登録してはいけない派遣会社6つの最悪な特徴【ワースト体験談】

登録してはいけない派遣会社を知りたい
派遣会社を選び間違えたらどうしよう…
なるべく転職活動で失敗したくない

上記のように考えている職場を変えたい方や、子育て中の女性も多いのではないだろうか。

結論、登録してはいけない派遣会社は「求人の詳細があいまい」という特徴がある。

もっと具体的に知りたい方は、すぐに「登録してはいけない派遣会社の6つの特徴」を見てほしい。

また、もし派遣会社を選ぶのが難しければ、世界60か国以上に拠点があり、多様な業種・職種をカバーしている「アデコ」を利用すれば失敗はない。

本記事では、登録してはいけない派遣会社の特徴や見分け方を解説していく。

もし優良な派遣会社に登録したいと考えているなら、記事を読んで少しでも行動を起こそう。

以下におすすめの優良な転職エージェントをまとめておく。

エージェント名おすすめできる理由リンク
adecco
アデコ
スキルアップのためのプログラム「Adecco Academy」
がある。
求職者の想いを大切にする「ビジョンマッチング」
を丁寧に実施している。
詳しく見る
テンプスタッフ
テンプスタッフ
福利厚生が充実している。
業界最大級で仕事探しから決定後のアフターフォローもある。
詳しく見る
ランスタッド
ランスタッド
世界最大手の人材派遣会社で
フルリモートワークの求人を完備している。
詳しく見る
リクルートスタッフィング ロゴ
リクルートスタッフィング
大企業との取引がある。
派遣社員が選ぶ満足度調査において
8部門で1位を獲得している。
詳しく見る

この記事の要約・まとめ

以下の6つに当てはまる場合は、注意したほうがいいだろう。

  1. 業界を絞って特化している会社
  2. 勤務先の詳細がまったくわからない
  3. 中小企業の派遣会社なのに求人が多い
  4. 求人の対象者や必要スキルが明確でない
  5. 求人で未経験OKなのに詳細がわからない
  6. 求人で未経験OKなのに経験者に向けた説明がある

