仕事が辛いと感じる原因と対処法をご紹介!仕事が辛いのは当たり前じゃない

本ページは厚生労働大臣の認可を受けた有料職業紹介事業者(許可番号 13-ユ-314534)であるユニークキャリア株式会社が制作しています。

◆本サイトの表記には、一部プロモーションを含みます

仕事が辛いけど、どうすればいいのかわからない
仕事が辛いないなんて甘えなのかな…
仕事が辛い時の原因と対処法を知りたい

本記事に辿り着いたあなたは仕事が辛いと悩んでおり、原因や対処法を知りたいと考えているのではないでしょうか。

結論、仕事が辛いのは当たり前ではありません。

仕事が辛いと感じるのは何かしらの原因があり、分かれば対処法や解決策が明確になるからです。

本記事では、仕事が辛い時の対処法を紹介します。

しかし対処法を読んでも、どうしても今の仕事が辛く、もう行きたくない気持ちが強い場合もあるでしょう。

その場合の最終手段としては、転職エージェントを利用する方法があります。

特におすすめの転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

2023年オリコン顧客満足度で総合No.1となり、多くの転職者に支持されています。

仕事が辛いという気持ちは、軽視すべきではありません。

転職のプロに相談すると、自分がどのような仕事や働き方を希望しているのか考え直すきっかけになります。

しっかり自分と向き合って、より良い選択を取っていきましょう。

>> マイナビエージェントに登録する

本記事の要約・まとめ

Q仕事が辛いのは、我慢しないといけないのでしょうか?

Aいいえ、辛い仕事を我慢して続けても何も良いことは起こりません。

そのままではモチベーションが上がらず、自身の成長につながらないです。

詳しくは本記事の、仕事が辛いのは甘え?をご覧ください。

Q仕事が辛い原因には何が考えられますか?

A仕事が辛い原因は、以下のとおりです。

  • 人間関係が良くない
  • パワハラ・セクハラを受けている
  • 社風が合わない
  • 過重労働が多い
  • 納得できないことが多い

原因が分かると、対策も考えやすくなり、辛い気持ちも軽減できるかもしれません。

本記事の、仕事が辛い・辞めたいと感じる原因を5つご紹介を確認してみてください。

Qどうしても今の仕事が辛くて転職する場合、おすすめの転職サイトはどこですか?

Aリクルートエージェント」と「マイナビエージェント」がおすすめです。

リクルートエージェントでは求人数が20万件以上と業界最大級で、転職成功実績No.1の転職エージェント。

アドバイザーと一緒に興味がある分野や理想の働き方を探せて、自分が何を求めているか見つめ直すきっかけにもなるでしょう。

またマイナビエージェントは、オリコン顧客満足度1位で大勢に支持されており、転職回数別や年代別のサポートをしています。

辛い気持ちに寄り添って、今より条件の良い仕事に出会えるかもしれません。

>> リクルートエージェントに登録する

>> マイナビエージェントに登録する

 おすすめな人の特徴 どうしても今の仕事が辛い人に
おすすめの転職エージェント
 転職するなら豊富な求人の中から
提案してもらいたい
リクルートエージェント
 満足度の高いエージェントで
自分に合ったサポートをしてほしい
マイナビエージェント
どうしても仕事が辛くて転職したい人におすすめの転職エージェント2選

株式会社ビズヒッツのアンケート調査によると、働きたくないと思ったことがある人の割合は84%。理由は「人間関係がつらい」が最多です。一緒に働く人との関係に悩みがあると、仕事が辛くなる人は多いようです。

仕事が辛いのは甘え?当たり前?

