トヨタの生涯・平均年収はいくら?業界1位の理由を徹底解説!職種・年代別も紹介

トヨタの生涯年収はどれくらい?
平均年収もやっぱり高いの?

結論、トヨタの生涯年収はおよそ3.2億円とされており、りそなグループが算出した国内平均2.7億円を5,000万円も上回っています。

また、トヨタの平均年収は895万円。

日本人平均が460万円前後であることを踏まえれば430万円ほど高く、かなり高水準と言えます。

キャリアアップを目指す方や、年収を上げたい方には魅力的な転職先と言えるでしょう。

トヨタへの転職を希望する方は、ハイクラス特化の転職エージェント「ビズリーチ」に登録して、ヘッドハンターに相談してみましょう。

本記事を参考に大企業への転職活動をすすめれば、生涯年収が今よりもアップして、余裕のある生活が手に入れられますよ!

なお「ビズリーチ」以外にも、以下の転職エージェントを併用するとチャンスが増やせます。

>> (無料)ビズリーチに登録する

転職エージェントおすすめできる理由
ビズリーチ・ハイクラス特化で大企業に強みあり
・登録すればスカウトが来るので待つだけでOK
リクルートエージェント・国内最大の求人数で選択肢が広がる
・求人の紹介数も多いので幅広く転職先が探せる

A 2023年の有価証券報告書によれば、平均年間給与は895万円です。

国税庁の調査では、日本人の平均年収は458万円なので、かなり高い水準と言えるでしょう。

もっと給料をあげたい方やトヨタへの転職を希望する方は、ハイクラス特化型の転職エージェント「ビズリーチ」に登録して求人を見てみませんか。

>> (無料)ビズリーチに登録する

A 国内でもトップレベルの水準です。

たとえば社員寮/社宅は全国に80箇所ほどあり、全室個室とプライバシーも守られます。

カフェテリア形式の食堂が併設されているところもあり、気持ちよく毎日を過ごせるでしょう。

仕事とプライベートどちらも充実させたいという方には魅力的な企業ですね。

トヨタへの転職を希望する方は、ハイクラスに特化した転職エージェント「ビズリーチ」に登録してみましょう。

>> (無料)ビズリーチに登録する

トヨタの生涯年収や平均年収を徹底解説

トヨタの平均年収や生涯年収

年収は転職において最も重要な要素の一つ。

しかし「採用面接で面と向かっては尋ねにくい…」と思う方も多いはず。

そこで、実際に面接では聞けないトヨタの平均年収や生涯年収について解説します。

トヨタの平均年収は895万円

トヨタの平均年収

トヨタの平均年収は、2023年3月期の有価証券報告書によると、895万円。

令和4年の民間給与実態統計調査によれば日本人の平均給与が458万円なので、1.9倍の差があります。

競合他社との平均年収比較

次に、トヨタと競合他社の平均年収を比べてみましょう。

社名平均年収(降順)平均年齢
トヨタ自動車896万※140歳※1
本田技研工業799万円※244.9歳※2
日産自動車796万円※341.6歳※3
いすゞ自動車759万円※441.3歳※4
スズキ665万※540.5歳※5
三菱自動車652万円※640.7歳※6
SUBARU651万円※738.9歳※7
マツダ629万円※841.5歳※9
参照元:※1トヨタ有価証券報告書2023年3月期 / 2〜8 EDINET 各社「有価証券報告書(令和2年4月1日 ‐ 令和3年3月31日)」

平均年収トップのトヨタは2番手の本田技研工業とは約60万円差、マツダとは約230万円差と競合他社と大きく差をつけており、日本の自動車業界において業界1位の平均年収を誇ります。

また、平均年収はもちろん、国内シェアにおいても2番手の本田技研(11.9%) を大きく突き放し、51.0%もシェアを獲得しています(2020年1月〜12月の調査)。

トヨタの生涯年収は3.2億円

トヨタの生涯年収

りそなグループによれば、日本国内の平均生涯年収はおよそ約2.7億円※1とされています。

一方、トヨタの生涯年収は3.2億円です。

日本最大の企業だけあって、国内平均を5,000万円ほど上回っています。

トヨタの魅力のひとつは手厚い福利厚生

トヨタの福利厚生

トヨタの福利厚生制度は国内でもトップレベルの水準を誇ります。

ますます多様化するライフスタイルに応じて住まいや資産形成、結婚、育児、介護など、様々な手厚いサポートを受けられます!