詳しくは「登録してはいけない派遣会社の6つの特徴」を見てほしい。

なお反対に、以下の派遣会社は「優良派遣事業者」の認定を受けており、安心して利用できる。

迷う方は登録してみるといいだろう。

評判が良く安心して利用できる「優良派遣事業者」

「大手の派遣会社」「紹介予定派遣が多いか」の2点が当てはまれば、優良である可能性が高い。

企業から信頼されていなければ大手の派遣会社には成長できない。

また正社員になれる「紹介予定派遣」があるのも、企業から信頼されている証だ。

たとえば「アデコ」なら、世界大手の人材派遣会社であり、2023年12月時点で「紹介予定派遣」が2,266件と多い。

>> (無料)アデコに登録する

身体や精神を壊される可能性がある。

実際、厚生労働省が行った調査によれば、派遣社員に限らず「こころの病気」に罹患する人は年々増加している。

2002年には194万だった患者数が2017年には290万になっており、15年で100万人も増加している。

人口が減っているのに患者数が増えているのだ。

したがって「やばい派遣会社に当たりたくない」「仕事のストレスを減らしていきたい」と気にするのはおかしなことではない。

登録してはいけない派遣会社の6つの特徴

登録してはいけない派遣会社には、以下の6つの特徴がみられる。

なお具体的に「ブラックな派遣会社」を知りたい場合は、厚生労働省の報道資料が役立つ。

報道発表資料の各月をクリックし、「労働者派遣法違反」で検索すれば、該当資料が出てくる。

この発表資料に掲載された企業には、十分注意したほうがいいだろう。

業界を絞って特化している会社

案内できる業界を絞っている会社は、派遣できる案件が少なく、転職先があまり見つからない可能性がある。

中小企業の派遣会社が業界を絞るのは、大手の派遣会社と差別化するためだ。

しかし差別化して扱う案件が少なくなってしまうと、無理にでも求人を紹介しなければ利益が出ない。

そのため強引な求人案内につながるのだ。

そもそも業界を絞ったとしても、大手より質のよい求人を保有しているとは限らない。

最低でも1社は大手の派遣会社を利用し、無理な求人案内をされるリスクを減らそう。

アデコ」であれば世界最大手の派遣会社なので、安心して利用できる。

決まった派遣会社が決まっていないなら、登録して求人を眺めてみよう。

>> (無料)アデコに登録する

勤務先の詳細がまったくわからない

勤務先について詳しい説明がない場合、企業にしっかりヒアリングできていないか、説明できないほどブラックな可能性がある。

また仕事内容から当然わかる内容ばかり記載されている場合も要注意だ。

要注意な求人の記載
  1. 仕事内容がわからない
  2. 項目とは異なる内容が書かれている
  3. 一般的な仕事内容しか書かれていない

たとえばIT系の求人で、勤務先の欄に「バックエンドのシステム開発・管理など。駅が近く利便性が高い」と書かれていたとする。

上記の場合「オフィスが駅に近い」ことしかわからない。

また、仕事内容も詳細が不明だ。

求職者が知りたいことをまったく掲載できていないので、避けたほうがいいだろう。

なお「アデコ」では職場について、以下のような詳細な情報が見られる。

部署の人数や引き継ぎ期間についてわかるのは、派遣される立場としてありがたい。

中小企業の派遣会社なのに求人が多い

中小企業の派遣会社は、大手に比べて担当者が少ないことが多い。

しかし担当者が少ないまま保有する求人を増やしていけば、手厚いサポートは難しくなる。

担当者が少ないと起こるトラブル
  1. 担当者1人あたりのサポート数が多く対応が送れる
  2. 企業との交渉ができず希望条件が実現しにくくなる

一方、大手の派遣会社であれば、担当者ひとりあたりのサポート人数が少ない。

スピード感のある手厚い対応をしてもらえるだろう。

たとえば「アデコ」であれば、世界最大級の求人数を保有しており、希望すればスキルアップの研修カリキュラムも受講できる。

手厚さは抜群だ。

>> (無料)アデコに登録する

求人の対象者や必要スキルが明確でない

対象者や必要スキルが明確でない場合、その求人を出している派遣会社には気をつけたほうがいいだろう。

登録者が詳しい内容を知らずに派遣先へ行き、困ってしまうケースも考えられる。

