リクルートエージェントはブラックばかり?求人が悪質か検証【噂の理由】

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-314534)であるユニークキャリア株式会社が制作しています。

リクルートエージェントではブラックばかり紹介される?
紹介される求人がブラックばかりだった?
ホワイト企業を紹介してくれる転職エージェントなのか知りたい

結論、リクルートエージェントで紹介される求人はブラックばかりではない。

リクルートエージェントは求人数No.1の転職エージェントで、扱う求人の豊富さからブラックに感じられるかもしれない。

しかし実際には「条件に合う求人を紹介してもらえた」「希望の会社に転職できた」と良い口コミが多く、サポートへの満足度も高い

利用者数が多いため悪い口コミも多く感じるが、500人を対象にしたlamireの調査によると、もっとも使われている転職エージェントは「リクルートエージェント」と人気の高さが伺える。

本記事ではリクルートエージェントの求人が「ブラックばかり」と言われる理由と求人の見極め方、希望に沿わない求人を紹介された時の対処法を紹介する。

記事を読めば、ブラックに出会うことなく自分に合った求人紹介を受け、効率的に転職活動を進められるはずだ。

>> (無料)IT転職ならIT求人が豊富なワークポートに登録

リクルートエージェントで保有している求人はブラックばかりではない

リクルートエージェントで保有している求人は、ブラックばかりではない

転職エージェントの中でも最も多い求人を保有するリクルートエージェントは、扱う業界・業種・規模も幅広く、中にはブラックと感じられる求人もあるかもしれない。

しかし求職者の希望や条件は人それぞれなので、同じ求人でも捉え方は様々だ。

例えばインセンティブ比率が高い求人は、成果に応じた報酬を期待する人にとっては希望通りだが、「基本給が低く、ブラックだ」と感じる人もいるだろう。

なお厚生労働省ではブラック企業を以下のように定義している。

  • 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
  • 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い
  • このような状況下で労働者に対し過度の選別(不当な扱いなど)を行う

