人はなぜ働くのか?お金か生きがいか13人の声から検証してみた

なぜ人は働かなくちゃいけないの?
自分の好きなことでお金を稼ぐなんて無理だよね……。
収入を維持しながら好きな仕事をするにはどうしたらいい?

この記事を読んでいるあなたは、日々の仕事に追われ「そもそも自分はなぜ働くのだろう」と疑問に思っているのではないでしょうか。

忙しくて自分の時間が思うように取れないと、なんのために働いているか分からなくなり、虚しさを感じることもあるかもしれません。

結論、大半の人はお金を得るために働いています。

しかし本音では、やりがいや成長を重視したいと感じている人も多くいます。

そのため、収入を得つつ自分のやりたい仕事や向いている仕事で稼げるのが理想といえるでしょう。

もしあなたが働きながら自分に合う仕事を見つけたいなら「リクルートエージェント」を利用して転職活動をするのがおすすめです。

本記事では人が働く理由や、収入を得ながらやりたい仕事に挑戦する方法を解説しています。

最後まで読めば、お金のために心身をすり減らしながら働く日々から抜け出す方法が見つかるはずです。

>> (無料)リクルートエージェントに登録する

A 経済的安定のために働いている人が大半です。

しかし建前上は「お金のため」に働いているものの、本音では「自分のため」に働きたいと考える人も一定数います。

とはいえ、やりがいや成長を感じられる仕事をしたいと思っていても、収入の懸念や周囲の反対から、行動に移せない人も多いようです。

自分が興味のある分野で稼げるようになるなら、副業からチャレンジしてみたり「SHElikes」のようなスクールでスキルを身につけるのがおすすめです

>> (無料)SHElikesの体験レッスンに申し込む

A 副業から始めるなど、収入を安定させながら経験を積むことが大切です。

知識やスキルを身につけ、軌道に乗ったタイミングで独立や転職を検討してみましょう。

もし転職するなら、収入が途切れないよう在職中に転職先を見つけておくことをおすすめします

リクルートエージェント」を利用すれば平日の夜間や休日にもキャリアアドバイザーからサポートを受けられます。

電話やオンラインでの相談も可能なので、忙しくても効率よく転職活動を進めたい人は活用してみましょう。

>> (無料)リクルートエージェントに登録する

人はなぜ働くのか?みんな経済的安定のために働いている【調査で判明】

結論として、多くの人は毎日の生活費や将来に向けた貯蓄など「経済的安定」のために働いています。

しかしお金を稼ぐためだけに働くことにストレスを感じる人も多いです。

実際SNSには「生活のためにはお金が必要だが、できればやりたいことで稼ぎたい」と悩む人が見られました。

https://twitter.com/cloud10designs/status/1765695321529885144?s=20

本章では人が働く目的についての一般的な意見やよくある悩みについて解説しています。

今の仕事や働き方に悩んでいる人は、参考にしてみてください。

お金のために働いている人が大半

内閣府の「国民生活に関する世論調査」では、働く目的について以下のような結果が出ています。

目的回答割合
お金を得るため63.3%
生きがいを見つけるため14.1%
社会の一員として務めを果たすため11.0%
自分の才能や能力を発揮するため6.7%
引用:内閣府|令和4年度 国民生活に関する世論調査
調査対象:全国18歳以上の日本国籍を有する男女(3,000人)