普通であれば、このような困った事態におちいらないよう、十分な説明があるはずだ。

明確な説明がない場合は、派遣社員に対する配慮がなく、扱いもよくない可能性が高い。

避けた方がいいだろう。

なお「アデコ」は、以下のように歓迎する経験やスキルを表で掲載している。

アデコ求人票

上記のようにひと目でわかるので、派遣社員の立場としてはありがたい。

求人で未経験OKなのに詳細がわからない

「未経験OK」なのに詳細がわからない求人を出している派遣会社は、気をつけたほうがいいだろう。

企業に丁寧なヒアリングをしてないか、適当な仕事をしている可能性が高い。

未経験OKならば、未経験者が安心して応募できるように、詳細な説明を記載するはずだ。

求人に詳細がなく、応募してみないとわからない場合は、派遣社員のことを大切な人材だと考えていない可能性がある。

求人で未経験OKなのに経験者に向けた説明がある

「未経験OK」で詳細も記載されているが、明らかに高いスキルを求められている場合がある。

「未経験」の言葉で注目してもらい、人を集めたいという派遣会社の思惑が感じられる。

注目されるために使われがちな言葉
  1. 学歴不問
  2. 未経験OK
  3. 初心者歓迎
  4. スキル不要
  5. 社会人経験なしOK

実際は「経理経験あり」「◯◯◯の資格必要」と記載すべきなのに、閲覧数を増やすためだけに「未経験OK」と騙そうとするのは誠意がない会社だ。

なお世界大手の「アデコ」の求人なら、未経験歓迎でも研修や見通しが立てられる説明が記載されている。

アデコ

上記のような求人を選んで応募すれば失敗しないだろう。

>> (無料)アデコに登録する

【体験談】登録してはいけない派遣会社のブラックな現状

実際にブラックな派遣会社に登録した人の体験談では、次のような事態に陥っている。

ブラックな派遣会社
  1. 契約更新の連絡が来ない
  2. 福利厚生が整っていない
  3. 保険証が届かない

まずブラックな派遣会社は基本的にスタッフが足りず、登録者に対してサポートができない。

そのため契約更新が迫ってきても、余裕をもって連絡が来ることはなかったとのこと。

問い合わせても、担当者が不在で折り返し。

しかし、折り返しの連絡はなく、気がついたら更新されていたという。

このスタッフ不足が福利厚生の手続きにも影響しており、有給休暇の日数を問い合わせても不明だったり、保険証が届かず医療費が全額負担になったりしたようだ。

安心して働くために派遣会社に登録したはずが、不安を生んでしまっている。

ブラックな派遣会社に登録すると、上記のようなスタッフのサポート不足に悩まされるだろう。

なおこの体験は、YouTube動画を参考にまとめたものだ。

登録してはいけない派遣会社を見抜く7つのポイント

登録してはいけない派遣会社を見抜くには、以下のポイントを意識しよう。

事務の求人が多いか

事務の求人が少ない派遣会社には気をつけたほうがいいだろう。

大手の派遣会社である「テンプスタッフ」のエントリー数で見ると、事務職は登録者でも人気があるため、どの派遣会社も多く取り扱いたいところだ。

しかし人気の求人が確保できないということは、派遣会社の営業活動がうまくいっていない可能性がある。

企業との信頼関係を築けていない可能性もあるので、注意が必要だ。

なお事務職の求人を探したい方は「ランスタッド」と「テンプスタッフ」がおすすめだ。

2023年12月7日時点の求人数を以下にあげる。

派遣会社事務職の求人数
アデコ5,725件
ランスタッド7,629件
テンプスタッフ40,667件

福利厚生が充実しているか

有給について詳細に明記されている派遣会社は信頼性が高い。

ブラックな派遣会社の場合、有給が使える日数について明確にしていない求人や、設定はあってもなかなか使わせてもらえないケースも見られる。

もちろん派遣社員であっても権利が保証されているので、問題なく利用が可能だ。

福利厚生を重視するなら、以下の福利厚生が利用できる「テンプスタッフ」がいいだろう。

テンプスタッフの福利厚生
  1. 育児休業
  2. 介護休業
  3. 産前産後の休業
  4. 健康診断(無料)
  5. 有給休暇(6ヶ月以上勤務で付与)