リクルートエージェントをはじめとした転職エージェントでは、紹介した求職者が早期離職した場合は報酬の一部を企業に返還しなければならない規定がある。

求職者がすぐに退職するような悪質な企業を紹介することは、リクルートエージェントにとってもリスクなので、悪質な求人を意図的に紹介することはないと言えるだろう。

リクルートエージェントの求人が「ブラックばかり」と言われる理由3選

リクルートエージェントが「ブラックばかり」と言われる理由は以下3つだ。

理由を理解すれば、リクルートエージェントが安心して使える転職エージェントなのか判断しやすいだろう。

ブラックに感じる企業を紹介されることがある

リクルートエージェントでは、求職者のスキルや希望に応じて複数の求人を紹介するが、この時に「ブラックに感じる企業を紹介された」と感じる人がいる

https://twitter.com/soootan0207me/status/940616534505938944?s=20

キャリアアドバイザーによる求人紹介は、複数の求人を見せた上でどのような求人に興味を持つのかを確認する意図がある。

そのため最初の求人紹介では、できるだけ多くの求人を求職者に見せて反応を見ているのだ。

特に給料が高い求人は「この求職者は給料の高さに惹かれるか」を判断する材料になる一方で、ブラックだと思われてしまうこともあるだろう。

ブラックだと感じた場合は、その求人には興味がないことを伝えればいい。

キャリアアドバイザーは求職者が興味を持った求人をもとに紹介する求人を絞り込むので、次からブラックを紹介されることはないはずだ。

スカウトメールで大量採用の求人ばかり送ってくる

リクルートエージェントにはスカウトサービスもある。

スカウトメールを打つ求人は、多数の応募者が必要な大量採用の求人であることも多いため、「常に求人を出しているブラック求人」と思われやすい。

未経験可・職歴不問など応募のハードルが低い求人なら、希望や経験にマッチしていなくてもスカウトが送られてくることもあるだろう。

実際に、スカウトメールを見て「ブラックばかり」と感じた人もいる。

スカウトは希望に合致してなくても送られてくるため、悪い印象を持つ人もいるだろう。

しかしキャリアアドバイザーからは、希望やスキルに合った求人紹介がされると口コミでも高評価だ。

もしスカウトサービスをメインで使いたいなら、ホワイト企業や優良企業からのスカウトが豊富な「ビズリーチ」がおすすめ。

求人の3分の1以上が年収1,000万円以上のハイクラス求人で、スキルを活かしてキャリアアップを狙える求人に出会えるはずだ。

利用者が多いため悪い口コミも多く見える

リクルートエージェントは転職支援実績No.1※の転職エージェントだ。

利用者が多い分、悪い口コミも多く見えてしまう

「ブラック求人を紹介された」という口コミもあるため、「リクルートエージェントはブラックばかりなんだ」という印象を持ってしまった人もいるだろう。

実際には良い口コミが多く、「リクルートエージェントのおかげで転職できた」という声も目立つ。

どのような転職エージェントでも、自分に合う求人や質のいい担当者に出会えるかどうかで評価は変わる。

72万件もの求人を持つリクルートエージェントなら、自分に合う求人を見つけやすいだろう。

リクルートエージェントの利用は無料なので、気になる方は面談だけでも受けてみるのがおすすめだ。

>> (無料)リクルートエージェントに登録する

※参考:厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数より

リクルートエージェントでブラック求人ばかり紹介される人の特徴3選

リクルートエージェントでブラックに感じる企業ばかり紹介される人の特徴は以下3つだ。

ブラックばかり紹介されて後悔しないよう、しっかりチェックして対策しよう。

希望や条件が定まっていない

希望や条件が定まっていない場合、ブラックに感じる企業を紹介されることがある。

キャリアアドバイザーは求職者に希望や条件がない場合、その求職者のスキルや職歴で応募できる求人、選考に通過しやすい求人を紹介する。

ブラックに感じる企業は採用人数が多く、選考のハードルが低いことが多いため紹介しやすい傾向にある。

リクルートエージェントに登録する時は、事前に以下の条件について考えをまとめておこう。

  • 年収
  • 休日
  • 雇用形態
  • 勤務エリア
  • 業種・職種
  • 労働時間
  • 労働環境

現職や前職に不満があると「転職できれば何でもいい」と思ってしまう求職者もいるが、転職に失敗しないためにも希望や条件は明確にしておくことが大切だ。

「どうやって条件を決めればいいかわからない」という場合は、面談の際にキャリアアドバイザーに相談しながら条件を絞り込むことも可能なので、気軽に相談してみてほしい。

勤務年数が1~2年未満と短い

勤務年数が短いと、ブラックに感じられる求人を紹介されやすい

中途採用はスキルや経験を求める求人が多く、経験が少ないと応募できる求人が絞られてしまうからだ。

入社して1〜2年未満だったり経験やスキルに自信がなかったりする場合は「マイナビエージェント」がおすすめだ。

マイナビエージェントは入社1〜3年未満の第二新卒や20代の転職に強い転職エージェントで、経験が浅くても活躍できるホワイト企業を紹介してくれるはずだ。

転職回数が3回以上

転職回数が多い人もブラックに感じられる求人を紹介されやすい

転職回数が多いと「すぐに辞めてしまうのでは」と思われやすく、書類選考に通過しにくい。

そのため選考のハードルが低いブラック企業を紹介されることがあるのだ。

転職回数の捉え方は年齢によって異なるが、30代で3回以上転職しているなら多いと言えるだろう。

「転職を繰り返している」「職歴に自信がない」という方は、職歴不問の求人が充実している「ハタラクティブ」を利用してみよう。

ハタラクティブは求職者に寄り添った手厚いサポートが特徴で、求人選びに不安のある方も安心して頼れるはずだ。

ブラック求人を見極めるポイント5選

ブラック求人を見極めるポイントは以下5つだ。

自分で見極められれば、求人を紹介されても「本当はブラックかもしれない」と不安になることもないはずだ。

求人の掲載期間が6か月を超えていないか

ブラック求人は離職率が高く常に人材を求めているため、長期間もしくは頻繁に求人を出している

通常、求人が出されてから採用が決まるまでに必要な期間は1〜3か月程度だ。

6か月以上前から掲載されている求人は、「何らかの理由で採用が決まりにくい」もしくは「離職率が高く、常に人材を募集している」と考えていいだろう。

求人票からは募集開始時期がいつかはわからないが、キャリアアドバイザーに聞けば答えてもらえる。

転職活動を始める前に、転職サイトでどのような求人が出ているのかチェックしておくのもおすすめだ。

休日が十分にあるか

求人票には必ず休日についての記載がある。

厚生労働省の調査によると、年間休日の平均日数は115. 3日

年間休日が115〜120日程度あれば土日・祝日・年末年始などカレンダー通りの休日があり、バランスよく働ける環境といえるだろう。

なお休日数は業界によっても異なるため、休日が少ない=ブラックというわけではない。

厚生労働省の調査によると、業界別の年間休日の平均日数は下表のような結果となっている。

業種年間休日の平均日数
情報通信業
学術研究、専門・技術サービス業
118.8日
金融業、保険業118.4日
電気・ガス・熱供給・水道業116.8日
教育、学習支援業112.7日
製造業111.4日
複合サービス事業110.4日
不動産業、物品賃貸業109.6日
医療、福祉109.4日
サービス業(他に分類されないもの)109.0日
卸売業、小売業105.7日
生活関連サービス業、娯楽業104.6日
建設業104.0日
鉱業、採石業、砂利採取業103.8日
運輸業、郵便業100.3日
宿泊業、飲食サービス業97.1日
※厚生労働省「平成30年就労条件総合調査」より