「お金」のために働く人が全体の6割、社会貢献や自己実現など「自分」のために働く人が3割でした。

つまり、労働をしている人の大半は「経済的安定」が目的で働いているといえるでしょう。

働く目的の理想と現実のギャップに悩む人は多い

建前上は「お金のため」に働いているものの、本音では「自分のため」に働きたいと考えている人もいます。

SNSには、やりたい仕事と稼げる仕事の違いについて悩んでいる人の投稿がありました。

https://twitter.com/yaneurakoiya/status/1760859859615113579?s=20

このように「お金のため」と我慢して自分が好きではない仕事をしている人も、少なからず存在します。

その結果「人はなぜ働くのか?」「自分が働いている意味は何だろう?」と、大きなストレスを抱えてしまいます。

お金以外を重視して働くのが難しいと感じる4つの理由

「お金以外の目的で働くのは難しい」と感じる理由は、主に以下4つが挙げられます。

働く目的を見失って悩んでいる人は、自分が抱えている悩みを整理しながら読み進めてみてください。

生活水準を下げたくないから

自分にとって「やりがいがある」と感じる仕事は、必ずしも高い収入を得られるとは限りません。

そのため自分のやりたい仕事を優先すると、今よりも収入が大きく減り、生活水準が大きく下がるリスクがあります。

やりたい仕事と今の生活を天秤にかけた結果、自分のやりたいことを我慢して生活の安定を優先する人は多くいます。

実際SNSにも「やりたいことはあるが、今の生活水準を下げたくない」と悩む人の声がみられました。

知識も経験もなく自分のやりたい仕事にチャレンジすると、収入源を失って生活に困ってしまう可能性があります。

生活水準を維持しつつ稼げるようになるには、副業から始めて経験やスキルを積んでから本業にするなど、下積み期間を設けることが大切です。

周囲からの理解を得られないから

自分では覚悟が決まっていても、家族などから反対されてしまい、やりたいことをやれないケースがあります。

https://twitter.com/_KUJIRACTION_/status/1590191623543328768?s=20

特に家計を支える立場の人は、やりたいことよりも収入の安定を優先して働いていることが多いかもしれません。

やりたい仕事に対して周囲から理解してもらえない場合、今後の生活やあなた自身を心配しているケースがほとんどです。

そのため、自分の意思や将来の具体的なプランを明確にし、時間をかけて説得を続ける必要があります。

失敗するのが怖いから

やりたい仕事で稼ぎたいと思っていても、失敗を恐れてチャレンジできないケースがあります。

特に未経験の業界や職種の仕事である場合、知識やスキルに自信が持てず、挑戦する勇気が出ない人もいるでしょう。

SNSにも、失敗するのが怖くてチャレンジできず悩む人の声が見られました。

「楽観的思考になれない」「保守的になってしまう」といった気持ちがあり、行動に移せない人が多いようです。

収入が途切れても生活に困らないよう貯蓄をしてから挑戦する、まずは副業から始めるなど、リスクヘッジをしながら挑戦することをおすすめします。

そもそもやりたいことがないから

「お金のために働くのはしんどい」と感じているものの、特にやりたい仕事もなく、漠然と悩んでいる人もいます。

やりたい仕事を探すことから始めるのは労力が必要であり、億劫に感じて行動できないケースも多いでしょう。

SNSにも、そもそもやりたい仕事が分からず悩んでいる人の投稿がありました。

やりたい仕事がないと感じる人は、自分に向いていそうな仕事を探すのがおすすめです。

適性のある仕事に就くことで、たとえ現時点で興味がなくても、後からやりがいがついてくる可能性があります。

自分が活躍できる仕事を見つけるなら「ミイダス」のコンピテンシー診断を受けてみるのがおすすめ。

コンピテンシーとは「行動特性」を意味する言葉で、適性が高い職種やマネジメント資質などを細かく分析してくれます。

分析結果を見た企業からスカウトを受け取れる機能もあるため、自分が向いている求人を具体的に知れるのもメリットです。

自分に向いている仕事を探したいならぜひ活用してみてください。

>> (無料)ミイダスに登録する

収入を得ながらやりたい仕事にチャレンジする3つの方法

収入の不安を解消しつつやりたい仕事にチャレンジするには、以下3つの方法を試してみましょう。

収入を得ながらやりたい仕事にチャレンジする3つの方法

「好きな仕事で稼ぎたいけれど自分には無理かも」と諦めていた人は、本章で紹介する方法で再チャレンジしてみてください。

まずは副業から始めてみる

副業OKの会社員なら、まずは副業としてやりたい仕事にチャレンジしてみてもいいでしょう。

特に未経験の業界や職種の場合、収入が急に途切れないためにも、副業から始めるのがおすすめです。

また、副業であれば万が一上手くいかなくても収入は安定するため、安心してやりたいことに挑戦できるのがメリット。

副業として知識やスキルを身につけ、軌道に乗ったタイミングで独立や転職を検討してみてください。

Webデザインやマーケティングなど興味のある分野のスキルを仕事にしたいなら「SHElikes」がおすすめ。

コースの受講だけでなく、月1回コーチングを受けられるので、継続して学びやすいのが特徴です。

ぜひ一度無料体験レッスンを申し込んでみてください。

>> (無料)SHElikesの体験レッスンに申し込む

在職中に転職活動をする

副業でチャレンジするのが難しい場合や、すぐにやりたい仕事を見つけたい人は、在職中に転職活動を進めるのがおすすめです。

仕事を辞めてから転職活動をする場合、貯金を切り崩しながら生活する必要があります。

収入が途絶えると不安や焦りが大きくなり、転職活動に集中できなくなる可能性も。

在職中に転職活動を進めれば、自分のやりたいことを模索しつつ、じっくりと転職先を見極められるはずです。

リクルートエージェント」を利用すれば、転職のプロであるキャリアアドバイザーから自分に合いそうな求人の紹介を受けられます。