代表的な制度をご紹介するので、是非ご覧ください。

「住まい・食事」

各オフィスの所在地に合わせ、全室個室・1人1台分の駐車場を備えた社員寮/社宅が約80カ所用意されています。

カフェテリア形式の食堂を設置している物件も有り、初めて一人暮らしをする方や、「仕事とプライベートを充実させたい!」という方にも嬉しい制度ですね。

「育児・介護」

事業所内・近隣に託児施設が設置されていたり、介護の専門家が講演するセミナーを無料で受講できたりと、仕事と育児・介護との両立をサポートする制度が整っています。

【状況別】トヨタの平均年収|職種別・年代別・学歴別に解説

【状況別】トヨタの平均年収|職種別・年代別・学歴別に解説

先ほど、平均年収に関して解説してきましたが、職種別や年代別の年収はいくらなのでしょうか。

ここでは、状況別の平均年収を解説します。

トヨタの職種別平均年収はエンジニアが高い傾向

トヨタの職種別平均年収

まずはじめに、2020年6月時点で調査されたトヨタの職種別平均年収を見ていきましょう。

職種平均年収
①電気・電子・機械系エンジニア(整備士)774万円
②営業職550万円
③カーディーラー450万円~
④企画・事務・管理系770万円

トヨタは自動車メーカーなので、製造を担当する機械系エンジニアの平均年収が高い傾向にあります。

一方で、カーディーラーの年収は400万円台後半で、一見すると低く感じます。

誤解されやすいのですが、ディーラーとはメーカーと特約店契約を結んだ正規販売店のことを指します。

つまり、トヨタをはじめディーラー=販売店で働いている従業員は自動車メーカー勤務とはなりません。

あくまで販売店の従業員であるため、親会社であるメーカーとは給与体系が大きく異なるのです。

トヨタの年代別平均年収は50代で900万円台

トヨタの年代別平均年収

続いて、平均年収.JPの調査によるトヨタの年代別平均年収を比較・解説していきます。

年齢年収
20~24歳295万円
25~29歳608万円
30~34歳655万円
35~39歳677万円
40~44歳757万円
45~49歳861万円
50~54歳943万円
55~59歳934万円
60~65歳611万円

働き盛りである30代の年収はおよそ600万円台後半。

最大年収を迎える50代の年収が943万円となっています。

トヨタの学歴別平均年収は大卒で1,000万円以上

トヨタの学歴別平均年収

CAREER MEDIAの調査による学歴別の平均年収を比較・解説していきます。

下記の表をご覧ください。

学歴平均年収
修士了1100万円
大学卒1000万円~1100万円
高専・短大卒990万円
高校卒800~840万円

院卒・大卒の場合、平均年収に大きな差は無いようです。

一方、高卒者の場合は約200万円程低い平均年収に。

また、高卒者のキャリアは「期間従業員」からスタートするため、院卒・大卒者と比べて年収の上がるスピードが遅いようです。

しかし、一般的に高卒者の給与が上がりにくいケースが多いとはいえ、トヨタでは高卒者は国内平均と比べて高い給与水準となっています。

学歴がないという人も、期間工からスタートして正社員登用を狙うパターンもあります。

興味がある方は、以下の記事もご覧ください。

【関連記事】トヨタ期間工はきついしやばい?337人の口コミ/評判/元社員の本音

トヨタへ転職する2つの方法

トヨタへの転職方法

実際にトヨタへ転職する場合には、採用サイトから応募する方法と転職エージェントから応募する方法があります。

具体的にそれぞれの方法を見ていきましょう。

公式HPから応募する

公式HPから応募する

募集要項、現在募集中の職種、選考プロセス、よくある質問と回答など、トヨタの公式HPで詳しくご覧いただけます。

自分のペースで転職活動を行いたい方は企業の公式HPから応募をしましょう。

>> トヨタの公式サイトを見る

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用する

トヨタへの転職を考えているのであれば、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは大手自動車メーカーをはじめ、多くの大企業への転職サポートを行っているため、利用すれば失敗を確率をグッと下げられます。

求人紹介はもちろん、書類の添削から面接対策まで、転職に関わるサービスを無料で受けられますよ。

興味がある方は、以下に紹介する転職エージェントを活用してみませんか。

トヨタへの転職|おすすめの転職エージェント3選

トヨタへの転職|おすすめの転職エージェント3選

先程紹介した転職方法の中でも、編集部は転職エージェントの利用をおすすめします。

ここでは、大手企業への転職に役立つ転職エージェントを3つ厳選し、それぞれメリット・デメリットと共に紹介します!