希望する業界の平均日数と照らし合わせて、極端に休日が少ない求人は避けておくといいだろう。

給与が高すぎないか

ブラック求人は、同業他社に比べて給与が高すぎることがある。

給与を高く見せることで、多くの応募を獲得したいと考えているからだ。

実際はインセンティブや手当の比率が高かったり、業務量や残業、ノルマが多いなど労働環境に問題があったりすることもある。

求人を見る時は、同じ業界・職種の求人を3〜4社紹介してもらい、給与や手当などの条件を比較しよう。

応募しようと思った求人の給与が高すぎるもしくは低すぎると気付いた場合は、キャリアアドバイザーに聞いてみるといいだろう。

転職エージェントは企業と直接やりとりして細かい情報を把握しているため、給与が他求人と異なる理由を知っているはずだ。

平均年齢が20代など低すぎないか

平均年齢の低さをアピールしている求人もブラックの可能性がある。

平均年齢が低いということは、勤続年数が短い社員しかおらず、数年で退職している人がほとんどということだ。

長く働きたいと思うなら、平均年齢が20代など若すぎる求人は避ける方がいい。

「若くて活気ある職場」「短期間で成長」といった文言がある求人は、平均年齢が低めであることが多いので注意しよう。

企業や求人の情報が充実しているか

企業や求人の情報が充実しているかも重要なポイントだ。

ブラック求人は業務内容や残業時間、有給の取得率などが明確でないことがある。

転職エージェントはできるだけ企業情報を詳細に把握できるよう努めているが、企業によっては細かい情報を教えたがらないこともあるのだ。

情報が少ない企業や求人は、入社後に「聞いていた内容と違う」とトラブルに繋がりかねない。

転職エージェントに聞いても十分に情報が得られない求人は避けよう。

>> (無料)IT転職ならIT求人が豊富なワークポートに登録

リクルートエージェントでブラック企業ばかり紹介された時の対処法3選

リクルートエージェントでブラック企業ばかり紹介されたと思った時の対処法を3つ紹介する。

ブラックばかり紹介されると感じるのは、リクルートエージェントが悪質な転職エージェントだからというわけではない。

紹介する対処法を試せば、適切な求人紹介を受けて希望に合う企業を見つけられるはずだ。

希望や条件を伝え直す

希望していないブラック企業を紹介される原因は、キャリアアドバイザーが正しくあなたの希望や条件を把握できていないからかもしれない。

年収や勤務環境など、「これは譲れない」という条件があれば明確に伝え直そう

伝える時はメールや電話でもいいが、対面で話し合うのがおすすめだ。

対面なら求人を見ながら相談でき、伝え直した条件に合う求人をその場で紹介してもらうこともできるので「自分の考えや希望が正しく伝わっているか」が判断しやすい。

面談は何度でも無料なので「求人の選び方について相談にのってほしいので、再度面談の機会がほしい」と言えば快く応じてくれるはずだ。

担当者を変更してもらう

希望や条件を明確に伝えていてもブラック企業ばかり紹介される場合は、担当のキャリアアドバイザーが合っていない可能性がある。

キャリアアドバイザーは変更できるので、遠慮なく変更してもらおう。

業界・職種の知識が不足しているとスキルを正しく理解してもらえず、ブラックばかり紹介されるリスクがあるが、リクルートエージェントには業界や職種ごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍している。