忙しい人でも転職活動を効率良く進められるため、ぜひ登録しておきましょう。

>> (無料)リクルートエージェントに登録する

やりたい仕事に役立つ資格を取得する

自分がやりたい仕事や興味のある分野の資格を取得するのも良いでしょう。

すきま時間を活用して資格取得の勉強を進めれば、仕事をしながらやりたい仕事に向けて準備できます。

収入面を気にせず知識やスキルを身につけられるため、リスクが少ないのもメリットです。

また、資格を取得していれば、未経験の業界や職種でも有利に転職できる可能性がアップするでしょう。

異業種で収入が下がってしまうのが不安な人は、まずその業界や職種で役立つ資格を取得することから始めてみてください。

資格取得を目指すなら「ユーキャン」の通信講座を受けるのがおすすめです。

ユーキャンではテキストだけでなく「学びオンラインプラス」というWebサイトでも学習を進められるのが特徴。

スマホやPCで講義動画の視聴やWebテストの受検が可能なので、通勤中などすきま時間を有効活用して勉強に取り組めます。

また、分からないことがあればWebサイトから講師に質問できるのもユーキャンならではのメリットです。

独学が不安な人は、ぜひ無料の資料を参考に、受講を検討してみてください。

>> (無料)ユーキャンで資料請求をする

働きながら転職活動をしたい人が利用すべきサービス3選

働きながら自分のやりたい仕事に向けて行動したいなら、以下3つのサービスがおすすめです。

働きながら転職活動をしたい人が利用すべきサービス3選

本章で紹介するサービスを活用して、効率良く転職活動を進めてみてください。

効率良く転職活動を進めたいなら「リクルートエージェント」

リクルートエージェント 人はなぜ働くのか おすすめ 転職 エージェント サービス
出典:リクルートエージェント

在職中に転職活動を進めるなら「リクルートエージェント」に登録するのがおすすめです。

公開求人は38万件以上、非公開求人は22万件以上取り扱っているため、あなたに合う条件の転職先が見つかりやすいでしょう。

求人紹介だけでなく書類添削や模擬面接などの選考対策までサポートしてもらえるので、初めて転職する人でも安心できるはず。

また、平日だけでなく土日、夜間でもキャリアアドバイザーとの面談が可能なので、在職中でも利用しやすいのがメリットです。

忙しくても効率良く転職活動をしたい人は登録しておきましょう。

>> リクルートエージェントに登録する

自分の市場価値を知りたいなら「ビズリーチ」

ビズリーチ 人はなぜ働くのか おすすめ 転職 エージェント サービス
出典:ビズリーチ

自分の市場価値を理解し、今よりも向いている仕事に出会いたい人は「ビズリーチ」を活用してみましょう。

ビズリーチに自分の経歴やプロフィールを登録しておけば、それを見た企業から直接スカウトが届く可能性があります。

現在の経験やスキルがどのような企業で通用するのか、リアルな市場価値を知ることが可能です。

「そもそもやりたい仕事がない」と悩んでいる人は、自分が活躍できそうな業界や職種を探してみましょう。

スカウトされた企業の求人を参考に、自分に向いている仕事を考えてみてもいいかもしれません。

興味があるスカウトがあれば応募することも可能なので、ぜひ活用してみてください。

>> (無料)ビズリーチに登録する

興味のあることを仕事にしたいなら「SHElikes」

人はなぜ働くのか おすすめ 転職 エージェント サービス SHE likes シーライクス
出典:SHElikes

Webデザインやマーケティングなど、クリエイティブな仕事に興味があるなら「SHElikes」がおすすめです。

SHE likesでは全45以上の学習コースを取り扱っており、興味のある分野の知識や実践的スキルをオンラインで学べるのがメリットです。

例えば、以下のようなコースが用意されています。

  • Webデザイン
  • マーケティング
  • ライティング
  • Webディレクター
  • 起業
  • プログラミング入門 など

月に1回コーチングがあり、コーチや他の受講者とともに自分の目標やキャリアプランを見直せるため、挫折せず継続しやすいのが強みです。

Web系やクリエイティブな職種に興味があり、知識やスキルを身につけてからチャレンジしたい人はぜひ無料体験レッスンを受講してみてください。

>> (無料)SHElikesの体験レッスンに申し込む

まとめ|収入を得ながら自分のために働ける仕事を見つけよう

人が働く理由の大半は「お金を得るため」です。

しかし本音では、やりがいや成長を重視して働きたいと感じており、理想と現実のギャップに悩む人もいます。

収入を得つつ自分のやりたい仕事を見つけるには、副業や資格取得にチャレンジする、あるいは在職中に転職活動を始めましょう。

効率良く自分に合う転職先を見つけるなら、業界最大級の求人数を取り扱う「リクルートエージェント」に登録して転職活動のサポートを受けるのがおすすめ。

この記事を読んだあなたが、お金だけでなく、自分のやりがいや成長を重視して働ける仕事を見つけられれば嬉しく思います。

「人はなぜ働くのか」についてよくあるQ&A

人はなぜ働くのでしょうか?
内閣府の「国民生活に関する世論調査」の結果、お金のために働く人が6割、やりがいや自己成長のために働く人が3割でした。
しかし実際には「やりたい仕事」と「稼げる仕事」の違いに悩む人も多くいます。
収入を得ながら好きな仕事ができれば、目的を見失わず前向きに働けるでしょう。
お金以外に働く理由は何でしょうか?
お金以外に働く目的は、以下の3つが挙げられます。

・生きがいを見つけるため
・社会の一員として務めを果たすため
・自分の才能や能力を発揮するため

引用:内閣府|令和4年 国民生活に関する世論調査

お金目的で働いている人が多数派ですが、お金以外を重視して働く人も一定数います。
一般社団法人キャリア協会

法人番号:1013305003442
運営協力:ユニークキャリア株式会社

© 2023 一般社団法人キャリア協会