仕事が辛い時どうするべき

日本人の美徳意識の中には、辛いことを我慢することが美しいとの考えがあり、仕事にも求められることがあります。

しかし決して「仕事=辛いもの」ではなく、仕事が辛いと感じるのも甘えではないです。

仕事が辛いと感じる原因には、人間関係や労働環境など様々な要因が考えられます。

そのため仕事を辛いと感じる自分を攻めるのではなく、今の環境をもう一度見直すことが大切です。

仕事が辛いことを我慢しなくて良い

フリー_悩む男性

仕事が辛いことを我慢する必要はありません。

辛い仕事を我慢して続けても何も良いことは起こらないからです。

まず仕事が辛いと感じるままではモチベーションが上がらず、自身の成長につながりません。

そして我慢して仕事を続けるとストレスが溜まり、不眠症やうつ病などの精神的な病気にかかってしまう恐れがあります。

仕事が辛いことを我慢し続けると、日常生活にも支障をきたしてしまうため、自分を大切にする選択を取ることが必要です。

仕事が辛くて上司に相談できない状態は良くない

フリー_NG

仕事が辛くて、上司に相談できない状態が続くのは良くありません

上司に相談すれば解決できる問題も、解決しない環境が続いてしまいます。

しかし上司には、どうしても言いにくい場合があるでしょう。

上司に伝えるのが難しい場合は、信頼できる先輩・社内の相談窓口・人事部に相談するのも1つの手段。

仕事が辛い状況を放置せず、自分が相談しやすい人・場面で打ち明けることが大切です。

仕事が辛い・辞めたいと感じる原因を5つご紹介

仕事が辛い要因をチェック

ここからは、仕事が辛い・辞めたいと感じる主な原因を5つご紹介します。

それぞれ詳しく解説します。

人間関係が良くない

人間関係に問題がある

人間関係に問題があると、仕事が辛いと感じる原因の1つに。

職場に苦手な人・嫌がらせをしてくる人がいる場合、大きなストレスになるでしょう。

人間関係が良くない中では、八つ当たりされたり、執拗に説教されたり、仕事を押し付けられたり、といった理不尽な態度をとられる場合が多いです。

仕事をする上では外すことができないに「人間関係」は、辛いかどうかの大きな指針になるため、職場の人間関係を見直すと良いかもしれません。

ハラスメントを受けている

ハラスメントを受けている

先述の人間関係が良くないという原因の中には、「ハラスメントを受けている」場合があります。

現在は、セクハラやパワハラなどの代表的なものを含めて、35種類のハラスメントが存在。

自分が嫌がらせをされていたり、職場の人の言動で嫌な思いをしている場合は、どんなハラスメントがあるのか調べ、該当していないか照らしあわあせると良いでしょう。

社風が合わない

社風が合わない

社風が合わないと、会社での居心地の悪さにつながり、仕事が辛いと感じます。

社風には「体育会系の雰囲気」「成果重視」「過程重視」「チームワーク重視」などさまざまなものがあります。

自分に合っていると思える社風であれば働き方に納得でき、居心地が良いと感じられるでしょう。

しかし合わない場合は、非常に大きなストレスをもたらすのです。

過重労働が多い

過重労働が多い

過重労働が多いと業務効率の悪さにいらだったり、体調を崩したりして、仕事が辛い原因になりやすいです。

厚労省の「過労死防止のための取組」によると、月の残業時間が45時間を超えて長くなるほど、脳・心臓疾患に罹るリスクが高くなる*と発表されています。

そのため過重労働は、健康を害する可能性があり、軽視すべきではありません。

参考:厚労省「過労死防止のための取組」

納得できないことが多い

納得できないことが多い

仕事で納得できないことが多いのも、仕事が辛いと感じる要因です。

作業分配されておらず自分だけ業務量が多かったり、成果を出しているのに給料が上がらなかったり、上司が間違っていることの謝られなかったり。

仕事では、様々な納得できないことが挙げられるでしょう。

納得できないことが積み重なると多大なストレスになり、さらに仕事が辛いと思ってしまうかもしれません。

仕事が辛いと感じる時の対処法を3選徹底解説

仕事が辛い時の対処法

ここからは、仕事が辛いと感じる時の対処法を3選ご紹介。

仕事が辛い時の対処法は人それぞれの状況に応じて、適切か不適切かあります。

自分が実践しやすい対処法を試していきましょう。

上司・家族・友人に相談する

信頼できる身近な人に相談

仕事が辛いと感じる時は、上司・家族・友人など身近な人に相談することが大切。

あなたの周りの身近な人は、あなたのことをよく知っている上、客観的で親身なアドバイスをくれるでしょう。

仕事が辛い時は、身近な人に心の内を開いてみることをおすすめします。

休暇を取ってみる

休んで仕事から離れる

仕事が辛い・辞めたい時は、思い切って休暇をとるのも良いでしょう。

仕事が辛い時は、何をしてもうまくいかないもの。

「辛い」思考が先行して、楽しめることも楽しめなくなり、日々ネガティブな思考で過ごしてしまうからです。

そこで休暇を取りリフレッシュをしてみましょう。

リフレッシュできれば、仕事の見え方や捉え方も変わってくるかもしれません。

また休暇を楽しみに、今の仕事を頑張れる場合もあるでしょう。

モチベーションが維持できない時や、ネガティブ思考に陥っている時におすすめです。

転職エージェントに相談する

転職を検討する

仕事が辛い時は、さまざまな業界や職種を熟知した「転職エージェント」に相談するのも1つの手段。

転職エージェントの中には、無料で相談に乗ってくれるところがあります。

働き方を熟知したキャリアアドバイザーが、あなたが今の仕事を辞めたいと思う原因に配慮し、さらに経歴や特性を踏まえた上で、提案やアドバイスをしてくれます。

今の仕事を辞めて、新しい働き方を模索したいという方には最適。

自社以外に多くの会社があることを知ることで、仕事を辞めたいという気持ちを前向きに変えることができるでしょう。

仕事が辛い時に利用するべきおすすめ転職エージェント5選

仕事が辛い_おすすめの転職エージェント

ここからは、仕事が辛い時に利用するべきおすすめ転職エージェントを5選ご紹介。

転職エージェントによって、それぞれ特色が異なります。

自分に合った転職エージェントを見つけて、次こそベストな会社を選びましょう。

リクルートエージェント(RECRUIT AGENT)

