なんのために働くのか?分からなくなったら試すべき3つの解決策

なんのために働いているのか分からない……。
お金のために仕事をしているけれど、このままでいいのだろうか。
働く目的ってそもそも必要なのかな?

この記事を読んでいるあなたは、毎日の仕事に嫌気が差し、働く目的を見失っているのではないでしょうか。

お金や生活のためだと割り切っているつもりでも、興味のない仕事を続けるのは精神的につらいと感じる人も多いはず。

結論、なんのために働くのかは、人によって異なります。

ただしお金だけのために働き続けるのはリスクが伴うため、自分に合う仕事を見つけ、充実感を持って働けるのが理想です。

自分に合う仕事を見つけたいなら「リクルートエージェント」を利用して転職活動を進めることをおすすめします。

本記事では働く目的や充実感のある仕事を見つけるまでの具体的な手順を紹介しています。

最後まで読めば、あなたの仕事に対する価値観が整理できて、今後どのような行動を起こすべきか分かるはずです。

>> (無料)リクルートエージェントに登録する

A 内閣府が実施した「令和4年度 国民生活に関する世論調査」によると、約6割の人はお金のために働いているようです。

しかしお金のためだと割り切って仕事をしていても、自分に合わない仕事を続けていると精神的につらくなってしまうでしょう。

自分に合った仕事を見つけ、毎日充実感を持って働くのが理想といえます。

充実感のある仕事を見つけたいと考えているのなら「リクルートエージェント」に登録して転職活動を進めるのが良いでしょう

開求人数38万件以上、非公開求人数22万件以上を保有する業界最大級の転職エージェントです。

多くの選択肢から自分に合う求人を選ぶことができるため、理想の転職先が見つかりやすいので、とりあえず無料で登録するのをおすすめします。

>>  (無料)リクルートエージェントに登録する

A 自分に合う仕事を探すには、以下の手順を試してみてください。

もし今の仕事を辞めて転職すべきだと判断したら「リクルートエージェント」などのサービスを活用して、自分に向いている転職先を探してみてください

なんのために働くのか?多くの人は「お金のため」に働いている

結論、働く目的や理由は人によって異なりますが、一般的にはお金のためと考える人が多数派です。

X(旧Twitter)上でも、なんのために働くのか分からないと悩む人の投稿が多く見られました。

本章では働く目的についての一般的な意見を解説しているので、自分の考えと照らし合わせながら読み進めてみてください。

全体の6割以上はお金を得るために働く

内閣府が実施した「令和4年度 国民生活に関する世論調査」では、働く目的について以下の結果が出ています。

なんのために働くのか 内閣府 令和4年度 国民生活に関する世論調査 全体の6割以上はお金を得るために働く
引用:内閣府|令和4年度 国民生活に関する世論調査を引用し独自作成
調査対象:全国18歳以上の日本国籍を有する男女(3,000人)

約6割の人が「お金を得るため」に働いていると回答しており、働いている人の大半はお金が目的と考えていることがわかります。

また、男女別の調査結果は以下のとおりです。

なんのために働くのか 内閣府 令和4年度 国民生活に関する世論調査 全体の6割以上はお金を得るために働く 男女別
引用:内閣府|令和4年度 国民生活に関する世論調査を引用し独自作成

お金のために働く女性は男性よりもやや多い傾向にあることがわかりました。

また、仕事において「社会貢献」を重視している人は、女性より男性のほうが多い傾向があります。

SNSにも、お金のために働いている人の投稿がありました。

「うんざりだ」「心の余裕が無い」といった内容が投稿されており、大きなストレスを抱えている人が多いようです。

お金だけでなく私生活や仕事の楽しさを重視する人も多い

なんのために働くのか 内閣府 令和4年度 国民生活に関する世論調査 お金だけでなく私生活や仕事の楽しさを重視する人も多い
引用:内閣府|令和4年度 国民生活に関する世論調査を引用し独自作成