派遣社員でも上記のような手厚いサポートを受けられるのは嬉しい。

全国展開している派遣会社か

全国展開している派遣会社は歴史と実績がある大手なので、企業としての信頼性が高い。

派遣先や求職者とトラブルがあるような企業は中小企業から成長できないはずだ。

また大手の派遣会社は、経験豊富な担当者が在籍していたりコンプライアンスの整備がされていたりする。

信頼性を重視するなら「アデコ」に代表される大手を利用するといいだろう。

アデコは世界60か国以上に拠点がある世界最大級の派遣会社だ。

歴史と実績という点では間違いない。

紹介予定派遣の案件が多くあるか

紹介予定派遣とは、一定期間の後に直接雇用を予定している求人のことだ。

紹介予定派遣の求人が多いのは、人材雇用に積極的な企業が多い証拠でもある。

派遣会社が企業から信頼されている証拠でもあるので、見分ける目安になるだろう。

たとえば「アデコ」であれば、関東の紹介予定派遣の求人が2,000件を超える多さだ。

派遣会社紹介予定拝見の求人数
アデコ2,266件
ランスタッド1,106件
テンプスタッフ6,710件
2023年12月時点

企業から信頼されている派遣会社と言えるだろう。

資格やスキルの習得支援があるか

資格やスキルを学べる環境が充実している場合、登録者のことを考えた運営がされていると考えてよい。

登録者が知識やスキルを学ぶことは、派遣会社にとってもプラスとなる。

支援があるということは、長期的に派遣で働いてもらいたいという会社の理念を表している。

登録者にとって安心して利用できる派遣会社だ。

なお「アデコ」には研修サポートが用意されており、課題解決力やDigitalリテラシーが学べる。

アデコの研修サポートで学べる内容
  1. ビジネスマナー
  2. コミュニケーションスキル
  3. セルフマネジメント
  4. テレワークスキル
  5. 課題解決力
  6. Digitalリテラシー

スキルアップをしながら派遣社員として働きたいなら、利用を検討してみよう。

同じ求人が長く掲載されていないか

同じ求人が長く掲載されている派遣会社は注意が必要だ。

同じ求人が長く掲載されている場合、紹介がうまくいっていないか、よほど条件の悪い求人を取り扱っているかのどちらかだ。

どちらにしても順調に運営できていない可能性がある。

できるだけ掲載される求人が入れ替わっている派遣会社を選ぼう。

優良派遣事業者に登録されているか

厚生労働省の委託機関が「優良派遣事業者」を認定している。

この認定は厳しい調査と審査を受けた事業者しかもらえないため、信頼性が高い証拠と言える。

優良派遣事業者の認定を受けているおもな企業を以下にあげる。

優良派遣業者の認定を取得済み
  1. パソナ
  2. アデコ
  3. ランスタッド
  4. テンプスタッフ
  5. マンパワーグループ
  6. リクルートスタッフィング

信頼できる派遣会社か見分けられないと感じるなら、次にあげる4社を利用するといいだろう。

4社いずれも「優良派遣事業者」の認定を受けている。

【優良】おすすめの派遣会社4選

おすすめできる優良な派遣会社は以下の4つ。

なお上記の派遣会社は、厚生労働省の委託機関による「優良派遣事業者」の認定を受けており、安心して利用できる。

選択肢を広げるなら「アデコ」 

アデコ
おすすめな人選択肢を広げておきたい人
特徴・専任のアドバイザーがつくので安心
・キャリアサポートのカリキュラムが充実
・検索時に平均時給がわかるので選びやすい
派遣求人数14,927件
対応地域全国
運営会社アデコ株式会社
公式サイトhttps://www.adecco.co.jp/
2023年12月時点 ※公式ページに記載

アデコは、選択肢を広げておきたい方におすすめの派遣会社だ。

本拠地をスイスにもつ世界最大級の派遣会社で、日本企業だけでなく外資系の派遣求人も扱っている。

求職者に対するスキルアップのサポートも手厚い。

たとえば「課題解決力」や「Digitalリテラシー」を高めるカリキュラムが用意されており、2週間の期間限定だが体験プログラムを試せる。

派遣社員として働きながらスキルアップを目指したい人には、ピッタリな派遣会社と言えるだろう。

>> (無料)アデコに登録する

福利厚生重視なら「テンプスタッフ」

テンプスタッフ
おすすめな人福利厚生を重視する人
特徴・福利厚生が充実しており安心
・業界最大級の求人数で選択肢が多様
・2022年「派遣スタッフが選ぶ!派遣会社満足度ランキング」
 総合満足度1位(※)
派遣求人数49,998件
対応地域全国
運営会社パーソルテンプスタッフ株式会社
公式サイトhttps://www.tempstaff.co.jp/
2023年12月時点 ※公式ページに記載

テンプスタッフは、福利厚生を重視する方におすすめの派遣会社だ。

たとえば以下の福利厚生サービスが利用できる。

  1. 育児休業
  2. 介護休業
  3. 産前産後の休業
  4. 健康診断(無料)
  5. 有給休暇(6ヶ月以上勤務で付与)