「リクルートエージェント」は、業界最多クラスの求人数や実績を誇る転職エージェント。

転職成功実績No.1だからこそ提供できる、履歴書の書き方や面接対策を徹底的に伝授してくれます。

また経験豊富なキャリアアドバイザーが在籍している点も魅力

リクルートエージェントに在籍するキャリアアドバイザーは、業界事情に詳しく、中には20年以上のベテランキャリアアドバイザーもいます。

「今の会社と比較しながら転職を進めたい…」「転職に知見のある人に相談したい…」そう思われている方におすすめの転職エージェントです。

ペルソナ_リクルートエージェント_図解

>> リクルートエージェントに登録する

マイナビエージェント(マイナビAGENT)

マイナビエージェント」は、専門性の高さと他社にはないマッチング力が魅力。

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、詳細なヒアリングで求職者の強みや悩みを引き出してくれます。

キャリアアドバイザーとの面談を進めていく中で、自分でも気づかなかったスキルや悩みの解決法を発見できます。

今の会社への不満から転職を考えた方も、転職活動を前向きな気持ちで進められるようにサポートしてくれるのです。

「次の会社こそ自分に合ったところを選びたい」と思われている方におすすめです。

ペルソナ_マイナビエージェント_図解

>> マイナビエージェントに登録する

doda(デューダ)

「doda」は、転職満足度がNo.1の転職エージェント。

dodaでは、転職希望者の経歴や今後のキャリアについての話を丁寧に聞いた上で、最適な提案を行ってくれます。

またdodaの特徴は、比較的専門職に強いこと。

理由は、資格や経験を必要とする人材紹介に力を入れているため、専門職を求める企業とのネットワークが幅広いからです。

そのため「今の会社と同じ職種のまま、資格を活かして転職したい」「辞職した後、資格を取って転職したい」といった方におすすめの転職エージェントです。

ペルソナ_doda_図解

>> dodaに登録する

パソナキャリア(PASONA CAREER)

「パソナキャリア」は、丁寧かつ満足度の高いサポートが強みの転職エージェント。

パソナキャリアの転職コンサルタントは、2021年オリコン顧客満足度調査では転職エージェント「第1位」の実績があるほど、一人ひとりに合ったサポートを行ってくれます。

またパソナキャリアは、転職に関するセミナーや個別相談会も実施。

転職に不安や悩みがあり、なかなか踏み出せない方はパソナキャリアで相談してみましょう。

ペルソナ_パソナキャリア_図解

>> パソナキャリアに登録する

ワークポート(WORKPORT)

「ワークポート」はスキルを身につけながら転職活動を行えるエージェントです。

ワークポートが運営している「プログラミングスクール」に無料で通うことができます。

そのため「IT業界に興味はあったけど、スキルも実績もないし不安…」「次の職場こそ、ITスキルを身につけて活躍したい!」このようなお悩みやご要望をお持ちの方は登録必須の転職エージェントです。

ペルソナ_ワークポート_図解

>> ワークポートに登録する

仕事が辛い時は、転職してみるのもひとつの手段

フリー_会話

今回は、仕事が辛い時の原因や対処法を紹介しました。

今の仕事が辛い・不満といった場合は、転職をするのも1つの手段です。

転職業界に精通している転職エージェントを利用することで、安心して転職に臨むことができるでしょう。

どの転職エージェントが良いか迷った際は「マイナビエージェント」がおすすめです。

仕事が辛い気持ちは、当たり前ではありません。

しっかり自分と向き合って、より良い選択ができるように行動していきましょう。

>> マイナビエージェントに登録する

仕事が辛いときのよくある質問

仕事が辛いときにやってはいけないことは何ですか?

仕事が辛くても、以下の行動は望ましくありません。

  • 無断欠勤
  • 勢い任せの退職

無断欠勤は損害賠償や懲戒解雇の理由にもなり得るため、デメリットが大きいです。

また勢いに任せて退職すると、金銭面で困る可能性が高くなります。

休むなら連絡を入れる、計画的な転職活動をするなど、長い目で見ておきましょう。

仕事が辛い時の拒否反応には何があるか教えてください。

一般的に次のサインが現れることがあり、要注意です。

  • 涙が出る
  • 気力が出ない
  • イライラする
  • 集中できない
  • 気分が落ち込む

当てはまる場合は、ストレスが限界が近い可能性があります。

本記事の対処法を参考に、できることをやってみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!