大企業・ハイクラスへの転職なら「ビズリーチ(BizReach)」

ビズリーチ(BizReach)
ビズリーチ(BizReach)
特徴・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・企業やヘッドハンターからのスカウトを待てる
求人数246,295件
運営会社株式会社ビズリーチ
対応地域全国・海外
データは2024年3月24日時点

ハイクラス転職に特化したヘッドハンティング型転職サイト「ビズリーチ」。

ハイキャリア向け転職サービスでは業界トップクラスの求人数を誇ります。

キャリアアップを狙いたい方におすすめの転職エージェントです。

登録しておくだけでヘッドハンターや企業からスカウトが届くので、優先的に登録しておくと良いでしょう。

ビズリーチのメリットは以下の3点。

メリット3選
  • 年収600万円以上の高収入求人が豊富
  • 利用者のアンケートデータや実績をもとにリクルーターが5段階評価で可視化されているため、優秀なリクルーターをサーチしやすい
  • 求職者のプロフィールを閲覧・興味を持った企業からスカウトが届くので、在職中で忙しい時期でも自分のペースで転職活動を進められる

続いてデメリットは2点です。

デメリット2選
  • 届いたスカウトに応募・相談するのが一般的な利用方法=スカウトを待つ時間が必要なため、早期転職には不向き
  • ハイクラス転職に特化しているため、紹介される求人のレベル感が合わない事がある(登録時に選択可能な現年収欄が最低で500万円未満、年収400万円以下の案件を取り扱っていない)

実績や経験・スキルに自信があり、これから更にハイキャリアを目指したい方はビズリーチを登録し、転職活動を有利に進めましょう。

>> (無料)ビズリーチに登録する

初めてのハイクラス転職なら「doda(デューダ)」

doda(デューダ)
doda(デューダ)
特徴・1人ひとりアドバイザーが丁寧にサポートしてくれて安心
・業界最大級の求人数があるため選択肢を広げられる
求人数240,364件
運営会社パーソルキャリア株式会社
対応地域全国・海外
データは2024年3月23日時点

dodaは、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。

求職者一人ひとりにキャリアアドバイザーがつき、経歴やスキル・要望を丁寧にヒアリングしてくれるため、初めて転職をする方におすすめです。

メリットは以下の3点。

メリット3選
  • 履歴書を書かずに、多数の会社に一括でエントリーできる
  • 職務経歴書の作成や転職面接の対策について、担当アドバイザーが必ずアドバイス・フォローをしてくれる
  • 女性転職者の支援実績・求人が豊富で、女性の転職者向けの専用サイトがある

デメリットは以下の2点。

デメリット2選
  • 医師や看護師といった一部の特定専門職の求人は少ない
  • 非公開求人は、自分が登録しているスキルとマッチしたもの・希望に合ったものしか閲覧できない

転職エージェントを利用した転職活動が初めてという方は是非dodaを登録し、相談してみると良いでしょう。

>> (無料)dodaに登録する

リクルートエージェント(RECRUIT AGENT)

リクルートエージェント(RECRUIT AGENT)
リクルートエージェント(RECRUIT AGENT)
特徴・求人数が業界最大なので選択肢が広がる
・業界専門のアドバイザーがサポートしてくれるので安心
求人数372,863件
運営会社株式会社リクルート
対応地域全国・海外
データは2024年3月23日時点

リクルートエージェントは、非公開求人数10万件以上、国内最大級の転職エージェントです。

また、求人探しから面接対策まで専門のアドバイザーがサポートしてくれるので、安心して転職活動にのぞむことができます。

リクルートエージェントのメリットは以下の3点。

メリット3選
  • 求人数が多く、様々な業界・業種の求人を探すことが可能
  • 希望や経歴に合った求人をたくさん紹介してもらえる
  • 丁寧な書類添削・面接対策