「希望する業界・職種に詳しい担当者にしてほしい」と言うのもおすすめだ。

なおリクルートエージェントのキャリアアドバイザー一覧は、こちらから確認できる。

変更依頼はメールや電話でできるが、直接伝えにくい場合はリクルートエージェントの問い合わせフォームから連絡しよう。

他の転職エージェントを使う

「ブラックばかり紹介されて、信用できない」と感じる場合は他の転職エージェントを使おう

転職エージェントには業界や職種、エリアによって得意・不得意が分かれる。

ブラックばかり紹介されると感じるということは、リクルートエージェントにはあなたのスキルや希望にマッチした求人が少ないのかもしれない。

転職エージェントを使う時は2〜5社登録して、希望に合う求人紹介をしてくれる1〜2社に絞って利用すると効率的に転職活動を進められる。

リクルートエージェント以外で選ぶなら、サービスが手厚い「マイナビエージェント」やキャリアアドバイザーの質の高さで評判の「doda」がおすすめだ。

リクルートエージェントと併用して使いたい転職エージェント2選

リクルートエージェントと併用して使いたいおすすめの転職エージェントを2社ピックアップした。

併用して使いたい転職エージェント2選

リクルートエージェントと合わせて使うことでより自分に合う求人紹介を受けやすくなるはずだ。

自分に合う転職エージェントを見つけたい方は、以下の記事も合わせてチェックしよう。

20~30代の転職なら「マイナビエージェント」

マイナビエージェント」は20~30代におすすめの転職エージェントだ。

特徴は、求職者ひとりひとりに丁寧に向き合うサポートの手厚さ。

親身に寄り添ってくれるキャリアアドバイザーと相談しながら、自分のペースで転職活動を進められる。

希望やスキルに合わせて絞り込んだ求人だけを紹介するので、「リクルートエージェントで紹介される求人数が多すぎる」と感じる人も使いやすいだろう。

応募書類の添削や面接対策などのサポートも充実しており、「転職が初めてで不安」という方も安心だ。

サポートを重視する方は、マイナビエージェントをチェックしてみよう。

>> (無料)マイナビエージェントに登録する

サポートと求人の質の高さなら「doda」

doda
引用:doda

丁寧なサポートと豊富な求人数を求めるなら、「doda」がおすすめだ。

求人数はリクルートエージェントに次ぐ業界No.2で約18万件、加えて非公開求人がある。

キャリアアドバイザーは転職市場や業界、職種の知見が豊富。

業種・エリア別に担当が分かれているので専門性が高く、より自分のスキルに合った求人紹介を受けられる。

「できるだけ多くの求人紹介を受けたいが、リクルートエージェントは合わない気がする」という方にも最適だ。

キャリアアドバイザーは気軽に相談にのってくれるため、希望や条件を伝えやすく、安心して任せられる。

リクルートエージェントを利用する際に合わせて登録しておけば、より効率的に転職活動を進められるはずだ。

>> (無料)dodaに登録する

まとめ|リクルートエージェントがブラックばかりは誤解!上手く活用して転職活動を有利に進めよう

リクルートエージェントはブラックばかりではない。

利用者数が多いために「ブラックに感じられる求人を紹介された」という口コミも見られるが、実態は豊富な求人から自分に合う企業を見つけられる優良な転職エージェントだ。

ブラックを紹介されたと感じた時は、キャリアアドバイザーに希望や条件を伝え直すことで適切な求人紹介が受けられるようになるだろう。

また本記事で紹介したブラックを見極める方法を知っておけば、ブラックに引っかかってしまうリスクを避けられる。

リクルートエージェントの利用はすべて無料なので、気になる方は気軽に登録してみよう。

リクルートエージェントについてよくあるQ&A

リクルートエージェントについてよくある質問をまとめた。

リクルートエージェントは登録だけでもいいですか?

リクルートエージェントは登録だけでも問題ない

「転職をするか迷っている」「どのような求人があるか見たい」という時でも気軽に登録してみよう。

登録してみて「合わない」「他の転職エージェントの方がいい」と感じた場合は、サポートの利用を断ってもいい。

リクルートエージェントで求人に応募しなかったからと言って、転職活動に影響はないので安心してほしい。

リクルートエージェントと面談したくないのですが、面談をしないことはできますか?

リクルートエージェントでは求人紹介の前に必ず面談しているため、面談しないことはできない

面談は希望やスキルを詳しくヒアリングするだけでなく、求職者の人柄や考え方を知るための大切な機会であるからだ。

キャリアアドバイザーは面談を通して知った情報をもとに求人紹介を行う。

人柄や考え方を知っていれば、より適切な求人紹介ができる他、応募時も企業に推薦しやすくなる。

リクルートエージェントの面談時間は1時間程度で、土日祝も対応している。

「忙しくて面談の時間が作れない」「支社に行くのが面倒」という方は、WEBでのオンライン面談や電話面談がおすすめだ。

希望すれば30分程度に時間を短縮することも可能。

面談の日程調整時に「面談時間を短めにしてほしい」と言えば対応してもらえる。

リクルートエージェントを退会する方法を教えてください。

リクルートエージェントの退会手続きは、以下2つだ。

  1. 問い合わせフォーム
  2. キャリアアドバイザーに退会したい旨を伝える

なお、選考が進んでいる企業がある場合は必ずキャリアアドバイザーに伝えてから退会しよう。

「転職が決まった」「転職を辞めた」などと伝えれば、キャリアアドバイザーが選考辞退や退会の手続きをしてくれる。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは厳しいですか?

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは厳しいことを言うこともある

希望や条件がスキルや年齢にマッチしていない場合や求人紹介が難しい場合は、濁さず明言する。

条件を緩めるようにアドバイスされることもあるだろう。

一方で、「面談のおかげでやる気が出た」という口コミも多い。

キャリアアドバイザーは厳しいことを言う一面もあるが、求職者が転職成功するために手を尽くしているのだ。

ただし、言い方が高圧的に感じる・厳しすぎて相談しにくいと思う場合はキャリアアドバイザーが自分に合っていない可能性もあるので、遠慮なく担当者の変更を依頼しよう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!