その他にも「リフレッシュ&エンジョイ」というライフサポート制度やカルチャー講座のサービスが利用できる。

派遣社員で給料を調整しながら働きつつ、子育てと両立させたい方にピッタリな派遣会社だ。

詳しくはテンプスタッフの「給与・福利厚生」を参照してほしい。

>> (無料)テンプスタッフに登録する

希望の職種が決まっているなら「ランスタッド」

ランスタッド
おすすめな人希望する職種が明確な人
特徴・検索条件が細かく、希望の求人が探しやすい
・オフィスワークやIT関係に強みあり
派遣求人数11,809件
対応地域全国
運営会社ランスタッド株式会社
公式サイトhttps://www.randstad.co.jp/office/
2023年12月時点

ランスタッドは、希望する職種が明確な方におすすめだ。

職種ごとに細かな分類がされており、求人を見つけやすい。

たとえば事務・オフィスワークは26種類に分類されており、ピンポイントで希望する求人にたどりつけるだろう。

また、紹介予定派遣や正社員の求人もあわせて掲載されている。

正社員を目指したい方はチェックしておこう。

スキルアップサポートやワーキングマザー支援など、キャリア支援のサービスが多いのも嬉しい。

>> (無料)ランスタッドに登録する

大企業で働くなら「リクルートスタッフィング」

リクルートスタッフィング
おすすめな人大企業や首都圏での派遣を目指す人
特徴・大手企業や法人との取引実績が多数あるため安心
・手続きがオンラインで完結できて手軽
派遣求人数7,818件
対応地域東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
運営会社株式会社リクルートスタッフィング
公式サイトhttps://www.r-staffing.co.jp/
2023年12月時点

リクルートスタッフィングは、大企業で働きたい方におすすめの派遣会社だ。

たとえば以下への派遣実績がある。

  1. 学校法人早稲田大学
  2. 株式会社リクルートホールディングス
  3. 株式会社サイバーエージェント
  4. 楽天グループ株式会社
  5. ヤフー株式会社

上記のような有名企業で働くことでノウハウを吸収し、ステップアップにつなげられる。

大企業で働きたいなら、リクルートスタッフィングを活用してみよう。

>> (無料)リクルートスタッフィングに登録する

まとめ|派遣会社の登録は大手に登録すれば不安がなくなる

派遣会社は、適当に選ぶと「事前の案内と話が違う」「対応が悪かった」という事態におちいりやすい。

時間と労力を無駄にしないためにも、安心して利用できる大手の派遣会社を1つは利用しよう。

迷う方は、派遣会社の世界的な大手であり、思い描くキャリアとのマッチングを重視してもらえる「アデコ」をおすすめする。

希望する職種が決まっている場合は、その職種に特化した派遣会社+大手の派遣会社を組み合わせて利用するといいだろう。

まだどこの派遣会社がいいか迷う方は、「【優良】おすすめの派遣会社4選」を読んでほしい。

そして行動を起こそう。

よい求人と出会えるかはタイミングの問題でもあるので、少しでも早く登録し、求人と出会えるチャンスを増やしておこう。

>> (無料)アデコに登録する

派遣会社に登録するときのQ&A

派遣会社に登録しすぎたら問題ですか?
まったく問題ない。
むしろ派遣会社によって案内される求人は異なるため、複数登録しておいたほうが視野が広がる。
なお日本人材派遣協会の調査によれば、約7割の人が2社以上に登録しているとのこと。
「同じ仕事の案内がきたらどうしよう」と考えるかもしれないが、どの会社を選んでも不利益はない。
3社ほどであれば、登録しても不都合は感じないだろう。
登録してはいけない派遣会社に登録済みですがどうしたらいいですか?
放置せず、派遣登録を削除してもらおう。
派遣会社の問い合わせフォームから連絡し、個人情報も含め削除を依頼しよう。
なお運営がしっかりしていない登録会社の場合、連絡しても削除してくれない可能性がある。
念のため、対応してくれた担当者の氏名を聞いておくとよいだろう。
一般社団法人キャリア協会

法人番号:1013305003442
運営協力:ユニークキャリア株式会社

© 2023 一般社団法人キャリア協会