりたい姿を想像すると、転職活動で重視すべき要素が見えてくるはずです。

例えば、「自分は将来子育てとキャリアを両立したい」と考えるなら、育児休暇の取得や時短勤務制度が整っている転職先を探す必要があります。

また、フレックスタイム制のある会社やリモートワークが可能な業種へ転職する選択肢もあるでしょう。

今後のキャリアビジョンや、今の会社に就職した時と変わっている可能性もあります。

今の自分の気持ちや価値観を優先して考えてみましょう。

2〜3社の転職エージェントに登録する

自分に合う求人を効率よく見つけるためには、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントは、サービスごとに特徴や相性があります。

そのため、登録するエージェントは1社に絞るより、2〜3社同時に利用しましょう。

ユニークキャリアが転職エージェントを利用した1175人を対象に、エージェントの利用数を調査したところ、以下のようになりました。

ユニークキャリアの調査によると、転職エージェントは2~3社利用するのがちょうどいいと回答した人が半数以上いました
引用:転職エージェントを利用して転職した人の割合は何%?実際に利用した経験のある1,223人への調査で結果が明らかに【転職して年収アップの声多数】

「2社がちょうど良い」と答えた人は4割強、「3割がちょうどいい」と答えた人の割合は2割ほどいました。

転職エージェントの利用者は、半数以上が複数社に登録していたことがわかります。

効率良く転職先を見つけるためにも、2〜3社のエージェントに登録して活用しましょう。

例えば、求人数の多い「リクルートエージェント」と幅広い業種の求人を扱っている「ワークポート」のようにして、目的別に使い分けるのがおすすめです。

自分に合う仕事を探す時におすすめの転職エージェント3選

自分に合う仕事を見つけるには、以下3社の転職エージェントがおすすめです。

本章で紹介するエージェントを利用して、自分に合う転職先探しに役立ててみてください。

多くの選択肢から自分に合う転職先を探すなら「リクルートエージェント」

リクルートエージェント
出典:リクルートエージェント

多くの求人から自分に合った転職先を見つけるなら「リクルートエージェント」がおすすめ。

求人数は50万件以上(公開求人38万件以上、非公開求人21万件以上)と、業界トップレベルの求人を取り扱っています。

運営会社は人材企業大手のリクルートであり、転職実績・ノウハウが豊富で安心して利用できるのもメリット。

平日・土日や日中・夜間を問わずサポートを受けやすいため、在職中に転職活動をしたい人にも向いています。

年齢や希望業種にかかわらず、転職活動を始めた人は、まずリクルートエージェントに登録しておきましょう。

 >> (無料)リクルートエージェントに登録する

キャリアチェンジを目指すなら「ワークポート」

ワークポート
出典:ワークポート

異業種転職を希望するなら「ワークポート」に登録するのがおすすめです。

ワークポートは東京都品川区に本社を置き、全国に44拠点を保有する転職エージェントです。

幅広い業種の求人を豊富に取り扱っており、あなたに合う転職先が見つかりやすいでしょう。

また、ワークポートに在籍する転職コンシェルジュはそれぞれの業界・職種に精通しています。

最新の業界情報や知識を持っている転職コンシェルジュがあなたの異業種転職をしっかりサポートしてくれるでしょう。

キャリアチェンジを叶えたい人はぜひワークポートに登録してみてください。

 >> (無料)ワークポートに登録する

転職で高年収を狙うなら「ビズリーチ」

ビズリーチ
出典:ビズリーチ

ビズリーチ」は、職務経歴書を登録しておくだけで企業やヘッドハンターからスカウトが届く転職サービスです。

取り扱っている求人の3分の1以上が年収1,000万円以上であり、ハイクラス転職を目指す人におすすめ。

ビズリーチを導入している企業数は2024年1月末時点で2万8900社以上で、選択肢が豊富なのも特徴です。

企業やヘッドハンターから届いたスカウトを見て、自分の市場価値が分かりやすいのもビズリーチならではのメリットといえます。

年収アップを目指して転職を考えている人は、ビズリーチに登録しておきましょう。

 >> (無料)ビズリーチに登録する

まとめ|「次がない」と感じる理由を明確にして最適な選択を考えよう

「仕事辞めたいけど次がない」と悩んでいるなら、まずそう感じる理由を明らかにすることが大切です。

経済的不安があるなら在職中に転職活動をする、転職が難しいと考えているなら異動などの選択肢を考えるなどの解決策が挙げられます。

効率的に、かつ納得できる転職先を見つけるなら、「リクルートエージェント」の利用がおすすめ。

業界最大級の求人数を誇り、あなたに合った求人が見つかるはずです。

この記事を読んで「今の会社で頑張ってみる」「転職先を決めてから辞める」など、あなたに合った選択肢を見つけられれば嬉しく思います。

仕事辞めたいけど次がない時によくあるQ&A

仕事辞めたいけど次がないときはどうしたらいいですか?
なぜ「次がない」と感じるのかを明確にし、状況に合った対策を取りましょう。
例えば、年齢や過去の転職回数が理由で「次がない」と考えているなら、異動など転職以外で今の問題を解決できないか考えてみます。
また、今までの経験を活かせる業種や、一貫した理由であれば、年齢や回数を気にせず転職できるケースもあります。
転職できるのか自分で判断できない場合は「リクルートエージェント」に登録し、キャリアアドバイザーからアドバイスを受けてみましょう。
次を決めずに仕事を辞めるのはアリですか?
仕事が原因で健康面に影響が出ている場合や、経済的にある程度余裕がある状況であれば、退職してから転職先を探してもいいでしょう。
ただし貯金を切り崩しながらの転職活動をするのは、焦りやプレッシャーが大きくなるリスクがあります。
可能であれば在職中に転職活動を進めておくことをおすすめします。

ホーム / インタビュー / キャリアコラム / 私たちについて / お問い合わせ / インタビュー依頼

一般社団法人キャリア協会

法人番号:1013305003442
運営協力:ユニークキャリア株式会社

プライバシーポリシー

© 2023 一般社団法人キャリア協会