内閣府の調査では、理想の仕事の特徴について、6割以上が「収入が安定している仕事」と回答しています。

ただ「私生活とのバランスがとれる仕事」(53.7%)や「自分にとって楽しい仕事」(51.9%)と回答している人も半数以上いました。

つまり、お金のために働いているものの、本音では働き方ややりがいなども重視したいと考えている人が一定数いることが予想できます。

実際X(旧Twitter)には、仕事の目的や理想について悩む人の投稿がありました。

お金や生活のために、自分の時間を削って好きではない仕事をしていても「本当は自分の時間がもっと欲しい」「好きな仕事がしたい」と悩んでいる人も多いようです。

「お金のため」に働き続ける3つのリスク

お金を得るために働くことは間違いではありません。

しかしお金のためだけに働き続けていると、以下のような問題が発生する可能性があります。

本章ではお金のためだけに働くリスクや問題点を解説しています。

お金のためと割り切って働いている人は、本章を参考に、今後起こり得る問題を知っておきましょう。

モチベーションが維持できず仕事のパフォーマンスが落ちる

お金のために働いていると、モチベーションの維持が難しく、仕事のパフォーマンスに影響する可能性があります。

例えば以下のスケジュールで働いている会社員の場合、自由時間は帰宅してから就寝するまでの5時間のみです。

時刻スケジュール
7時起床・準備
8時出発
9時出社
17時退社
18時帰宅
23時就寝

お金のためだと割り切っていても、活動時間の大半を好きではない仕事に費やすのはストレスに感じはず。

その結果仕事へのモチベーションが低下し、何のために働いているか分からなくなったり、やる気を失ってしまったりするでしょう。

熱意を持って取り組めないことから、思うように成果を出せず、さらにモチベーションが下がるという悪循環に陥ることも。

自分の成長ややりがいなど、仕事に対してお金以外の目的を見出しておけば、前向きに仕事を頑張れるようになるはずです。

理想のキャリアを構築できず後悔する

お金のためだけに働いていると、自分が納得できるキャリアを築けず後悔するかもしれません。

「仕事はお金を稼ぐ手段」と考えていると、目の前の業務に対して受け身になってしまうでしょう。

受け身で仕事をしていると、成長や学びの機会を逃し、キャリアアップに必要な評価を受けられない可能性があります。

目先の収入だけに目を向けるのではなく、5年後、10年後に自分がどうなっていたいのか考えることが大切です。

後悔しないためにも、具体的なキャリアプランを練っておきましょう。

充実感が得られず人生の幸福度が下がる

お金のためだけに働いていると成果を出すのが難しく、充実感や達成感を得るのが難しいでしょう。

1日の活動時間の大半を仕事に費やしている人は多いため、仕事が退屈だと人生に対しても「つまらない」と感じるかもしれません。

また、仕事に対して「自分がやらなくてもいいのではないか」と考えることが増え、自分の役割や存在意義を感じにくくなります。

メリハリなく業務をこなしていると、充実感を得ることが難しいものです。

そのため「今日はこの資料作成を終わらせる」「今月は〇件契約を取る」など、短いスパンでの目標を設定して仕事に取り組むと良いでしょう。

充実感のある仕事を見つけるまでの3つの手順

お金のためだけに働き続けていると、やる気が低下したり、充実感が得られず人生の幸福度が下がったりするリスクがあります。

そのため、仕事に対してお金以外の目的を見出し、目的意識を持って取り組むことが大切です。

今の仕事に対して充実感を得るのが難しいと感じるなら、まず以下3つの手順を試してみてください。

本章を参考に自分の考えを整理し、具体的な行動を起こす準備をしましょう。

手順1. 仕事に対する考え方・価値観を整理する

意味や目的を見失わず働くには、まず自分にとって「充実感のある仕事」とはどんなものかを明確にしておく必要があります。

仕事に対する価値観を知りたいときは、普段仕事をする中でどんなことにやりがいや喜びを感じているのか思い出してみてください。

例えば以下のような内容が考えられます。

  • お客様に感謝されたとき
  • 自分の企画の反響が大きかったとき
  • 店舗で自分が制作に携わった商品を見かけたとき
  • 給料やボーナスが振り込まれたとき
  • 好きなものを買えたとき など

なんのために働くのか目的を見失わないためにも、自分の仕事への価値観を整理しておきましょう。

もし自力では自己分析を深めるのが難しいと感じるなら「ミイダス」のコンピテンシー診断がおすすめ。

コンピテンシー診断では、質問に答えるだけで、以下のような特性や能力が診断できます。

  • 自分の強み
  • 性格
  • ストレス耐性
  • 相性のいい上司のタイプ など

診断結果をもとに、活躍できる可能性の高い会社から「面接確約スカウト」が届くことも。

すべて無料で利用できるので、自分の考えを客観視したい人はぜひ利用してみましょう。

>> ミイダスに登録する

手順2. 理想の働き方を具体的に考える

現在の仕事に対する不満をもとに、どんな働き方が理想なのか具体的な選択肢を探りましょう。

理想の働き方を考えるときは、以下の例を参考にしてください。

現在の仕事に
対する不満
理想の働き方
忙しすぎて
自分の時間が取れず
なんのために働くのか分からない
・ワークライフバランスが取りやすく自分の時間が確保できる

・残業や休日出勤が少なく、リフレッシュする時間がある
最低限の生活費を稼ぐために仕事をしているが、ルーティンワーク
ばかりでなんのために働いているのか分からない
・収入はそのままで、裁量のある仕事ができる