一方、デメリットは以下の2点。

デメリット2選
  • アドバイザー数が多く、アドバイザーと合う・合わないがある
  • メールや電話等の連絡が多い

「今すぐ転職活動を始めたいけど、何をしたらいいかわからない…」「とにかく求人をたくさん紹介してもらいたい!」という方は、リクルートエージェントを登録することをおすすめします。

>> (無料)リクルートエージェントに登録する

トヨタに転職するために準備すべき3つのこと

トヨタへの転職を狙うなら、以下の3つは事前に準備しておきましょう。

自己分析を行う

自己分析を行う

自己分析においては、以下の2つの観点から分析すると良いでしょう。

  1. 仕事に関する価値観=仕事に何を求めるか
  2. 生かせるスキル・経験

やりがいなのか、自身の成長なのか、給与か、或いはそれ以外なのか。

貴方が仕事において重要視するものを明確にしておきましょう。

また、スキル・経験を分析し、それがどのように活かせるのかを端的に説明できれば、それがそのまま自身の強みやアピールポイントとなります。

「自分の強みがわからない」「スキルや経験が市場価値につながるかわからない」という場合はミイダスを活用しましょう。

3分ほど質問に答えれば、あなたの市場価値がわかります。

>> ミイダスで自己分析する

履歴書・職務経歴書を作成する

履歴書・職務経歴書の作成

書類選考でいかに自分をアピールできるかは、多くの選考希望者から注目されるために非常に重要なポイントです。

必ず記載したいポイント
  • 志望動機
  • 転職する理由
  • キャリアプラン
  • 採用してもらうメリット

上記を言語化して、簡潔に記載しましょう。

言語化するのが難しい方は、転職エージェントを利用すると多くのノウハウを蓄積しているプロのアドバイザーから書類の添削やアドバイスを受けられます。

不安な方は、丁寧にヒアリングしてもらえる「doda(デューダ)」に相談してみましょう。

>> (無料)doda(デューダ)に登録する

企業分析をしっかりしておく

企業分析

他の自動車メーカーではなく何故「トヨタ」を選んだのか?という理由を明確に答えられるようにしておく事が大切です。

そのためにも企業分析は必須。

まずは同社の企業理念と、それを実践するために定められているトヨタウェイ2020を理解しましょう。

そして自己分析に落とし込みつつ、貴方がこの戦略に合致する人材であることをアピールしましょう。

まとめ|トヨタの生涯年収は高いので転職するなら早めの行動が重要

トヨタの生涯年収は3.2億円です。

また、平均年収は895万で、日本人の平均より430万円ほど高い水準です。

もう一度、平均年収を含めて確認したい方は「気になるトヨタの年収は?平均年収や生涯年収を徹底解説」をご覧ください。

トヨタの求人は人気なので、すぐに枠が埋まったり、そもそも非公開求人でしか募集されていなかったりします。

できるだけハイクラス特化の「ビズリーチ」や求人数が多い「リクルートエージェント」を活用して、成功率を上げていきましょう。

1日でも早く行動したほうが良い求人を逃さずに済みますよ!

トヨタの生涯年収についてよくある質問

トヨタが退職金を廃止するのは本当ですか?

2024年3月24日時点で「廃止」というニュースはありません。

トヨタは定年退職社を対象に65歳まで働く制度を整えはじめており、定年に関する働き方については今後変わる可能性は高いでしょう。

一方で、いわゆる3階部分にあたる企業年金の制度があり、しっかり運用すれば老後の不安は減らせそうです。

トヨタは年収2,000万円を超しますか?

年収2,000万円を超す可能性は低そうです。

トヨタの50代の平均年収が900万円台なので、よほど出世しなければ2,000万円は難しいでしょう。

年代ごとの平均年収は「トヨタの年代別平均年収」をご覧ください。

年収2,000万円を目指したい方は、ハイクラス特化型の転職エージェント「ビズリーチ」に登録して求人を見てみましょう。

>> (無料)ビズリーチに登録する

一般社団法人キャリア協会

法人番号:1013305003442
運営協力:ユニークキャリア株式会社

© 2023 一般社団法人キャリア協会