・忙しくても自分のやりたい仕事にチャレンジできる

不満を抱えるだけでなく、どのような働き方であれば働く意味を見失わずにいられるのか、一歩踏み込んで考えてみましょう。

手順3. 今の仕事を続けるべきか転職すべきかを検討する

働く目的を見失っている状況を抜け出すには、転職が必要なケースもあります。

自分の価値観、現状の不満、理想の働き方を照らし合わせて、転職せずに自分で状況が変えられそうなら、続ける選択をしても良いでしょう。

ただし自力ではどうにもできず、環境を変えたほうがいいなら転職も視野に入れてみてください。

もしあなたが転職すべきと判断したら、エージェントを利用してサポートを受けることをおすすめします。

転職活動はやるべきことが多く、一人で進めるのは負担が大きいと感じる人が多くいます。

エージェントに登録してキャリアアドバイザーのサポートを受ければ、転職活動を安心してスムーズに進められるでしょう。

特におすすめなのは、業界求人数No.1の「リクルートエージェント」。

さまざまな業界の求人を多数取り扱っているので、あなたの希望に合う転職先が見つかるはずです。

転職活動を始めたい人は、まず最初に登録しておきましょう。

>> (無料)リクルートエージェントに登録する

自分に合う仕事を見つけたい人が利用すべき転職エージェント3選

理想の働き方ができる転職先を見つけるなら、以下3つのエージェントがおすすめです。

どの転職エージェントを使うべきか検討しながら読み進めてみてください。

多くの選択肢から転職先を探したいなら「リクルートエージェント」

リクルートエージェント なんのために働くのか おすすめ
出典:リクルートエージェント

リクルートエージェント」は、公開求人数38万件以上、非公開求人数22万件以上を保有する業界最大級の転職エージェントです。

多くの選択肢から自分に合う求人を選ぶことができるため、理想の転職先が見つかりやすいはず。

各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、求人紹介から選考対策、キャリア相談まで、あなたの転職活動をサポートしてくれます。

なんのために働いているか分からず転職を検討しているなら、最初に登録すべきエージェントといえます。

>> (無料)リクルートエージェントに登録する

異業種にチャレンジしたいなら「ワークポート」

ワークポート(WORKPORT) なんのために働くのか 転職 エージェント
出典:ワークポート

キャリアチェンジを考えているなら「ワークポート」を利用して転職活動を進めるのがおすすめです。

ワークポートは国内に44拠点を保有し、幅広い業界・職種の求人を豊富に取り扱う転職エージェント。

あなたが希望する業界・職種に強い転職コンシェルジュが担当につき、最新の情報や知識をもとにサポートしてくれます。

転職相談実績は67万人を突破しており、安心して利用しやすいエージェントといえるでしょう。

異業種転職にチャレンジしたいなら、ワークポートに登録してサポートを受けてみてください。

>> (無料)ワークポートに登録する 

女性でも働きやすい職場を探すなら「type女性の転職エージェント」

type女性の転職エージェント なんのために働くのか 転職 エージェント
出典:type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント」は20代女性の転職支援に強いエージェントです。

年間1万名以上(2022年度実績)の女性転職者希望者へのカウンセリングを実施しており、実績豊富で安心して利用できます。

女性ならではのキャリアの課題や悩みに対するサポートも手厚いのが特徴。

女性の転職に強い「type女性の転職エージェント」を利用すれば、ワークライフバランスが取りやすく、長く働き続けられる転職先に出会えるはずです。

ライフイベントとキャリアを両立したいと考える女性は登録しておきましょう。

>> (無料)type女性の転職エージェントに登録する

まとめ |働く目的を見失っているなら転職も視野に入れよう

なんのために働くのかは人それぞれ異なり、多くの人はお金を得るために働いているのが現状です。

しかしお金だけのために働き続けていると、働く目的を見失ってしまい、人生の幸福度が下がるリスクがあります。

なんのために働くのか分からず悩んでいる時は、自分の仕事への価値観を整理した上で、転職したほうがいいケースもあります。

もしあなたが転職したほうがいいと判断したなら、本記事で紹介したエージェントを活用してみてください。

この記事を参考に自分の仕事への価値観を整理し、行動を起こすきっかけになれば嬉しく思います。

「なんのために働くのか」についてよくあるQ&A

お金のために働くのは悪いことですか?
悪いことではありません。
しかしお金以外の目的で働いているほうが、充実感を得られるでしょう。
お金だけのために働き続けていると、大きなストレスを抱え、人生の幸福度が下がってしまうリスクがあります。
今の職場で理想の働き方が実現できないなら、転職も視野に入れましょう。
なんのために働くのか分からなくなったらどうすればいいですか?
自分の仕事に対する価値観や、理想の働き方を考えてみましょう。
もし今の仕事が自分の価値観に合わない、あるいは理想の働き方が難しいのであれば、転職を検討してもいいかもしれません。
一般社団法人キャリア協会

法人番号:1013305003442
運営協力:ユニークキャリア株式会社

© 2023 一般社団法人キャリア協会